忙しかった1週間! お陰様で山内惠子のヘルシープレートに関心持っていただけました。続き

先週7・8日は横浜の桜木町でで開催された平成25年度地域活動事業部全国リーダー研修会と第31回公衆栄養活動研究会参加。 郵送、持参したヘルシープレート、のせ食べダイエットも驚くほど販売させていただき、残りをキャスターに入れて雪の横浜から岐阜県へと大移動!! 岐阜県医師会が開催する「医療連携パスコーディネーター」の養成講座の糖尿病医療連携・連会パスと多職種連携ががテーマの研修会でした。 その中で「最新!糖尿病食事療法」として、ヘルシープレートのせ食べダイエットの砲煙の機会を頂きました。 医師、糖尿病療養指導士、管理栄養士、看護師、保健師、行政など他職種の皆さんが大勢集まる中で、魅力ある研修の内容が展開されていたのに感動!! その中での私の出番はというと・・・・実は 3ステージも用意されていました。 もともとこの企画は、保健指導向上委員会SNS仲間のパムババさんのアイディア一杯のもの 岐阜大学糖尿病代謝内科臨床教授の堀川幸男先生のご講演の後、3人の糖尿病認定看護師さんと厄介な患者になりきったDrや保健師と絡む「糖尿病療養指導 なりきりワーク」でした。 私に与えられた最初のステージは、ラーメンの止められない網膜症危険信号のおばさん役で、糖尿病教育入院も、ラーメンを食べていいなら、指導受けるわ…という役どころです。 役者は大変そろっており、なかなか見ごたえのある療養指導でした。 そしてランチタイムは、ヘルシープレートを用いて、実際にコンビニ弁当を食べ…

続きを読む

忙しかった1週間! お陰様で山内惠子のヘルシープレートに関心持っていただけました。 

先週末の木曜日は入試監督。それが済んで金曜日の早朝から横浜で行われる平成25年度地域活動事業部全国リーダー研修会と第31回公衆栄養活動研究会に参加するため桜木町目指して出かけました。 リーダー研修会とその後の懇親会では、懐かしい方々にお会いできて、楽しいひと時を過ごさせていただきました。 そして、土曜日の公衆栄養活動研究会には、関東地方は大雪という悪天候の中、全国からリーダーさんが大勢参加してくださり、講演会の合間を縫って、会員が開発した媒体販売コーナーでヘルシープレートを販売するチャンスをいただくことができました。 お声をかけてくださった皆様、お荷物になるにも関わらず。ヘルシープレートとのせ食べダイエットの本をお買い上げくださった皆様、講演会を企画するからと具体的なお誘いをしてくださるところもありました。 本当にうれしい限りです。 山内惠子の ヘルシープレート http://www.healthy-plate.com/ ご注文はこちら

続きを読む

【セミナーご紹介】2月2日(日)簡単カーボコントロール「のせ食べダイエット」 (東京) 無事終了!

ヘルシープレートを用いた簡単カーボコントロール「のせ食べダイエット」の初回セミナー1月25日(名古屋)に引き続黄、急遽開催決定となった、東京法規出版の保健指導向上委員会SNSの研修会翌日の第2段のセミナーも、無事終了いたしました。 立ち上げから2週間のビックリな状況の中での企画でしたが、北は北海道から南は島根県の管理栄養士、保健師、大学教員の皆様にご参加いただくことができ、驚きとともに感謝申し上げます。 2月1日(土)に開催された様子は講話の後に、お弁当ワークです。 やはり、「食べて見て感じる」からこそ理解できるようで、早速東京法規出版さんの方にご注文が入ったと、お喜びのメールがありました。 山内惠子の ヘルシープレート http://www.healthy-plate.com/ 参加者様の感想 準備、簡単!! これならできる。 要は、お弁当ひとつで2人分ということね。 野菜を追加すれば!! 私のは朝、ホテルで先生のデザートの お相伴したので ご飯をすり切りにしました。 でも、お野菜でお腹一杯です。 参加された会社のドクターさん、早速職場のスタッフさんとやってみてくださいました。 私が参加するの知っててプレート購入したスタッフとワークしてみ…

続きを読む

山内惠子のヘルシープレート「のせ食べダイエット」販売活動開始!!

面倒な計量や、単位計算はいらない! イラストに乗せて食べるだけでエネルギーも炭水化物も安全にコントロール!! 「血糖値が気になる」「メタボ改善しまければ」「美しく短期間でやせたいわ」そんな皆様に安心して使っていただけるよう、3年間の(実質4年になりますが)の研究の結果誕生した日本発のエビデンスが取れたポーションコントロール法!! そんな、夢いっぱい詰まった 山内惠子のヘルシープレート「のせ食べダイエット」が販売活動開始しました。 ヘルシープレートのご注文はこちら 今日は、東急ハンズANNEXさんで、販売の打ち合わせです。 http://www.healthy-plate.com/ ● 1月25日は 中村生涯学習センターで、簡単カーボコントロール法、載せたべダイエット法のセミナー開催。 http://www.healthy-plate.com/セミナーご案内/東京開催-特定保健指導関係/ ●2月2日、東京で特定保健指導者さん向けに、同じセミナー これは、東京法規出版さんの研修室をお借りして、急遽開催決定しました。 http://www.healthy-plate.com/セミナーご案内/東京開催-特定保健指導関係/ 東京法規出版から全国の指導施設向けチラシ、ネットでの販売スタートです。 ●翌週8日は横浜で、全国の地域活動栄養士会の会長が集まる研修会での販売許可をいただけたので(栄養士が開発した商品紹介)頑張って売ってきます。 http://di…

続きを読む

山内惠子のヘルシープレートは使い方で色々な問題解決につながるよう工夫されています。

山内惠子のヘルシープレート「のせたべダイエット」は日本で初めて開発されたエビデンスに基づくポーションコントロール法です。その魅力や、使い方、ご注文はこちらへ ヘルシープレートは使い方で色々な問題解決につながるよう工夫されています。 http://www.healthy-plate.com/ ①ダイエットを急ぎたい方へ・・・世の中には色々なダイエット法が蔓延していますが、気を付けないと栄養バランスを崩し、体にとって大切なタンパク質や、ミネラル、ビタミン不足を招いたり、痩せたけど体調不良になったり、やめた途端リバウンドして元の木阿弥になったりということが多いものです。 短期集中での減量効果を期待するなら、ご飯の部分を摺り切り1杯にして、あとはプレートのイラストどおり食べることにチャレンジ!・・・ローカロリーなのにおなか一杯。減量効果もしっかり現れます。1~2週間は間食、果物は控えてね。この期間で、糖質中毒は治まり、甘いものへの欲求も軽減します。 また、その後、ご飯の量を増やしても野菜を食べる習慣や、食べ方の習慣が身に付くので、リバウンドもしにくく、また、1~2kg増えてしまったら、プレート再挑戦で早めに回復可能です。 ②2型糖尿病の方、特に肥満でお困りの方に最適・・・カーボカウントのように、食事に含まれる炭水化物の量や、交換表の単位計算、計量などの面倒なことをしなくても、最初にルールをマスターすれば、ほぼ自分の体に必要なエネルギーと栄養バ…

続きを読む

ヘルシープレート®のネット販売開始しました。 クリスマス、お正月の食べ過ぎ解消に最適!!

謹んで新年をお祝い申し上げます 新年あけましておめでとうございます。 ヘルシープレート「のせ食べダイエット」は生まれたばかりの商品ですが、真心こめて皆様の健康と、安心安全にこだわり作りました。 どうぞ広く皆様のお役にたてますよう心より祈願し、ますますのご哀願のほど、よろしくお願い申し上げます。 ※ ご好評により、発売記念値引き期間を1月5日まで延長させていただきました。この機会にどうぞお試しくださいますよう、お願い申し上げます。 http://www.healthy-plate.com/通信販売-注文開始しました/ 「のせて食べるだけ」で自分に合った食事療法ができる 「面倒な計算と計量が不要」・・・イラストに合わせて盛り付けるだけ 「期間限定3か月」お腹も慣れるし、野菜たっぷりの食習慣も身につく 「何と言ってもデータが変わる」・・・エビデンス(科学的根拠)が多数あり 血糖値が気になる! メタボを何とかしたい! 短期間に健康的に痩せたい! 腰痛、膝の痛みなどで減量しなければ! 糖尿病患者様の応用カーボカウントにも最適! などなど こんな方にお勧めです!  

続きを読む

のせたべダイエット  山内惠子のヘルシープレート  ネット販売開始しました!!

メタボ・肥満タイプの2型糖尿病患者向けの行動科学にもとづいたポーションコントロール法 プレートのイラストに合わせて盛り付けるだけで、栄養バランス、炭水化物の量(50%前後)のコントロールが簡単にできるプレートを開発しました。 Xmasを発売記念日にしました。 年末年始の食べ過ぎで、体重がちょっと増えてしまったわ・・・。血糖値が・・・・、中性脂肪が・・・などなど気になるデータの改善に、きっとお役にたつことと思います。 http://www.healthy-plate.com/ 血糖値が下がった メタボが改善した こんなにお腹いっぱい食べれるダイエットは初めて 患者様からたくさんの声が届いています。 今、話題のご飯を食べなければやせる ・・・・・これって本当? ●炭水化物を減らせば、摂取熱量はへらしやすいので、体重は減る(血糖も下がる)。 ・・・でも、満腹感を得るために何が増えますか? ●ご飯を食べなければ、その分おかずにタンパク質食品を増やせばいい・・・・肉類の食べ過ぎが問題に! ●ブームの間違った低炭水化物食で・・・動脈硬化やガンの発症が報告されています。 大切なのは、 体に合った組み合わせで食べること! ヘルシープレートは、自分の体格に合わせ、オーダーメイドの食事が可能になります。 期間限定 3か月!! プレートを上下反対にして盛り付ければ、炭水化物60%の理想的な和食の栄養バランスに変身!!…

続きを読む

第59回日本栄養改善学会学術総会 坂根直樹先生と研究自由集会決定! 皆様名古屋へ!!

今年の「第59回日本栄養改善学会学術総会」は本学名古屋学芸大学)の徳留裕子先生を会長に、名古屋で開催されます。 http://www.kaizen59.jp/contents/staff.html そして、開催初日の夜 自由集会に参加申請していた 坂根直樹先生と私のコラボ 採用通知が届きました。 H22年 ~ H24 3年間取り組んできたカーボコントロールの研究が実を結び 昨年からは3年間 科研費を頂いての本格研究に突入! 今回の自由研究は 今話題の「カーボカウント法」と 私が開発した「簡単カーボコントロール法」  この2つを、坂根先生とご一緒に、体験ワークを取り入れながらご紹介していく予定です。 栄養士の皆様、是非名古屋に そして、栄養改善学会にご参加ください そして、初日の夜は私たちのセッションに、是非、是非 足をお運びください! 初日の9月12日 18:00~20:0 研究自由集会 「楽しく学ぶカーボカウント&カーボコントロール法」 坂根直樹(京都医療センター予防医学研究室)による、1型糖尿病患者に対するカーボカウント法と 山内惠子(名古屋学芸大学管理栄養学部)による、2型糖尿病・メタボに対する簡単カーボコントロール法の理論と演習 カーボカウントの導入のコツ 簡単カーボコントロール法の研究成果 0.5単位お食事カードや、ヘルシープレート®…

続きを読む

糖尿病が会での出会い・・・松本病院の青木雄次先生から嬉しいプレゼント 

今年の糖尿病学会は5月19日~21日に札幌で行われました。 私は、昨年、今年とメタボリック症候群の方や、2型糖尿病患者さんに役立つカーボコントロールの研究を、京都医療センターの坂根直樹先生と進めており 今年から3年間は、この研究を深めるために科研費を頂くことにもなりました。 本当は、札幌の糖尿病学会で、この研究の途中経過を発表するつもりが、抄録提出締め切り前に交通事故・・・ その後始末でバタバタしているうちに、機会をなくしてしまい、発表なしの気楽な学会参加だったのです。 そんな、ホンワカムードの学会参加の中で、坂根直樹先生が繋いでくださった感動の「再開」もありましたが、実はもう一つご縁がつながっていました。 http://ykeiko.at.webry.info/201105/article_9.html それが、まつもと医療センター 松本病院の 青木雄次先生です。 松本先生のところも、糖尿病の患者さんにカーボコントロールを実践されていて、  青木 雄次 (あおき ゆうじ)先生は長野県松本市の NHOまつもと医療センター 松本病院の外来診療部長さんです。 気さくで、コメディカル思いのハートフルな先生ですが 肩書は 日本内科学会認定医・指導医 日本糖尿病学会専門医・指導医 日本病態栄養学会評議員 栄養サポートチーム(NST)コーディネーター と、 ご立派な先生! 「…

続きを読む

「糖尿病・メタボの栄養指導とカウンセリング〈超入門〉 」 第2回目の受講者さんの声届きました。

日総研さん主催の「糖尿病・メタボの栄養指導とカウンセリング〈超入門〉 」第2回目無事修了!! 名古屋セミナーに引き続き、2月13日(土)・14日(日)に開催された東京の受講者様の声が 「日総研」の担当者さんから届きました。 http://ykeiko.at.webry.info/201002/article_2.html http://ykeiko.at.webry.info/201002/article_3.html たくさんの感想をありがとうございました。 受講者様の声 <1日目> 2/13 ●実際に指導を体験したり,お食事カードを見てさわってできてよかったです。 ●体験学習ってすごいなあ,と改めて思いました。病院でもバイキング形式のを年1回できるといいなと思っていたのですが,今日の食事指導にとても興味を持ちました。 ●精神科の病院に勤めています。難しい糖尿病の指導はなかなかできないのですが,バイキングのような簡単で楽しい教室をやってみようと思いました。 ●教育入院の2週間,バイキングもやっていますが,その都度実際に作っていますが,その準備がすごくたいへんです。0.5単位お食事カードを使えたらいいなと思いました。昨日,糖尿病の専門外来の方から「カーボカウントの話ができないか」と言われました。ご飯は減らす,お菓子は食べてもいいよという指導が行われていたので,今日のカーボカウントの講義をフィードバックしようと思いまし…

続きを読む

サッチャー元首相 1979年の総選挙前、“鉄の意志”で9キロの減量 はカーボカウント食だった

“鉄の女”が成功 卵ダイエット “糖質制限食”のお手本 2月11日の朝刊に  英国のサッチャー元首相(84)が1979年の総選挙前、“鉄の意志”で9キロの減量に成功した2週間限定の卵ダイエット。そもそも卵はコレステロールが高く、大量摂取は健康に悪い印象を受けるが健全な減量に卵は有効なのか? 公表されたサッチャー元首相のダイエットメニューを専門家に検証してもらった。(小川真由美) 2月11日7時56分配信 産経新聞 というような記事が出ています。 サッチャー財団が先月、ダイエットメニューを公表した。多い日は1日6個の卵を食べ、肉も週4日登場。減量中とは思えないメニューだが、検証したのはカーボカウント管理栄養士の大柳珠美さんがコメントしています。 この2日後の13日(土・東京)と、1週間前の6日(土・名古屋)に、日総研さん主催のセミナー「糖尿病・メタボの栄養指導とカウンセリング〈超入門〉 」を開催したばかりなので、超タイムリーな記事でした。 http://ykeiko.at.webry.info/201002/article_2.html 「メニューを見ると、パンやパスタなど糖質を多く含む主食が極端に少ない。さらに間食禁止のため、クッキーやケーキなど菓子類もなし。卵や野菜にも糖質は含まれるが、このメニューではインスリンが分泌される量ではないという。  このため、高タンパクの卵と週4日の肉類は1日に必要なエネルギーを補充するために不可欠。糖質を制限しているた…

続きを読む

可愛い保健師eriさん奮闘記!!⑥ ・・・その後のご報告

お久しぶりです。 大学の成績評価も締め切りの昨日1時に無事完了!・・・・やっと時間が取れるようになりました。 180本近い面談テープを聴き、その4倍、5倍あるレポートに目を通すのだけれど、つい面白くて読み込んでしまうから、この時期は何も手に付かない。 全部終わってホッとしたところに、アメリカの友人からメールが届いた。 http://ykeiko.at.webry.info/200910/article_8.html 可愛い保健師eriさん奮闘記!! シリーズのその後のご報告です。 『産後の検査では血糖値は正常に戻り 好きなものは食べられるようになったということです ただ、将来のことを心配してできるだけ身体に良いものを食べるように心がけているとのことでした もともと痩せているので、産後はすぐに体重が戻ったようですが 家の中にいてあまり動かない生活がしばらく続いて太ったと言っていました。 たぶん、もともとがやせすぎの体型なので、太ったと言ってもまだやせ気味に分類されるくらいだと思います。 週末は時間があるとこの寒い中でも、ジョギングをしているそうです。 今週末は念願の甘エビパーティをすることになりました。 生モノ禁止だった友人へのお祝いパーティも兼ねて ただ、今は糖尿病よりも育児に神経を張り詰めている感じがして やや心配です 今週末も 「泣いたらすぐに帰るから!」という始末 赤ちゃんなんだから、、絶対なくと思うんですが(^-^; …

続きを読む

可愛い保健師eriさん奮闘記!!⑤ 

「可愛い保健師eriさん 奮闘記!! の妊婦さんのご報告 私自身、ここの所忙しく、別ブログの徘徊を怠っていましたが 7日の日に、お友達の妊婦さんからの連絡があったそうです。 ご報告遅くなってしまいましたが 「妊婦の友人が 10月3日 無事女の子を出産しました~ 先ほど退院してきてメールを送ってくれました・・・」 とにかく無事出産で、よかった、よかったです。 ご報告!!

続きを読む

「可愛い保健師eriさん 奮闘記!! 」から繋がった 糖尿病の食事コントロール カーボンカウントの話

「可愛い保健師eriさん 奮闘記!! アメリカ在住の妊婦さん 糖尿病の食事でパニック!! 」シリーズをかくきっかけとなったのは、別の仲間とのブログに彼女の体験ルポがあった時、患者さんが理解できていない状況での栄養指導方法でよく起こる困った事例だなと感じました。 「言葉の通じない国での出来事だから・・・」でしょうか? 言葉の通じる日本においても、医療者の説明不足や技術不足、受け手の患者さん側の理解不足や受け止め方の違い・・・などなどで同様なことは起こっています。 そのまま書き込んでおくことで、きっとアクセスしてくる方がいるだろう そんな期待を持って eriさんの許可をいただいて、シリーズ化していました。 そんな期待に応えてくださったのが、ご苦労の末、信頼できる先生にめぐり合え、カーボカウント法を実践され、薬からも離脱できたとおっしゃる、宮本さんです。  その後、彼の足跡をたどって、宮本さんのブログ「セルフ コントロール ラリー」を訪問しました。 http://rise-up.at.webry.info/ 宮本さんは私の書き込みに対し、「糖尿病の食事療法についての論議…」と言うテーマで同じ関心を持つ皆さんに論議の場を立ち上げてくださいました。 http://rise-up.at.webry.info/200909/article_9.html 何人もの方が、この論議に参加しています。 私自身も大変勉強になりました。   宮本さんご自身が、SMBGでの確認…

続きを読む

可愛い保健師eriさん奮闘記!!④ へのコメントにお答えします。 カーボカウント・GI値にも触れて

「可愛い保健師eriさん 奮闘記!! ④  アメリカ在住の妊婦さん 糖尿病の食事でパニック!! 」 のコメントに書き込みをいただきました。 お返事がかなり長くなるので、1ページ立ち上げましたので、宮本さ~ん!! こちらをお読みください。 sho 2009/09/14 17:39 山内さま。 初めまして。 宮本と申します。 質問があります。 初めてなのに、不躾であることを、まず、お詫びします。 低脂質、高炭水化物の食事療法で、何故、糖尿病が改善されるのか…教えていただけませんでしょうか? また、炭水化物摂取後の血糖値の動きをご存知ですか? 糖尿病患者の食後血糖を、確認したことがあるのでしょうか? 私は、食後2時間の血糖を、高炭水化物の食事ではコントロールできません。 できない患者は、インスリンを使いなさい…ということでしょうか? 私自身、糖尿病ですが、日本の高炭水化物、低脂質、カロリー制限の食事療法を守って、糖尿病を悪化させてきました。 薬だけがいたずらに増えた挙句、「インスリンに切り替えです」といわれたのです。 ここ2年、主治医を変え、糖尿病専門医の指導を得て、糖質に注意を払うような食事に切り替えて、今では薬からも離脱し、コントロールを取り戻しています。 我々は、真剣に糖尿病と闘っています。 カーボカウントを茶化さずに、治療効果の実績とうものを、勘案できないでしょうか。 どのように、お考えでしょう…

続きを読む

可愛い保健師eriさん 奮闘記!!④ アメリカ在住の妊婦さん 糖尿病の食事でパニック!!

eriさんの ジョスリン糖尿病セミナーの食事編 です http://ykeiko.at.webry.info/200909/article_7.html 「先日のジョスリン糖尿病セミナーの食事編 30分くらいで、歯のことと一緒にドババババと もうダッシュで駆け抜けながら 「どう思う?誰かわかる?」とか質問も入れるから 大変ないきおいだった 米国では糖尿病の食事のコントロールは 摂取する 炭水化物の量 を基準にしている かといって、カロリーがフリーってことはないと思うけど。 食品成分表示の見かた(食物繊維を3g以上含んでいるものを推奨) 食事量のコントロールは (23cmのお皿で説明) 半分は野菜(でんぷん質でない野菜) 1/4はたんぱく質 1/4は炭水化物 人によって皿の大きさは変わるんだろうか あと、10cmのお茶碗で説明してるって言ってたけど ちっちゃくない?? やっぱり、炭水化物 日本よりすくないよね・・ 最後に 「どんな軽食がいいか」という内容で ・枝豆1カップ(多いよ・・さやも含んでいるのか?) ・リンゴと木の実のバター(バターいる?) ・低脂肪ヨーグルトとナッツ(ナッツ入れなくても・・) (炭水化物は15g以下) ・ピーマンと低オイルドレッシング ・こんにゃくサラダごま風味 ・海藻と豆腐のサラダ (この3つはどれだけ食べてもいいらしい) やっ…

続きを読む

可愛い保健師eriさん 奮闘記!! ③  アメリカ在住の妊婦さん 糖尿病の食事でパニック!!

救急医療の最前線で働いていた友人「可愛い保健師eriさん」は夫の仕事の関係で、アメリカに住むことになりました。 そこで出会った 同じ日本人妊婦さんからのSOS   参考になることが詰まってる・・・・「この可愛い保健師eriさん 奮闘記!!」 は、ご本人の了解を得て書き込んでいます。 http://ykeiko.at.webry.info/200909/article_2.html http://ykeiko.at.webry.info/200909/article_3.html 今回は、ジョスリンの管理栄養士さんが、食事の話と口腔衛生について 話すと言うことで、現地の「糖尿病セミナー」に参加したレポートです。 妊婦の友人を誘うか最後まで迷ったんだけど、 もっとナーバスになってしまうような気がするし、 それか、混乱してしまうかも・・・ 自分の主治医を信用できなくなったらよくないし・・・ ・・・・と色々考えた末、旦那様と二人で 糖尿病のお勉強に・・・・すごいでしょ!! 「まずは Dr William C Hsu のお話 この先生はジョスリンのAADI(Asian American Diabetes Initiative )の人で、AADIってのは、研究だけじゃなくって糖尿病の教育活動も行っているそうです。 まずは、アメリカにおけるアジア人の糖尿病発症率から 人種別にみるとアジア人はやはり発症率が高いようですね。 …

続きを読む

可愛い保健師eriさん 奮闘記!! ②  アメリカ在住の妊婦さん 糖尿病の食事でパニック!! 

アメリカで妊娠、糖尿病に!!  現地ドクターから「日本の糖尿病食は基準が甘すぎる。日本はこれ以上平均寿命を延ばしたくないから、ちゃんと管理しないんでしょ?」とののしられ 「揚げ物とか肉とが食べなさい」とか「米や糖質を食べるな」という指導報告に 私のスイッチが入った!! http://ykeiko.at.webry.info/200909/article_2.html 可愛い保健師eriさん   頑張ってね!! さっそく 「eriさん頑張りました。 「妊婦の友人に 日本のスペシャリストがたくさんついてるから安心して! と話しましたよ お弁当ワークの図を見ながら 「そうね・・」 主食が主菜くらいで 主菜はほんの少し 野菜はこれ以上かな と言っていました 主食はこのくらい取っても大丈夫だよ~と言ったら なんかちょっと安心したようでした 「炭水化物が足りないと妙にいらいらしませんか?」 と彼女 そうなのよ!!! 力説する私 そう、私は炭水化物が足りなくて 妙にいらいらしたし おなか減っておやつ食べたくてストレスがたまってしまったことを話し このお弁当ワークでご飯をちゃんと食べるようになって おやつ食べなくても平気になったよ! と言ったら やっぱり3食ちゃんと食べるって大切なのね と言っていました 今日ちらっと話してくれたのは 「昨日全粒粉のク…

続きを読む

アメリカ在住の妊婦さん 糖尿病の食事でパニック!! 可愛い保健師eriさん 奮闘記!!

保健師の友人が現在ご主人お仕事の関係でボストンに滞在しています。 毎日届く奮闘記を読むのがとても楽しい!! ところが、一昨日通っている英会話教室の友人のことで書き込みが・・・ 「友人がもうすぐ臨月です 週末産科の見学(birth tourというらしい)に行ってきました。 彼女は、妊娠後の検査でびみょーーーに血糖値が高く食事制限をしています。 白米・白いパン・芋・果物禁止です 玄米もちょっとだけ。 彼女は病院で 「日本の糖尿病食は基準が甘すぎる。日本はこれ以上平均寿命を延ばしたくないから、ちゃんと管理しないんでしょ?」 と言われたそうです かわいそうに・・なんの罪もない一般人の妊婦に 日本の糖尿病管理について文句を言うなんて 糖には厳しいくせに カロリーはフリーなのか 「揚げ物とか肉とが食べなさい」 とか言うらしいです・・ 彼女はまじめな性格なので ちゃんと言われたことを守って頑張っています なれない環境で 食べたい白米も食べれず 玄米をちょっと多めによそったとき 夫に冗談で 「ちょっと多いんじゃない?」といわれ 号泣したそうです 食べることが制限されるってほんとにストレスよ!!と しかし心配性な妊婦は 「出産後も戻らない人もいるみたいだし、どのくらいで将来発症するんだろう・・目が見えなくなったり、透析になったりするんでしょ?」 遺伝性もないようですし もともとやせ形 運動も十分 食事も…

続きを読む