河村先生の骨盤矯正って素晴らしい!!

私の腰痛持ちは歴史が古く、20代の病院栄養士勤務の時、給食現場を手伝う時に、若気の至りで20kgもある食缶を2個も重ねて運んだり、2ダース入りの牛乳ケース(当時は瓶入りなのでかなり重い)も2段重ねで・・・・。 怪力を自慢したわけではないけれど・・・・。 やってしまった!! 腰部筋膜炎で整形外科でマッサージまで受けることに・・・ 理学療法の先生からは「院内でマッサージまでしてもらっているのは、院長とあなただけだ」とよくからかわれていました。 その後も、引っ越しやら、長時間の電車移動、過度にやりすぎた運動指導の後などにぎっくり腰に見舞われ、気づいててみたら、第5脊椎のクッションはぺっちゃんこにつぶれてしまいましたから、慢性的な腰痛は当たりまえですね。 極めつけは2年前 詳細はこちら http://ykeiko.at.webry.info/201206/article_3.html この時の後遺症は強烈で、その後1年間毎日日課にしていたノルディックウォーキングもサボってしまいましたから、第5だけでなく第6腰椎までクッションがつぶれ、痛みは左の坐骨神経にまで及ぶようになっていました。 前置きが長かったですね。 今までも、けっこう腕の良いソフト整体の先生にほぐしていただいていましたが、生憎日程が合わず困っていたところでしたから、どこかにいい先生がいないかと探していたところでした。 そこで運命の巡り合いが!! 12月にBMIという組織…

続きを読む

トールペイントに感動!!

ひょんなことがきっかけで、多くの起業かが集うところに関わることになりました。 毎週色々な方との出会いや、ご縁があり、なかなか魅了的なところです。 その中に、見事な腕前の「トールペイント」の先生がいます。 トールペイントはヨーロッパからアメリカへ、移民の人々によって 持ち込まれた、ヨーロッパの伝統的装飾技法で、、ブリキ、ガラス、陶器 、布などあらゆる素材に絵を描くなかなか味のある工芸品です。 今までも、友人の趣味の世界などで、面白そうだなくらいに思っていましたが・・・・。 彼女の作品を見て、ビックリ!!・…でした。 初めて見たのはワンちゃんの絵 写真よりもリアルに可愛い! 目が生き生きしています。 たくさんご注文を受けて忙しそうでしたが、勇気を振り絞ってお願いしてみました。 いつも私の大変な事務作業を一手にに引き受け、困ったときには家の片づけから掃除など手伝ってくれる娘へ、感謝の気持ちを込めてプレゼント!! そして、この1~2年は、NPO法人の発達 障害の母の会の世話人としても、結構こうこき使ているので、大奮発しました。 http://www.kokokarahappy.com/%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88-%E5%8B%89%E5%BC%B7%E4%BC%9A-%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2/%E3%81%BE…

続きを読む

山内惠子のそこからぶろぐ 開設5周年記念日!!

友人に勧められて始めたウエブリブログ・・・早いもので5周年だそうです。 この5年間に私ののブログへのご訪問回数は・・・ 257543 件 になりました。 未熟な記事に、皆様足をお運びいただきまして、本当にありがとうございました。 過去のブログを振り返ると、昔の自分が考えたり感じていたことから 新たな気づきが生まれたりするものだと・・・・。 節目、節目に送られてくる事務局からのメッセージにも感謝です。 下記のような内容で、記念すべき日を迎えていたとのこと 今年は、株式会社HPYKの開設!  そして ヘルシープレートの発売決定!! と行きたかったところですが、皆様にできるだけ分かりやすい解説本をっ付けて…と書き直しているうちに予定の販売日和もすっかり遅れてしまいました。 もうしばらくお待ちください。 11月中には、本屋さんに並ぶ・・・かな? 爆発的なヒット商品になってくれることを祈りつつ、ブログの5周年を迎えます!! この5年間の歩みは、下記のようだったそうです。 皆様、懐かしくお読みいただいたら嬉しいです。 最初に書いた記事は "はじめまして" でしたね   http://ykeiko.at.webry.info/200810/article_1.html 2年目は "美味しい 手作りお菓子 油菓子って知ってますか?" でした   http://ykeiko.at.webry.in…

続きを読む

17日は出雲でカウンセリング関係のセミナーでした。お弁当箱に添えられた言葉に感動!!

8月17日(土)は、日本栄養士会経由の講演依頼で、出雲で「愉しい人間関係をつなぐために コミュニケーションスキルを身に付けて」というテーマで、午前中は気質チェック、午後はアサーションスキルの講演会でした。 http://dietitian.or.jp/jdainfo/confpage/05chiiki_f/archives/images/shimane.pdf#search='%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%A0%84%E9%A4%8A%E5%A3%AB%E4%BC%9A+%E5%B1%B1%E5%86%85%E6%83%A0%E5%AD%90+%E5%87%BA%E9%9B%B2' 日本栄養士会 職域事業部研修会 http://www.dietitian.or.jp/conference/calendar/2013/cal130817.htm **** 平成25年度地域活動事業部中国地区グループ研修会 **** 趣旨 管理栄養士・栄養士が地域の実情やニーズに合わせた活動をするために求められる知識や技術を習得するとともに、他職種や住民と共に研修することで、情報を共有し、連携を深め、社会の変貌に伴うニーズに対応しうる新しい視点と実践力を身につけることを目的に、本研修会を開催する。 日時 平成25年8月17日(土) 10:00~16:00 会場 パルメイト出雲 出雲市今市町2065番地 内容 講演・演習「…

続きを読む

ウナギのことを何も知;らずに食べる罪

最近の鰻の高騰、日本の、世界の養鰻そのものが危機的状況になっているとも聞いています。そんなとき「日経ビジネスオンラインに東大農学生命科学科の海部健三先生の文章がありました。 のんきに「高いけど、折角だからここは奮発して・・・・」などと言っていられない悲惨な状況に陥っている。 土用の丑の日にこんな内容で、友人のDrからメールが来ていました。 ここの所かなり忙しかったので、先ほど目を通してなるほど納得!! 皆さんにもご紹介したいと思います。  8月3日は二の丑。夏の土用の丑と言えばウナギだが、近年は稚魚(シラスウナギ)の不漁とそれに伴う値上がりが盛んに報じられるようになっている。ウナギをおいしく食べ続けるためには何が必要なのか。河川や沿岸におけるニホンウナギの生態などを研究しており、『わたしのウナギ研究』の著者でもある東京大学農学生命科学研究科の海部健三・特任助教に話を聞いた。 (聞き手は小平 和良) 近年、シラスウナギの不漁が大きな話題になっています。今年2月には、ニホンウナギが環境省のレッドリスト (絶滅のおそれのある野生生物の種のリスト)に入り、資源枯渇も懸念されています。一方、幼生(レプトセファルス)の餌が分かり、完全養殖に成功するな ど、ウナギの生態の研究は進んでいます。 海部:確かにウナギの海での産卵 生態については、日本の研究は世界のトップを走っています。しかし、陸の周辺に来てからの生活については、身近なはずなのに、まだ意外と知られてい…

続きを読む

先週末は横浜で日本ゲシュタルト療法学会の学術大会でした。

2013年 7月13日(土)~14日(日)の2日間、かながわ県民センター/かながわ労働プラザで、第4回学術大会 が開催されました。 大会テーマは「ゲシュタルト療法の基礎と多様性、それらを繋ぐ創造性」 年末に我が田舎町にもも解け先生をお招きして「ゲシュタルト 百武ワールド」を開催初めて、10余年が経過しました。 継続参加していた仲間から「トレーニングコースやりたいな」「でも、忙しいから、毎月開催は無理だよな」そんな声が聞かれるようになって 今年から2年がかりでのトレーニングコースを立ち上げることになりました。 そんなことがきっかけで、ゲシュタルト療法学会に入会、学術大会にも初めて参加しました。 これがなんと感動の連続!! まずはじめに、江夏 亮(日本ゲシュタルト療法学会第4回学術大会 大会長)の「ゲシュタルト療法の基礎と多様性、それらを繋ぐ創造性」の基調講演で、ゲシュタルト療法の理論がストンと落ちました。 授業の一部で、学生たちにも下種タルト療法ンさわりを教えていましたが、「わかりやすい!」 これだけでも、参加した買いがありました。 中本 テリー先生の 論文の書き方講座 : 論文はこう読もう!の軽妙な語り口で、難しい話も、こんなに笑いが取れるものかと感心! 午後からのワークショップ 色々なテーマがあって、どれにも参加したい私でしたが、初めての参加、百武先生のアドバイスもいただいて 1.上級者対象ライブ・スーパービジョン ( …

続きを読む

天草大発見!! おっぱい岩と下田温泉「四季彩館」の美味しい料理

5月16~18日は熊本県で開催された第56回日本糖尿病学会年次学術集会に行ってきました。 http://ykeiko.at.webry.info/201305/article_3.html 今春卒業して九州に就職した教え子(ゼミ生)から、天草に案内するからとのメールに感動して、発表が済んだあとの週末、天草プチ旅行を愉しんできました。 プレート販売の計画やら、執筆依頼の締め切り、NPOの報告書、決算書の整理などなど、山積みの仕事に追われ、すっかりご報告が遅れてしまいましたが、なかなか素敵なたびだったので、ご紹介します!! まずは天草五橋の景色の素晴らしさに感動!! でっかい天草四郎の像があるからと、立ち寄ってみたらショッピングエリアでした。 九州・天草の名物を物色しながら、土産物の焼酎と、夜のお楽しみ焼酎をゲット 熊本市から車で2時間30分くらい走ったところで、素晴らしいものに遭遇!! 苓北町坂瀬川西川内の海岸にありました。 海水の力によってできたと思われる変形岩で、女性の乳房にそっくりな形なのです。 直径は約1.5mくらいあるとか。見事…

続きを読む

熊本での糖尿病学会・・・くまモン近接遭遇!!

先週末の5月16~18日は熊本県で開催された第56回日本糖尿病学会年次学術集会に行ってきました。 私個人としては、4年越しの研究 糖尿病の交換表を活用した炭水化物コントロールの方法「簡単カーボコントロール法」とそのツールとして開発した「ヘルシープレート®」の開発に関する研究で、このプレートの妥当性や当てはまりの良さを発表する場でもありました。 演題は「減量や血糖コントロールの改善を目指したポーションコントロールプレート 「ヘルシープレート」の開発」でした。 おかげさまで、発表は大盛況!! って自分で言うのもおかしいですが、用意した資料も名刺もあっという間になくなり、発表後は別の会場に行ってお勉強をと思っていましたが、結局、ポスター掲示終了時間まで、その場を離れられない状況でした。 熊本の会場はあちこち転々としていて、移動するにも大変だったと思いますが、訪れていただきました皆様に御礼申し上げます。 また、「ヘルシープレートの販売はいつ?」というご質問をたくさんいただきました。 もうしばらくお待ちください。 現在製造業者様決定! 現在、販売ルートの確保や、販促のための準備にとりかかっています。 おかげさまで メディカ出版の 糖尿病ケア 7月号に 「現場発 これはいい!製品情報」というコーナーで、「ヘルシープレート®」のご紹介をしていただけることになりました。 といっても、本当は5月号のアイディアグッツの紹介記事で依頼を受けて…

続きを読む

卒業生から初の心理カウンセラー誕生から SNS 保健指導向上委員会の特集・リレー連載まで

「卒業生から初の心理カウンセラー誕生!」・・・2012年08月16日のブログにこんなテーマで 森 早矢香さんを ご紹介しました。 http://ykeiko.at.webry.info/201208/article_2.html 名古屋学芸大学では、2年生で学ぶ栄養カウンセリング演習の授業の中で、カウンセリングスキルを小グループにスーパーバイザーを加えたグループワークや、ペアになってのレッスンの後、面談テープを実技審査することで、ヘルスカウンセリング学会公認の「傾聴支援士」の資格がゲットできるようになっています。  彼女は本学を卒業後、調剤薬局で大学で学んだ傾聴のスキルを活かし、結婚後愛知に戻られてからも、私のところのカウンセリング勉強会で、スキルアップと資格取得に励み、傾向支援士から、健康行動変容支援士、心理カウンセラー(初級ヘルスカウンセラー)へと、見事に成長をtげています。  勉強会に「結婚して愛知に戻ってきたので・・・」とやってきた時、丁度カウンセリング演習の授業でお願いしていた私の授業のサポーター(授業でグループワークをする時だけ、10人程度の学生に対しスーパーバイザーとして臨時に採用していただくシステムを、大学が受け入れてくださっているのです)に欠員が出たところでした。 「せっかくだから、至急テープ審査を受けて資格を取ったら、授業のサポーターとして採用できるから」と 頑張り屋さんだったので、即決、速攻 有資格者として カウンセリングの学びのスイッチを入…

続きを読む

神秘的な世界

SATヘルスカウンセリングでは、その技法が進化し、SATセラピーとして胎内期の記憶、特にキメラ細胞の持つ記憶(マイクロキメリズム (microchimerism) とは他者の細胞が体内に潜んでいる現象を言う。)をイメージ化して、自己を守る守護神的な顔イメージを作っていくことから、今の生きにくさを解決する方法を生み出している。 イメージ療法として扱えば、非常に短時間で行うことができ、しかもじんわりと効果が出てくることに魅力を感じている。 先日の愛知のアドバンスセミナーでも、ワークに参加したみなさんの表情が見事に明るく変わり、こだわりに気づき、楽になったとの感想をたくさんいただきました。 そんな中で、友人の内科医から、こんな頼りが届きました。 一緒についてきた You Tube のドラマチックな映像に、さらにまた感動!! ご紹介しますね。 糖尿病学会発表まであと13日しかないのに、疲れてYou Tubeを見ていたら・・・・ もともと生命科学者にあこがれ、分子生物学者になりたくて・・・・ 生体活性物質としてのホルモンを扱うことは小学生のころよりおもしろさを感じ、中学生一年生のときに、ワトソン・クリックの「二重らせん」と出会い、いつか分子生物学とホルモン学(内分泌学という名前すら知らなかった)の橋渡しに関わりたいと思っていた。 しかし基礎生命科学者をするだけの能力のなさに気がついて・・・・ そんな書き出しの便りでした。 いま、彼は糖…

続きを読む

東京造形大2013年度入学式 諏訪学長による式辞

毎年様々な大学の入学式や卒業式における学長や総長の式辞が公表されます。 とても洗練された名文かつ若者たちへの「社会への眼」を見開かせるにふさわしい文章であると東大、京大、阪大などがよく取り上げられます。 様々なSNSにて反響をよんでいる東京造形大の学長式辞 上記の大学総長のものに比べると、言葉はやさしい単語で綴られています。 が、実際に読んで見るとなかなかのものです。 是非とも熟読あれ! 460名の学部入学生、ならびに53名の大学院入学生、11名の編入学生、1名の再入学生の皆さん、入学おめでとうございます。新しく東京造形大学の一 員となられた皆さんを、私たちは心から歓迎いたします。また、ご家族ならびに関係者のみなさまにも、心よりお祝い申し上げます。  新入生のみなさん。今、私はこうして壇上からみなさんに語りかけていますが、三十三年前、私は今のみなさんと同じように東京造形大学の入学式に臨んでい ました。本日は、学長というよりひとりの卒業生として、私が学生時代に体験したことを少しお話ししてみたいと思います。  私は高校生のときに一台のカメラを手に入れました。現在のようなデジタルビデオではなく、8ミリフィルムを使用する映画カメラです。そのカメラで、自分 の身の周りのものを撮影するようになると、自然に自分の表現として映画を作りたいと思うようになりました。映画館で上映されているような大掛かりな映画で はなくて、絵画のように自由に表現するささやかな映画を作りたいと…

続きを読む

愛菜ちゃん、ついに国際女優!! ハリウッドデビュー決定!

ついに! やっぱり! 国際的に活躍していくんだろうな~ 愛菜ちゃん、ハリウッドデビュー おめでとう!! 愛菜ちゃん、ハリウッドデビュー!総制作費170億円のSF超大作!!  デイリースポーツ 12月14日(金)6時58分配信  人気子役の芦田愛菜(8)が、来夏日本公開の米3D映画「パシフィック・リム」で、ハリウッドデビューすることが13日、分かった。同作は、総製作費2億ドル(約170億円)以上というSF超大作。菊地凛子(31)演じるヒロインの幼少期を演じる愛菜ちゃんは、すでにカナダ・トロントでの撮影を終え、「海外の仕事が決まったときはうれしかったし、ワクワクした」と話した。米公開は来年7月。 【写真】愛菜ちゃん 世界のミッキーと共演も転んじゃった…それでも女優魂!  日本が誇る天才子役が海を渡り、ハリウッドを驚かせるときが来た。  「パシフィック・リム」は、太平洋の深海から出現し、地球を破壊していく巨大生命体と、人型巨大兵器との戦いを描いたSFアクション作。「パンズ・ラビリンス」などのギレルモ・デル・トロ監督がメガホンを取る。総製作費が2億ドルを超える超大作とあって、本国でも「来夏最高の注目作品」との呼び声が高い。  愛菜ちゃんは、兵器のパイロット役でヒロイン・マコを務める菊地の幼少期を演じた。いきなりの大役はオーディションで勝ち取った。昨年9月、「役にふさわしい演技ができる子役はいないか」と探すハリウッド側からの…

続きを読む

感動! 矢野きよ美さんの書と講話 名古屋学芸大学合同祭にて

先月末の24・25日は、名古屋学芸大学の合同祭でした。 ブログの不具合が続き、ブログアップしようとすると常に「メンテナンス中」の状態で、なんだかホットなニュースではなくなってしまいまsたが、下書きしておいたので、この感動をお知らせします。 合同祭の初日24日(土)は、私は所用があったので参加できず、学科イベントの0・5単位お食事カードを用いたカードバイキング式栄養相談と、ストレスチェックのコーナー管理は、助手の先生と学生さんたちにお任せでした。 25日の日曜日は、天気に恵まれたとは言えず、通年に比べると出だしが遅い?感じのスタートでした。 合同祭は10時スタートで、矢野きよ美さんの 被災地体験を通しての講演会が10時半から開催されました。 10時半からの講演会開催は、ちょっと集客的に早いのでは・・・ そんな心配があたってしまいました。 彼女の講演会ではきっと、初めての少人数観客でのスタートだったのでしょうね。 顕明な毒舌から始まりました。 でも、徐々に人が集まり、結果笑いと涙の終焉を迎えることとなりました。 高校卒業後の1980年4月、名古屋テレビ『金曜奥様ワイド』でタレントデビュー、1982年には中京テレビ『5時SATマガジン』でアシスタントに抜擢され、その頃より中京圏を中心とするタレント活動を本格化させた彼女 メ〜テレの番組『どですか!』で宮地佑紀生さんとともに週5日間のメイン司会を担当していることで、中部…

続きを読む

2012.10.20のために書いた「4周年記念日」が、何故か2011.10.20にタイムスリップ!

10月20日・・・6日前 山内惠子のそこからぶろぐ4周年記念日でした。 先週、今週と学生たちの就職面談やら、合同祭イベント、論文投稿、教科書執筆の締切などなど、あまりの忙しさに、大事な記念日を忘れてしまいました。 2日前に、こんなメールが届いていたんですよ。 山内惠子のそこからぶろぐ http://ykeiko.at.webry.info/ この3年間にあなたのブログで生み出された訪問回数は・・・ 169277 件 になります。 過去のブログを振り返ると、昔の自分が考えたり感じていたことから 新たな気づきが生まれたりするものです。 最初に書いた記事は "はじめまして" でしたね   http://ykeiko.at.webry.info/200810/article_1.html 2年目は "美味しい 手作りお菓子 油菓子って知ってますか?" でした   http://ykeiko.at.webry.info/200910/article_10.html 3年目は "はじめてブログなるものを立ち上げて・・・ちょうど2年目に突入しました。" でした   http://ykeiko.at.webry.info/201010/article_7.html 4年目は "SATセラピー ・・・・・胎児期のイメージ " でした   http://ykeiko.at.webry.info/201110/a…

続きを読む

ノーベル医学・生理学賞  山中伸弥京都大教授の「人工多能性幹細胞(iPS 細胞)」に熱き想いが!

山中伸弥京都大教授のノーベル医学・生理学賞に、日本中、世界中が賞賛でしょうが、私自身も待ちに待った、そして念願のノーベル賞受賞でした。 本当はこの吉報をすぐにブログに取り上げたかったのですが、一昨日から昨日にかけブログの状態が最悪で、やっとこの喜びを皆様と共有することができます。 孫の腎臓を食事療法で大事に、大事に保ち、なお且つ、60歳の還暦を待って彼に私の腎臓を移植し、少しでも元気な孫の腎細胞を残してきたのは、「人工多能性幹細胞(iPS 細胞)」の研究の発展に大きな夢を抱いてきた一人だからです。 腎臓を再生するのは、脳や心臓よりもはるかに難しいと聞いています。 でも、いつかはきっと多くの病気に活用できる日が来ることでしょう。 研究のはたくさんの資金が必要です。 そして多くの人材も アメリカなどに比べ、研究予算の少ない中での研究は「竹槍で戦っているようなもの」と・・・ 今回の受賞で、この研究に大きな予算が付くことを期待できますね。 そして、たくさんの素敵な人材が、教授のもとに集まって、世界中の難病で苦しむ人たちの救いになっていくことを期待しています。 本当に嬉しいです。本当におめでとうございます。 万歳、バンザイ、\(^^@)/\(^^@)/\(^^@)/ ◎山中伸弥氏にノーベル賞   iPS細胞開発、京大教授  日本人19人目  医学生理学賞は25年ぶり  (共同通信)2012/10/09 …

続きを読む

いわき市久之浜に心の支援・・・そして出会った岬花江さんと、かもめパン工房の皆さんの写真に感動!! 

9月17日に、福島県いわき市久之浜公民館で、被災地支援の活動を済ませ、会場から外に出たところで、「自分もサポーターの勉強がしたい」と、ある女性に呼び止められました。 いろいろ話を聞いていると、若い頃から私財を投げ打って重度身体障害者さんの支援を続けてきたという熱血感あふれる女性 岬花江さんでした。 見せていた素晴らしい花の写真に感動! 聞けば、障害者施設美咲学園の園長さん  活動していた施設「かもめパン工房」が被災し、作業ができないでいるとのこと 翌日の予定はなかったので、彼女の施設を見学させていただくこととなりました。 ここからは、その時の様子をご紹介します。 久之浜町末続 岬学園 かもめパン工房 久之浜町末続(ひさのままちすえつぎ)は、いわき市の最北端に位置している町です。 映画「釣りバカ日誌8」では当駅がロケ地として使用されたことでも知られている町で、常磐線から海が見える風光明媚な場所。 そんな町に「美咲学園 かもめパン工場」はありました。 地震発生時は、被災地から離れれたところで活動中だったため、障害者の方々はショッキングな体験は避けられたそうです。(神様がちゃんと守ってくれたのでしょう) 被害の概要  ・海が見える高台にあったため、津波による倒壊被害はなく、浸水はあったが、パン工房内の機械類は被害を受けずに済んだ。  ・計画的避難区域となった 50Km 区域に入ってしまったことから、パン工房の再開の…

続きを読む

中村伸一先生 著書「寄りそ医」がドラマ化されます。是非、ご覧下さい。

さんまの会でもおなじみの中村伸一先生(旧名田庄村国保診療所所長)の 著書「寄りそ医」がドラマ化されます。ぜひチェックを! NHKプレミアムにて 前編→9/16(日)22:00~22:59、後編→9/23(日)22:00~22:59   9月16日(日)(前編) 午後10時00分~11時00分 9月23日(日)(後編) 午後10時00分~11時00分 〇プレミアムドラマ「ドロクター~ある日、ボクは村でたった一人の医者になった~」(前編) (後編) 福井県の山間部にある小さな村に、新婚1ヶ月の妻とともに赴任した医師・中村伸一。ただし理想や使命感に燃えていたわけではなく、まったくの“腰掛け”気分。早く都会の大病院に戻って趣味のロックやプロレスをエンジョイしたいと考える若者だった。そんな中村が、「村でたった一人の医者」として一人一人の命と向き合い、失敗や模索を繰り返す中で、徐々に変わっていく。とりわけ「家族に看取られて家で死にたい」という患者の切なる願いに触れた中村は、そのために奔走。村を“地域医療の理想郷”にしたいと、一生を捧げる決意をする。ところがそんな矢先、中村自身が突然の病に倒れる。…… これは、医療崩壊が叫ばれる中、地域医療に情熱を傾けた青年医師の奮闘と成長の物語。村人たちとの強くて温かな絆、生と死の切ないドラマが、実話をもとに綴られていく。ちなみに「ドロクター」とは人々が親しみをこめてつけたニックネーム。ちょっとやんちゃという意味の方言「…

続きを読む

遅ればせながら・・・17日~19日に横浜で開催された 第55回日本糖尿病学会年次集会のご報告

5月17日~19日までは 5月17日から3日間、パシフィコ横浜、パンパシフィック横浜ベイホテル東急で開催された第55回日本糖尿病学会年次集会に行ってきました。 マンモス学会になってしまって、なかなか希望のランチョンセミナーチケットが手に入らなかったり、お目当ての発表会場に入りきれなかったり 毎年の学会でめぐり合う友人に会えなかったりと・・・昔が懐かしいところもありますが それでもやはりこの学会は実り多いものでした。 メインテーマは、糖尿病学会“アクションプラン2010”からの引用した「DREAMS come true」。災害時医療、再生医療、インスリン分泌と抵抗性、新しい糖尿病治療薬、腎症と神経障害、大規模臨床試験など19のテーマ(セッション)で構成されるシンポジウムや、未決着テーマの論点を整理し、解決への道筋を導くための新企画「From Debate to Consensus(ディベートからコンセンサスへ)」など、DREAMSの実現に向けたさまざまな企画が用意され、日本糖尿病学会理事長の門脇孝氏によると、今大会は2284演題と過去最高となって おり、参加者も1万2000人に迫っており、史上最大規模の学会だったようです。 今学術集会に特徴的なこととしては,インクレチン関連演題が急増し,全演題の4分の1を占めたことも紹介されました。 また、2010年に日本糖尿病学会がアクションプランであるDREAMSを発表してから、今回の第55回学術集会は、ちょうど5カ年…

続きを読む

岡山病院栄養士協議会研修会で「目からうろこの10分間カウンセリング」の講演無事終了!

この半月、学校の行事やら、研究の準備などなどであわただしく、大変ご無沙汰してしまいました。 いつも足跡をつけてくださっていた皆様、ありがとうございます。 そしてすみませんでした。 少し振り返りながらの近況報告です。 先月の5月12日は、岡山県の病院栄養士協議会様の研修会にお招きいただき 個別指導に役立つカウンセリングのノウハウということで 「目からうろこの10分間カウンセリング」の講演会 無事に納めてまいりました。 100人余集まっていただいた病栄協の皆さんに、10分間カウンセリングに納得していただけたようで 10月に「傾聴支援士」の資格取得につながるセミナー開催が決定しました。 全国の栄養士会の後援が終了すると、次のステップへのご依頼につながり、本当にうれしい限りです。 10月27日・28日(土・日)の2日間セミナーです。 岡山の皆様、またお会いできることを楽しみにしています。 実はこの日の研修会に うれしいことがありました。 今春、我が山内ゼミの卒業生のうち、2人が岡山県に管理栄養士として就職していました。 1人は病院栄養士、もう一人は山田養蜂所です。 私が岡山に講演に行くことを知って、当日のお手伝いに駆けつけてくれました。 午前中は、0.5単位お食事カードの販売ブースで、カードの扱いやら販促にがんばってくれました。 午後からは、カウンセリングの実技やモデリングでしたので 会…

続きを読む

ゴールデンウイークは仙台から山形へ足を延ばしてきました

3月の訪問に続いて、5月2日に再び山元町に行ってきました。 http://ykeiko.at.webry.info/201203/article_9.html 本当は、3日にもお寺のボランティアセンター「テラセン」の境内をお借りして、食事会とワークを行う予定でしたが、急な都合で次回に延期となりました。 ので、急遽観光に変更・・・・といっても朝から続く大雨の中・・・ 幸いなことに、昔お世話になった某出版会社のYさんから、「僕もゴールデンウイークは暇なので、雨が降っても大丈夫なところへご案内します」と、嬉しい申し出を頂きました。 朝の9時にホテルまでお迎えに来ていただいて 向かったのは山形の大石田 個々のお蕎麦が絶品だとのこと まずは、きよばあちゃんの手打ちそば 「来迎寺 きよ」さんのおそばを頂きに 11時のオープン前に行かないと行列になるということで、予定通り美味しいおそばにありつくことができました。 きよそば1人前 …普通に1枚注文して、鶏そばのつゆを追加すると2つの味が楽しめます。 こんな美味しいお蕎麦にありつけるなんて…幸せ  お土産にそば粉とひめたけとキノコの水煮もゲット! そして次に案内してくれたのが、お豆腐やさんなのになぜか行…

続きを読む

素晴らしい! 東大など、数十年来の脳の謎を解明 - 脳回路が精密な配線であることを発見

マイナビニュース 1月20日(金)19時10分配信  新開発の撮影技術で、数十年来の脳科学の謎を解決したそうです。 今回発見したPIP5Kγ661の機能は、ヒトにもあてはめられると考えられ、ヒトの記憶・学習過程の理解に有用な知見を提供しうると、研究グループでは期待しています。 また、記憶・学習のキーとなる酵素が明らかになったため、この酵素の活性を人為的に制御する方法が発見されれば、記憶や学習の制御に繋がっていく可能性も考えられているようです。 さらに、将来的にはアルツハイマー病に代表されるような、記憶・学習能力が低下する疾患の治療や、逆に不要な記憶・精神的トラウマの除去といった臨床面への応用も期待されるとしているとのこと。 すごいですね!! 科学技術振興機構(JST)と東京大学は1月20日、脳の神経回路が、回路を形成する神経細胞「ニューロン」(画像1)より小さく、「シナプス」の単位で正確に編まれることで機能を発揮することを明らかにしたと発表した。東京大学大学院薬学系研究科の池谷裕二准教授らの研究グループによる発見で、成果は米科学誌「Science」に米国東部時間1月20日に掲載された。 脳はニューロンと呼ばれる神経細胞からなり、各々のニューロンが、少しずつ情報を処理している。その処理結果は、ニューロン間の特殊な結合であるシナプスを介して、次のニューロンに伝えられる(画像1)。 ニューロンには多くの樹状突起と呼ばれる枝分かれした線維があり、ここにあるシナ…

続きを読む

ノルディックウォーキングについての研究会(情報交換会)・・・富岡先生に感謝

名古屋学芸大学恒例の卒業研究発表会は、毎年12月24日    クリスマスの日に行われます。 今年度の学生さんたちの発表も無事終了! 卒論の提出締め切りも本日でしたから、今まで就活に、卒論、管理栄養士の国家試験準備と ハードに追い込まれていたうちの1つが片付いて、学生さんたちの表情もホッとした笑みが見られました。 そして、成し遂げた!  という達成感。 この達成感の積み重ねが、すごく大切だと思っています。 やればできる! やり遂げたんだ~!  この勢いで国試に向かって走っていって欲しい!! 我が山内ゼミは、今年のゼミ生15人と 本学始まって以来の大所帯です。 テーマは、時間の関係で、各ゼミ3つ その中の一つが、ノルディックウォーキングに関する研究でした。 本学では、3年生の栄養教育の授業の中で、ノルディックウォーキングの体験と、希望者にはオフィシャルインストラクターの資格が取れるサポートを行っていることもあって、興味を持った学生3人が、私のゼミにやってきました。 http://ykeiko.at.webry.info/201005/article_3.html なんとしてでも、この興味一杯のノルディックウォーキングの効果について研究したい・・・と 3人娘のエネルギーが実って、名城大学の富岡先生のご協力を頂き、ポールも先生のところからお借りできることになり、地元日進市の市民だよりのて被験者さんを募集 なんやかんや…

続きを読む

学生たちのレポートに感動!!・・・自己分析ってすごい!! … 第2弾

栄養カウンセリングの課題で提出されたレポートを、この冬休みを利用して読破します。 いつも採点しながら 感心したり ウルウルしたり、学生さんたちの気づきや成長に感動しているから 時のたつのも忘れて読みまくっているのです。   こちらは、第1弾 http://ykeiko.at.webry.info/201112/article_7.html 昨夜で完読!! ウルウルしてしまいました・・・。 Hさん:今回、自己分析をして初めて『本当の自分』に向き合えた気がします。 自己分析によって私は今まで、自分でも気が付かないくらいごく自然に『いい子』である自分を作ってしまっていたのかもしれないと思いました。 友達や周りの人からはよく、「優しいね。」と言われます。私自身も、出来るだけみんなに優しくしようと心がけているし、それが自分の性格なのだと思っていました。しかし、   今回の講義を受けて私は、自分で勝手に封印していた過去の自分を思い出しました。 それは、幼稚園のときに今まで仲良く遊んでいた友達に、お願いされたことを一度断っただけで、急に仲間に入れてもらえなくなった。という寂しい思いをした記憶でした。そのときから私はとりあえず笑顔でニコニコ、みんなのお願いを断らずに受け入れるイエスマンな自分を演じていた気がします。私は優しいのではなく、断って嫌われるのが怖いだけなのです。心理チェックで自己抑制型行動特性の点数が高かった理由の一つがこれだとわかりました。 今…

続きを読む

この人に聞きたい!保健指導の現場から 特集・リレー連載に執筆しました (東京法規出版のSNS)

東京法規出版の特定保健指導を考えるSNS 「保健指導向上委員会」様の この人に聞きたい!保健指導の現場から 特集・リレー連載に執筆しました。 保健指導向上委員会のメンバーになったのは、私が日総研出版の企画する「特定保健指導者のためのセミナー」講師を頼まれ、特定保健指導についてリサーチしていた時ですから、2008年の4月21日でした。 http://www.hokensidou.net/ 右も左もわからない状態の入会でしたが 翌日のSNSに 皆様「笑いのワーク」に食いついていただいてありがとうございます。 今回、私は30分の前座で「笑いが健康にいい」という話を15分、残りは笑いのワークと、最後は大笑いをして終了ですので、会場はわっはっはで盛り上がりました。会場が大須の演芸場なので「出演」ですよね。(笑) いつもはまじめに学生の授業や特保のセミナー講師を勤めています。 良かったら、セミナー案内見てください。って事は、私がどこのだれだか分かってしまうってこと・・・。まあ良いでしょう。 よろしくお願いします。 と書き込んだのです。 そして4月の30日には、私の大学に訪ねてきてくださって 「オフ会しましょう!!」って なんとアットホームな場所なんでしょう!! その時からのお付き合いが、日本中に広がって 学会やら、講演やら、旅行やらで 地方に出かければ、いつの間にかこのSNSの仲間が集まり すでに自宅に泊めていただくま…

続きを読む

今年の百武ワールドも素晴らしい・・・感動の渦でした!!

yjapanヘルスカウンセリング勉強会、毎年恒例の「年末・百武正嗣先生のゲシュタルトセミナー」が、12月17日・18日の両日開催・・・無事終了しました。 わが町で、毎年開催されるゲシュタルトセミナー 今年で16回目…よく続いているものだと、改めて思いました。 初めて百武先生と出会ったのは、名古屋で開催されたセミナー SATヘルスカウンセリングを学び始めた私は 百武先生のお名前だけはSATを通して伺っていましたが・・・ゲシュタルトって何?百武先生って・・・ というような次第でした。 参加してみてビックリ!! SATの心象風景連想法…過去のトラウマチックな出来事の癒しの部分は、このゲシュタルト療法が応用されていたのね でも、何よりも百武先生の ゆったりしたテンポ 温かいまなざし風貌・・・ 全体が素敵な百武ワールドなんだ~ ならば、幸田の街に百武ワールドを作ればいい!! そんなこんなで 年末の最後の締めくくりに 自分と向き合い、今まで背負ってきた重たいのもつを ドッコラショと降ろして 自分らしい人生の再スタートの場になればいいなと・・・ そんな思いが15年、16年と続いたんだなと、改めて感じた2日間でした。 参加された皆さんのワークもさることながら これがグループセラピーのいいところ グループダイナミックスが発生して、ワークを通して新たな気付きを頂くのですよ …

続きを読む

禁煙支援(リセッター)研修会と、初めての出会いブータン料理に大満足の日曜日でした!

先週の日曜日は、リセット禁煙研究会主催の『禁煙支援(リセッター)研修会』に参加してきました。 豊田自動車本社診療所医師で藤田保健衛生大学 客員教授の磯村毅先生の研修会です。 先生との出合おは、今年のヘルスカウンセリング学会でのご講演 『脳内ドーパミンが決め手「禁煙脳」の作り方』を拝聴したことから始まりました。  我慢と忍耐の「努力型禁煙」とは全く違う、意志が弱くてもストレスがあっても「まるで暗示にかかったように不思議なほどタバコを吸いたい気持ちが消えてしまう」魔法のような新しい禁煙法 それは、タバコを吸っているとドーパミン(快楽をもたらす脳内物質)を強制的に出させてしまい、やがてドーパミン神経が弱ってしまうこと。 快楽を求めるために一服しなければどうにもならない脳のメカニズム、心の動き、面白いほど「なるほど」「納得」の連続でした。 先生の優しく、ユーモアな語りが何とも素敵!! 何度でもお聞きしたいなと思うご講演でした。 何度かメールのやり取りの後に、この研修会のお知らせを頂きました。 こりゃあ、何としても日程調整しなれば・・・・と 会場の上原区民会館会がある代々木上原まで出かけていきました。 まずは、禁煙に興味を持ってもらう、つかみの部分を中心に、最低限のコミュニケーションスキルを学ぶということで、午前午後の2コースを終了すると 先生直々に「禁煙支援助手の認定」をしていただけるというおまけもついていました。 …

続きを読む

大阪大学総長の鷲田清一氏 の感動の式辞 ・・・ 是非お読みください。

大阪大学の卒業式・大学院学位記授与式における、 大阪大学総長の鷲田清一氏 の式辞を紹介したいと思います。 鷲田清一氏(有名な哲学者で、ここ10年ほど大学入試の現代文で一番引用されるらしいです、多数の著書がでています。繰り返し読む価値のある書籍ばかりです)の今年の春の最期の卒業式式辞です。 人間として大事なことを、深い愛情とともに述べておられます。 http://www.osaka-u.ac.jp/ja/guide/president/ja/guide/president/files/h23_shikiji.pdf   平成22年度卒業式・学位記授与式 総長式辞 本日ここに集われた3507 名の学部卒業生のみなさん、2063 名の大学院修了生のみなさん、そして博士の学位を授与された569 名のみなさん。この卒業と修了の式にあたり、これまでみなさんが尽くされた努力と研鑽とを、大阪大学を代表して心から讃えたいと思います。 また、この日まで長きにわたってみなさんの勉学と研究を支えてこられたご家族の方々に対しても、ここに深く敬意を表したく存じます。 みなさんには真っ先にはなむけの言葉を贈らねばならないところですが、今日はなんとしてもこのたびの震災のことから始めないではいられません。 途方もない災害が起こってしまいました。 きょう卒業式を迎えられたみなさんのなかには、家族を、あるいは家を失い、不安に押しつぶされそうになっておられる親族、友人、知…

続きを読む

感動の出会い!高崎の美味しいチーズ屋さん「フロマージェリー モンテ ドラーゴ」さんから届きました!!

感動の出会い!・・・あれから1年余 高崎の美味しいチーズ屋さん「フロマージェリー モンテ ドラーゴ」 http://ykeiko.at.webry.info/201110/article_8.html でご紹介した高崎の美味しいチーズ屋さん「フロマージェリー モンテ ドラーゴ」 さんから 嬉しい宅配便が届きました。 土曜日はカウンセリング勉強会、夜はいつものように居酒屋恵子(我が家)で飲みニケーション 大阪から卒業生も「相談したいことがあるから・・・」とやってきて 偶然にも、静岡から勉強会に参加していた、これまた卒業生のF君と同期でした。 色々な話題炸裂、宴たけなわ そんな時に玄関のチャイムが鳴りました。 注文していたお楽しみのものが届いたのです。 しかも、マダムからのメッセージ付きで そして昨日の日曜日は、大学の忘年会に向けてのハワイアンバンド練習日 いつも会場を提供してくださっている先生のお嬢様が、ドイツパンのお店をオープンしたので 注文しておいた同じチーズをプレゼント ドイツパンって、本当にチーズとワインが合うんですよね すごく喜んででくれました。 本当に美味しいチーズです。 感動の品物を 一人でにニソニソ食べるのもいいけれど …

続きを読む

なかなかやるね。京都!!  階段使って脱メタボ 市営地下鉄、消費カロリー表示

京都市交通局は市営地下鉄の四条駅と市役所前駅の階段に、階段を利用した時の消費カロリーを表示した。「階段使って脱メタボ」など健康を呼び掛けるメッセージも掲示している。  若手職員有志が提案。ホームからコンコースまで1段ごとに0.1キロカロリーずつカロリー消費が増え、最後まで上ると四条は63段で6.3キロカロリー、市役所前は60段で6キロカロリーのダイエット効果があるとか。  市役所前駅では794年の平安遷都から1981年の烏丸線開業までの主な歴史年表も表示。「楽しみながら階段を上がってもらえれば」と担当者。 2011年5月30日(月)15時0分配信 京都新聞 階段利用時の消費カロリーを記した地下鉄の階段(市役所前駅) 京都市営地下鉄 四条駅 (北側階段) 「世界の最長は11674段」「日本は3333段」 そして、「それに比べりゃたった63段ですよ」と続きます 「幸せは前向きな一歩から始まる」「階段は人生と同じ、一段づつ着実に!」 「この階段を息も切らさず上がってきたあなた」 「たいしたもんだねえ!」 階段の最後(一番上段)には、「by若手職員増…

続きを読む

今日は、糖尿病患者会「元気会」の総会とノルディックウォーキングを楽しむ会です。システム

今日は、糖尿病患者会「元気会」の総会とノルディックウォーキングを楽しむ会です。 でも、あいにくのお天気 先日、下記 ブログで紹介した糖尿病患者会の行事です。 感動の再開! 坂根直樹先生が繋いでくださったご縁 http://ykeiko.at.webry.info/201105/article_9.html 1999年の糖尿病学会(公募ワークショップ)「岡崎市医師会における糖尿病患者教育システム」で 日本で初めて誕生した、患者主体型の糖尿病患者会「元気会」は 2006年に10周年を記念し、2011年は15周年になるのです。 日本糖尿病友の会 岡崎 元気会は、平成8年に、岡崎市医師会公衆衛生センター糖尿病教室第6回修了生より発足し、患者主体の活動をする患者会としては全国でも始めてのケースとして今日に至っています。  一旦糖尿病を発病すると、直ることはまず難しく、いかにして糖尿病と上手に付き合っていくかということが大切になってきます。 従ってそのために必要な学習の場を作ることで、病気に立ち向かうための知識の習得、食事療法や運動療法の実践のスキルを身につけることや、同じ悩みを共有し、共に支えあうことのできる仲間作りを大切に、15年間の歩みを続けているのですね。 会員の高齢化および、新たな会員の確保という課題を抱えています。 2006年の10周年記念では 新たに岡崎市民にむけて糖尿病の予防、および正しい知識の普及啓蒙のために、糖尿病患者…

続きを読む