NHK テレビ 『きょうの健康』 仕切りの付いたプレートは「山内惠子のヘルシープレート」です!!

皆様におしらせです。 ヘルシープレートがNHKで紹介されました。 京都医療センターの坂根直樹先生のおはなしの中ですが(^ ^) NHK テレビ 『きょうの健康』 糖尿病 ヘルシープレートの登場は、8月5日でした。 「糖尿病 これならできる自己管理」 ・8月3日(月)20:30〜20:45「しのびよる合併症」 ・8月4日(火)20:30〜20:45「運動量を増やす秘策」 ・8月5日(水)20:30〜20:45「食べ過ぎない秘策:食卓編」(^ ^)ここでヘルシープレート登場します。 ・8月6日(木)20:30〜20:45「食べ過ぎない秘策:生活編」  =翌週の8月10日(月)〜13日(木)13:35〜13:50 に再放送だそうです。 是非、ご覧ください。 ヘルシープレートのご注文はこちら Amazon キッチン HPYK でも販売しています。 ヘルシープレートA(メタボ・ダイエット・小柄な人用) ヘルシープレートC(バランス食用・小学生から高齢者まで・・・糖尿病の男性はこちらがお勧め) ヘルシープレートB(無地・・・応用範囲色々・・・低たんぱく食にも有効活用可能)

続きを読む

名古屋の名東区にオープンした「ひだまりクリニック」でヘルシープレートお披露目していただきました。

ブログUPを随分サボっておりました。最近のヘルシープレート情報やセミナーネタをUPしていきます。 10月2日に糖尿病、ぜんそくを専門とする内科クリニック「ひだまりクリニック」が開院しました。 https://www.facebook.com/hidamaricl?fref=photo 滝先生も素敵な先生ですが、採用されたのは、実は私がヘルシープレートの研究をスタートさせた時のゼミ生「太田萌菜」さんです。 彼女の持っているスキルはとても素晴らしく、もちろんヘルシープレートを活用した「簡単カーボコントロール法」は完全マスター! 前職の某市民病院では、1型糖尿病患者様対象に「カーボカウント」の実践指導も行ってきたので、こちらも楽々OK 学生時代に「傾聴支援士」の資格取得、その後卒業後も毎月のカウンセリング勉強会で腕を磨いて「健康行動変容支援士」の資格ゲット、現在「ヘルスカウンセラー」目指してスキルUP中 同じく学生時代に「ノルディックウォーキングインストラクター」や「禁煙アドバイザー」の資格もゲット 良く学び、よく遊びのそんな能力と人柄を買われての採用だったので、9月27・28日に行われた内覧会では、ヘルシープレートを用いてのイベントコーナーで、大活躍でした。 なかなか素敵なイベントコーナーでしたので、ご紹介させていただきます。

続きを読む

糖尿病患者会「元気会」の講演会ご案内 

糖尿病患者会「元気会」は、日本で初めての患者独立型の患者会です。 日本糖尿病友の会 元気会は、山内惠子(現・名古屋学芸大学 准教授)が岡崎市医師会公衆衛生センター在職中の平成8年に、糖尿病教室第6回修了生より発足し、患者主体の活動をする患者会としては全国でも始めてのケースとして誕生し、初代会長 佐々木氏が退任されるまでの15年間、患者独立型友の会として活動を続けてきました。会員の高齢化に伴い、現在は管理栄養士のボランティア支援で継続活動を続け、H24年度9月より、NPO法人 Japan こころとからだのハッピーサポート協会の傘下(ボランティア部門)に加わることとなりました。    糖尿病教室と総会 日時 2014年.6月29日(土)10:00〜13:00 会場 岡崎市 東部地域交流センター むらさき館 〒444-3523 岡崎市藤川町字田中19番地 電話 0564-66-3066 FAX 0564-48-1680 内容    9:30~     受付   10:00~10:30  総会  10:30~12:00    講演会 「検査値の意味」と「糖尿病治療の最近の話題」 (仮題)       講師 岡崎市医師会公衆衛生センター 山岸 美和子先生  12:00~13:00 昼食 談話    13:00 解散  詳細は Japan こ…

続きを読む

 「血糖値、採血せず光で測定」・・・次世代の検査法?これからの時代、どまで変わるんだろう!!

血糖値、採血せず光で測定 県内メーカーなど年内にも試作機 長野県内ニュース 信毎Web 01月03日(火)配信  採血しなくも近赤外線を当てるだけで血糖値が分かります―。県内の精密機器部品メーカーや研究機関でつくる研究会が開発を進める小型血糖値測定機器の試作機が年内にも完成する。白熱電球などが発する近赤外線の反射光を解析して血糖値を割り出す仕組みで、早ければ2013年にも市場に投入したい考え。実用化されれば、国内約1070万人、世界で3億6600万人いるとされる糖尿病患者にとって、体調管理や経済的な負担の軽減につながる。  血糖値は、手の指先などから針で少量の血液を採取して測るのが一般的。だが、痛みや手間が伴う上に、血液を付けて値を計測するための使い捨て検査チップの経費もかさむ。血糖値は食後などに大きく変化するため、医療現場では、常時携帯でき、24時間を通して測定できる簡便な機器のニーズが高い。  県内では精密機器部品メーカーやソフトウエア開発会社、信大、県テクノ財団(長野市)が、代表者15人による研究会を昨夏に結成、機器の開発に着手した。  物質に光を当てると、分子構造に対応した光を吸収する性質を応用。近赤外線は波長帯が広く照射対象に吸収されやすいほか、光源の入手も容易なため、医療機器や観測の計器などに多く利用されている。研究会が開発中の機器は、その反射光を解析し、データを照らし合わせることで、血中のグルコース(ブドウ糖)の濃度を測る。  研究会…

続きを読む

糖尿病が会での出会い・・・松本病院の青木雄次先生から嬉しいプレゼント 

今年の糖尿病学会は5月19日~21日に札幌で行われました。 私は、昨年、今年とメタボリック症候群の方や、2型糖尿病患者さんに役立つカーボコントロールの研究を、京都医療センターの坂根直樹先生と進めており 今年から3年間は、この研究を深めるために科研費を頂くことにもなりました。 本当は、札幌の糖尿病学会で、この研究の途中経過を発表するつもりが、抄録提出締め切り前に交通事故・・・ その後始末でバタバタしているうちに、機会をなくしてしまい、発表なしの気楽な学会参加だったのです。 そんな、ホンワカムードの学会参加の中で、坂根直樹先生が繋いでくださった感動の「再開」もありましたが、実はもう一つご縁がつながっていました。 http://ykeiko.at.webry.info/201105/article_9.html それが、まつもと医療センター 松本病院の 青木雄次先生です。 松本先生のところも、糖尿病の患者さんにカーボコントロールを実践されていて、  青木 雄次 (あおき ゆうじ)先生は長野県松本市の NHOまつもと医療センター 松本病院の外来診療部長さんです。 気さくで、コメディカル思いのハートフルな先生ですが 肩書は 日本内科学会認定医・指導医 日本糖尿病学会専門医・指導医 日本病態栄養学会評議員 栄養サポートチーム(NST)コーディネーター と、 ご立派な先生! 「…

続きを読む

糖尿病患者会「元気会」15周年の記念公演は坂根 直樹 先生ですよ~

前職の岡崎市医師会公衆衛生センターにいたころ、糖尿病教室に参加された患者さんの会「元気会」というのを立ち上げました。 http://ykeiko.at.webry.info/201002/article_9.html http://ykeiko.at.webry.info/201004/article_10.html 今年は設立15周年 そこで、坂根先生にお願いしちゃいました・ 糖尿病友の会岡崎元気会 創立15周年記念講演会 「糖尿病とうまく付き合おう!」 ≪講師≫ 京都医療センター 臨床研究センター 予防医学研究室長  坂根 直樹 先生 日時:平成23年8月28日(日) 午前10:00~11:30 場所:げんき館 3階講堂 *講演の後に食事会を開催します。参加希望の方は弁当(700円)のお申し込みをお願いいたします。 会費  会員の参加は無料、弁当ありは700円 非会員は参加費500円、弁当ありは1,200円 申込  元気会事務局:後藤恵子まで 電話・Fax:45-5770    または E-mail:gotoh_wisteria@nifty.comへ 8月21日までに参加者の氏名、連絡先をお知らせください。 定員  80名(元気会会員以外は先着です。) 主催:糖尿病友の会岡崎「元気会」 ご希望の方はどうぞご参加ください。 お弁当注文の関係があるので、8月21日までにご…

続きを読む

患者主体型の糖尿病患者会「元気会」は今年で15周年を!!記念大会は坂根先生をお招きすることに決定!

昨日は、糖尿病患者会「元気会」の総会とノルディックウォーキングを楽しむ会でした。 http://ykeiko.at.webry.info/201105/article_11.html あいにくの雨でしたが、室内でのストレッチや、ポールを使ったストレッチで軽く汗をかいた後、外に出て建物前の屋根つきの一郭をエンジンを描きながら、参加された患者さんが正しいフォームができるようになるまで、ポールウオークしました。 雨の中でも気分爽快! 集まった患者会の皆さんは大喜びでした。 書して、会食のお弁当を食べながら・・・ 15周年の記念イベントは 2011年8月28日(日)に 京都医療センターの 坂根直樹先生に 記の念ご講演をいただくことに決まりました。 患者会の皆さん以外にも、管内栄養士会や、食生活改善推進員の皆様にもお声をかけて、大きな会になりそうです。 楽しく患者をやる気にさせる糖尿病教育 —体験型糖尿病教室のススメ—日本医学出版坂根 直樹ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by 疾患別・患者タイプ別栄養指導レッスン ニュートリションケア2010年秋季増刊 (単行本・ムック) / 坂根 直樹 編CD&DVD NEOWING★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。楽天市場 by

続きを読む

今日は、糖尿病患者会「元気会」の総会とノルディックウォーキングを楽しむ会です。システム

今日は、糖尿病患者会「元気会」の総会とノルディックウォーキングを楽しむ会です。 でも、あいにくのお天気 先日、下記 ブログで紹介した糖尿病患者会の行事です。 感動の再開! 坂根直樹先生が繋いでくださったご縁 http://ykeiko.at.webry.info/201105/article_9.html 1999年の糖尿病学会(公募ワークショップ)「岡崎市医師会における糖尿病患者教育システム」で 日本で初めて誕生した、患者主体型の糖尿病患者会「元気会」は 2006年に10周年を記念し、2011年は15周年になるのです。 日本糖尿病友の会 岡崎 元気会は、平成8年に、岡崎市医師会公衆衛生センター糖尿病教室第6回修了生より発足し、患者主体の活動をする患者会としては全国でも始めてのケースとして今日に至っています。  一旦糖尿病を発病すると、直ることはまず難しく、いかにして糖尿病と上手に付き合っていくかということが大切になってきます。 従ってそのために必要な学習の場を作ることで、病気に立ち向かうための知識の習得、食事療法や運動療法の実践のスキルを身につけることや、同じ悩みを共有し、共に支えあうことのできる仲間作りを大切に、15年間の歩みを続けているのですね。 会員の高齢化および、新たな会員の確保という課題を抱えています。 2006年の10周年記念では 新たに岡崎市民にむけて糖尿病の予防、および正しい知識の普及啓蒙のために、糖尿病患者…

続きを読む

日本人患者で発見!! 2型糖尿病の新関連遺伝子の働きが悪いとインスリン減少・・・糖尿病になりやすい!

時事通信 9月6日(月)2時3分配信  日本人など東アジア人は、欧米人に比べ、それほど肥満でなくても2型糖尿病を発症することが多いが、その理由の一つとなる新たな遺伝子が見つかった。  東京大や理化学研究所などの国際研究チームが、患者と健康な人について、大規模な全遺伝情報(ゲノム)の比較解析を行って発見し、米科学誌ネイチャー・ジェネティクス電子版に6日発表した。  この「UBE2E2」遺伝子は、血糖値を下げるインスリンの分泌に関与する。  遺伝子を構成するDNA塩基配列が特定のタイプの場合、働きが悪くなって発症確率が1.2倍に高まる。 日本人患者の15%がこのタイプと考えられる。  東大医学部の門脇孝教授によると、欧米人はインスリンの効き目が悪くなって発症することが多いが、日本人はもともと少ないインスリンの分泌量がさらに減って発症する場合が目立つ。  UBE2E2遺伝子は日本と韓国、香港、シンガポールの患者で関連が確認されたが、フランスなどの患者では関連がなかった。  2型は日本人の糖尿病患者の9割を占め、食べ過ぎや運動不足などの生活習慣と遺伝の両方が原因となる。  今回の比較解析では、東アジアと欧米の患者に共通する別の関連遺伝子も見つかり、日本人患者では過去の発見分を含め、計13個の遺伝子が関与していることが分かった。  研究成果は糖尿病の予防や新薬開発に役立つと期待される。   日本人の方が糖尿病になりやすいということは、ず…

続きを読む

糖尿病患者手帳が 新しく変わりますよ 糖尿病連携手帳になります

今週金曜日の夜は、坂根先生を中心に定例で行われている「さんまの会」に初めて参加させていただきました。 先生からのホットニュースは「糖尿病連携手帳」のことでしたのでご紹介します。 後は、内輪の会のようなので・・・。ごめんなさい。 糖尿病連携手帳は、関西電力病院で、日本糖尿病協会理事長の院長 清野 裕 先生を中心に 新しい内容で、サイズも少し大きくなって 患者様と病院、診療所が連携をとって、糖尿病療養をサポートできるように改善されました。 患者さんや医療スタッフさんは無料で活用できますよ。 大きな特徴は「糖尿病連携パス」という考え方が取り入れられました。 日本の糖尿病患者は約900万人と言われています。 この中で、糖尿病治療で病院を受診している人が約300万人、治療を継続している人が200万人程度です。 糖尿病の患者さんのできるだけ多くが、専門医による適切な治療を受けられるようにするためには、「質の均一化」と「患者さんの教育」だと、清野先生と同じ関西電力病院の 糖尿病・栄養・内分泌内科 副部長の矢部 大介 先生はおっしゃっています。 現在の糖尿病専門医数では、80万人から100万人程度の患者さんしか診ることができませんが 専門医とかかりつけ医が役割分担すること、それが糖尿病治療における地域医療連携の大きな意義だそうです。 かかり…

続きを読む

1型糖尿病とウイルス感染の関連を解明 83%に腸内ウイルス感染歴

,新しい発見が、糖尿病の予防や治療につながっていくことは嬉しいことだ!! 1型糖尿病とウイルス感染の関連を解明 83%に腸内ウイルス感染歴 2010年05月31日  1型糖尿病の患者の83%で、腸管内で増殖する「エンテロウイルス」の感染歴が確認されたとする研究成果がイタリアの研究者によって発表された。  この研究は、サンディエゴで開催された米国微生物学会(American Society for Microbiology)の年次学術集会で5月24日に、インスブリア大学(イタリア北部バレーゼ)のAntonio Toniolo教授(微生物学)の研究チームが発表したもの  1型糖尿病は小児・若年期に発症することが多く、小児糖尿病やインスリン依存型糖尿病と称されることが多い。何らかの原因で膵臓の細胞が破壊され発症すると考えられている。ウイルス感染に対し免疫細胞が過剰に反応し膵臓のβ細胞も破壊されてしまい、インスリンを産生できなくなることが要因として指摘されている。  1型糖尿病ではインスリンが絶対的に欠乏するので、生命を維持するためにインスリン治療が不可欠となる。1型糖尿病の発症メカニズムについては分かっていないことが多い。そのため1型糖尿病発症の背景にある環境的な原因(後天的原因)の解明が待たれている。  Toniolo教授ら研究チームは、イタリアのヴァレーズとピサの小児内分泌内科に通院する2〜16歳の1型糖尿病患者112人を対象に、診断の際に血…

続きを読む

糖尿病学会学術大会、そしてリスカン(listening conversation)体験してきました2

昨日の続きです。 http://ykeiko.at.webry.info/201006/article_1.html 昨年、インフルエンザの影響で、学会参加ができなかったこともあってか、今年の学会会場は異常な熱気に包まれていて、どの会場に行っても人でいっぱい! 早めに外に出てランチを済ませ、午後からはかつての共同研究者である藤井徹先生のポスター発表を拝聴し、先生の同行者の方と展示会場を回っていた時のことです・・・ 「もし、時間があったら来てください」 何気に受け取ったチラシ いつもなら読まずにゴミ箱にポイ! 見ると・・・ リスカンin 岡山(第53回日本糖尿病学会年次学術集会) 実践!療養指導のためのロールプレイ ~患者さんの気持ちになってみませんか?~ 日時: 2010年5月28日(金)15:30~17:30 会場: 岡山コンベンションセンター405会議室 という文字が目に入ったのです。 あとは、もう、引き寄せられるように会場入り ワークのお仲間入りをすることになりました。 すでに、満席状態でしたが、席を増やしグループワークに無理無理いれていただけた事が幸いでした。 『「リスカン」という言葉は、communicationの大事な構成要素であるlisteningとconversationからの私たちの造語で、「患者さんの言葉や視線・態度などあらゆるサインに耳を傾け心を配り、患者さんと…

続きを読む

糖尿病学会学術大会、そしてリスカン(listening conversation)体験してきました。

糖尿病学会期間中、そしてその後もしばらくの間ブログUPができなくて、ご迷惑おかけしました。 この間もたくさんの皆様にご訪問いただき、ありがとうございました。(感謝) 5月27日(木)、授業終了後に、新幹線に飛び乗って、岡山めがけて出発しました。 昨年、インフルエンザの影響で、学会参加ができなかったこともあってか、今年の学会会場は異常な熱気に包まれていました。 当然岡山市内のホテルもとれず、昔一人旅やら、娘の小学校卒業記母娘旅行で訪れた事のある倉敷にホテルをゲット! 当然、9時近くにやっとホテル到着予定だから、木曜日の岡山はスルーと決めていました。 ところが、午後になって、昔懐かしい共同研究者だったDrから「いつ岡山に来るの?一緒に食事しよう。紹介したい人もいるから連絡して!」との熱烈ラブコール。 「ひえ~、嬉しい!!」 もちろん会席は会場近くの高級料亭 8時半ごろ岡山に到着、美味しいお料理とお酒、楽しく盛り上がった久々の会話で、ホテルにチェックインは日付が変わっていました。 翌朝は、ランチョンセミナーのチケットゲットしなきゃと、7時にはホテルを出たのですが・・・・ なんと、携帯予約も取れるようになっていて、事前にシステム学習もせず出かけた私が悪い・・・ どのセミナーも満員御礼、それどころか土曜日の分の予約も残りわずかで、希望のセミナーへの参加はとてもできない状況でした。 ランチョンセミアーはあきらめて、さっそく、まじめにお勉…

続きを読む

笑いの研究でご縁があった タカアンドトシのトシさん、ご結婚おめでとうございます!!

 お笑いコンビ・タカアンドトシのトシさんが24日、高校の同級生だった初恋相手の一般女性の方と、16年間の愛を実らせ、友引の今月7日に入籍していたことが分かったということで、昨日のニュースで大変話題になっていました。 トシさんは「この度結婚させて頂きました。これからは家庭に仕事に頑張っていきたいと思いますので応援よろしくお願いします」と喜びを報告したとのことです。 よかった、よかった。 タカアンドトシさんとのご縁は、 かつて筑波大学の名誉教授「村上和夫先生」とご一緒に、糖尿病患者さんを対象とした「笑いと血糖値」に関する研究のとき 笑いの介入研究のためにビデオを作ろうということで、その製作にかかわっていただいたことです。 この研究では、B&Bやザ・ボンチさんの漫才で大笑いすることで、糖尿病患者さんの血糖値上昇を抑制することができ、関連する遺伝子も見つかったという話は、みなさんよくご存じだと思います。 しかし、これは「笑いの短期効果」 「笑いを日常的に取り入れることで、本当に糖尿病患者さんの、血糖コントロールが良くなるだろうか?」 と、そんな笑いの長期効果の検討の打ち合わせ話をしていた時 「患者さんに、漫才のビデオを貸し出しても見てもらえない それでは介入したことにならないよね」・…と、そんな話題に発展しました。 その時、 私の頭に電気が光ったのです。 「だったら、笑ったと同じような状況を作れるビデオを作って、患者さんの…

続きを読む

脳卒中予防十か条の回答で~す

糖尿病の患者会総会の講演 名古屋市東部医療センター 東市民病院 神経内科医師  夛田 昌史先生のお話に出てきた「脳卒中予防十か条」の問題、考えてみましたか? これが回答です。 http://ykeiko.at.webry.info/201004/article_11.html 脳卒中予防十か条 1. 手始めに ○○○から 治しましょう 2. ○○○ 放っておいたら 悔い残る 3. ○○○ 見つかり次第 すぐ受診 4. 予防には  ○○○を止める 意志を持て 5. ○○○○○ 控えめは薬 過ぎれば毒 6. 高すぎる  ○○○○○○○も 見逃すな 7. お食事の  ○○・ ○○ 控えめに 8. 体力に 合った○○ 続けよう 9. 万病の 引き金になる  ○○すぎ 10. ○○○ 起きたらすぐに 病院へ 回 答 1. 手始めに 高血圧から 治しましょう 2.糖尿病 放っておいたら 悔い残る 3. 不整脈 見つかり次第 すぐ受診 4. 予防には  タバコを止める 意志を持て 5. アルコール 控えめは薬 過ぎれば毒 6. 高すぎる  コレステロール も 見逃すな 7. お食事の  塩分・脂肪 控えめに 8. 体力に 合った運動 続けよう 9. 万病の 引き金になる  太りすぎ 10. 脳卒中 起きたらすぐに 病院へ 以上でした。 皆さん…

続きを読む

夛田 昌史先生の「脳卒中(脳血管障害)と環境」のお話、面白かったです。

先週、糖尿病の患者会総会の講演 名古屋市東部医療センター 東市民病院 神経内科医師  夛田 昌史先生のお話、とっても分かりやすくてよかったです。 http://ykeiko.at.webry.info/201004/article_10.html http://www.kawai-juku.ac.jp/kawaijuku/ob/200911.html 脳血管障害とは,脳卒中とほぼ同義語で、脳の血管が詰まり血液が届かなくなったり,もしくは脳の血管が破れて出血するなど,脳の血管の障害に由来する病気です。 昔は中風や中気といわれていましたが 中風の「風」は、体の外部環境のことで,中風は風に中(あた)って倒れる病 中気の「気」は、体の内部環境のことで,中気は気が中(あた)って倒れる病 外部環境には  自然的環境 = 風(外部環境)→是正不可能な危険因子            自然の摂理に従ったものであり,変更不可能(年齢,性別,人種,居住地,気候,など)  社会的環境 = 気(内部環境)→是正可能な危険因子            個人,社会の力により変更可能(食事,嗜好,運動,仕事,ストレス,など) がありますね。 脳卒中とは,脳の血管が詰まり血液が届かなくなったり,もしくは脳の血管が破れて出血するなど,脳の血管の障害に由来する病気で、主に次の3つに分けられます ○脳梗塞(昔は,脳軟化症)    脳を栄養している血管が詰まり,脳の細…

続きを読む

4月25日は糖尿病患者会「元気会」の総会です。

岡崎医師会公衆衛生センター在職中、地域の病医院の先生方との病診連携で、糖尿病教室を開講していした。 そのときの教室修了された患者さんの中から生まれた患者会「元気会」 http://ykeiko.at.webry.info/201002/article_9.html 「あんたげんきかい」の掛け声からついたネーミングで、地域のボランティア栄養士がサポートこそすれ、全て患者さんが主体的に活動する会に成長しました。 当時、第42 回日本糖尿病学会年次学術集会の公募ワークショップで、紹介させていただいた「患者主体の患者会」も、今年で誕生15年目を迎えました。 会員さんたちも皆さん高齢化で 前回の料理教室のときに、「今年度の総会、講演会テーマは何にする?」と話し合った時 上がった言葉は 「やっぱり、脳の病気が心配だ。専門の先生から話が聞きたいな」・・・と 合併症が、どうのこうのは過ぎ去った 患者さんたちの声だなと納得してしまった。 「そうだね、寝たきりにならないように。また、なったとしてもどうしたらいいかわかっていたほうがいいね」と・・・ 今回の総会講演は 「脳梗塞を正しく知ろう」 名古屋市立東市民病院の神経内科 医師の夛田昌史先生です。 http://www.kawai-juku.ac.jp/kawaijuku/ob/200911.html 先生は患者さんのメンタルケアにも強い関心を待たれ、ご自身がカウンセリングス…

続きを読む

今週末は 糖尿病患者会とヘルスカウンセリング勉強会yjapan だ 週末も大忙し!!

昭和の終わりから平成12年まで在籍していた岡崎医師会公衆衛生センターで開催していた糖尿病教室 その受講者さんの中から生まれた患者会・・・今年で14年目・・・かな? 栄養士になりたての頃、私は済生会宇都宮病院の栄養士だった。 当時、慶応病院で実施されていた糖尿病教室に刺激を受けて、ドクターやナースを巻き込み、第1回の教室を開催した。 でも、その後結婚退職、夫の仕事の関係で福岡、東京、愛知へと流れつき、子育てに夢中になっていたけど 再就職した健診センターで やっぱり、夢半ばでやり遂げていなかったことに火がついた。 健診センターだから、本当はドックや健診業務の事後指導だけでもいいんだけど 幸い、勤務したところは医師会だから、開業医のドクターがお相手 病態栄養相談室や糖尿病教室な、運動負荷にあわせた慢性疾患患者指導どなど 会員向けのサービスということでいろんなことが企画が実施できた。 今思えば、やりたがりの私にはピッタリの職場だったなあ~ 糖尿病教室は、毎回各病医院から予約制で40人ほど集め 隔週1回×4回+フローアップ で年2クール実施していたけど、その中から患者会を作ろうという声がでてきて どうせやるなら、患者さんが自分たちの力で歩んでいける自立型の会に育てようと、仲間の栄養士や保健師は脇役に徹して13年間 会の企画から運営まで、患者さん中心でやってこれるようサポートし続けてきた さすがに13年過ぎ、会の高…

続きを読む

「糖尿病・メタボの栄養指導とカウンセリング〈超入門〉 」 第2回目の受講者さんの声届きました。

日総研さん主催の「糖尿病・メタボの栄養指導とカウンセリング〈超入門〉 」第2回目無事修了!! 名古屋セミナーに引き続き、2月13日(土)・14日(日)に開催された東京の受講者様の声が 「日総研」の担当者さんから届きました。 http://ykeiko.at.webry.info/201002/article_2.html http://ykeiko.at.webry.info/201002/article_3.html たくさんの感想をありがとうございました。 受講者様の声 <1日目> 2/13 ●実際に指導を体験したり,お食事カードを見てさわってできてよかったです。 ●体験学習ってすごいなあ,と改めて思いました。病院でもバイキング形式のを年1回できるといいなと思っていたのですが,今日の食事指導にとても興味を持ちました。 ●精神科の病院に勤めています。難しい糖尿病の指導はなかなかできないのですが,バイキングのような簡単で楽しい教室をやってみようと思いました。 ●教育入院の2週間,バイキングもやっていますが,その都度実際に作っていますが,その準備がすごくたいへんです。0.5単位お食事カードを使えたらいいなと思いました。昨日,糖尿病の専門外来の方から「カーボカウントの話ができないか」と言われました。ご飯は減らす,お菓子は食べてもいいよという指導が行われていたので,今日のカーボカウントの講義をフィードバックしようと思いまし…

続きを読む

サッチャー元首相 1979年の総選挙前、“鉄の意志”で9キロの減量 はカーボカウント食だった

“鉄の女”が成功 卵ダイエット “糖質制限食”のお手本 2月11日の朝刊に  英国のサッチャー元首相(84)が1979年の総選挙前、“鉄の意志”で9キロの減量に成功した2週間限定の卵ダイエット。そもそも卵はコレステロールが高く、大量摂取は健康に悪い印象を受けるが健全な減量に卵は有効なのか? 公表されたサッチャー元首相のダイエットメニューを専門家に検証してもらった。(小川真由美) 2月11日7時56分配信 産経新聞 というような記事が出ています。 サッチャー財団が先月、ダイエットメニューを公表した。多い日は1日6個の卵を食べ、肉も週4日登場。減量中とは思えないメニューだが、検証したのはカーボカウント管理栄養士の大柳珠美さんがコメントしています。 この2日後の13日(土・東京)と、1週間前の6日(土・名古屋)に、日総研さん主催のセミナー「糖尿病・メタボの栄養指導とカウンセリング〈超入門〉 」を開催したばかりなので、超タイムリーな記事でした。 http://ykeiko.at.webry.info/201002/article_2.html 「メニューを見ると、パンやパスタなど糖質を多く含む主食が極端に少ない。さらに間食禁止のため、クッキーやケーキなど菓子類もなし。卵や野菜にも糖質は含まれるが、このメニューではインスリンが分泌される量ではないという。  このため、高タンパクの卵と週4日の肉類は1日に必要なエネルギーを補充するために不可欠。糖質を制限しているた…

続きを読む

「糖尿病・メタボの栄養指導とカウンセリング〈超入門〉 」第1回目の受講者さんの声届きました。

日総研さん主催の「糖尿病・メタボの栄養指導とカウンセリング〈超入門〉 」第1回目の受講者さんの声届きました。 http://ykeiko.at.webry.info/201002/article_2.html 先週末は名古屋、今週の13日(土)・14日(日)は東京ですが、先週末の名古屋の受講者様の声が「日総研」の担当者さんから届きました。 たくさんの感想をありがとうございました。 受講者様の声 <1日目> ●対象者にわかりやすく,記憶に残る栄養指導のコツがとても参考になった ●わかりやすい。ポイントを的確に教えてくださる。説得力がある。 ●実際に体を動かしてのワークができたので,頭に残りました。 ●いろいろなツールの使い方を教えていただきとてもおもしろかったです。 ●具体例を用いたり,視覚,聴覚,身体感覚すべてに配慮された講義でわかりやすかった。  体験することにより,より記憶に残るし,深い理解ができてよかった。 ●カーボカウントという「知らなかった概念」があり,全く異なる指導になることを知った。 ●0.5単位お食事カードを使ったグループ指導,効果的な指導法が、実際のワークを通して理解できた。 <2日目> ●カウンセリングをなかなか学ぶ機会がなかったので,たいへんためになりました。 ●内容が深く理解でき実践できたのでとてもよかったです。ありがとうございました。 ●本日2日目ですが,昨日とはまた…

続きを読む

先週末は日総研さん主催の「糖尿病・メタボの栄養指導とカウンセリング〈超入門〉 」でした。

昨年、一昨年は、特定保健指導のためのセミナーを全国展開させていただきましたが、ボストン在住の友人「可愛い保健師eriさん」の影響を受け、栄養士の皆様に「カーボカウントに対する正しい知識や指導法に興味や関心を持ってほしい」という思いから、新しいセミナーを企画していました。 先週末の土・日(6・7日)は名古屋で第1回目の「糖尿病・メタボの栄養指導とカウンセリング〈超入門〉 」を開催しました。 http://www.nissoken.com/s/11940/index.html 昨年の特定保健セミナーは8割9割が保健師さんでしたが、今回は逆転 8割が管理栄養士さん、病院勤務の管理栄養士さんが皆さん真剣に参加してくださいました。 1日目は集団指導対応の行動科学に基づいた実践ワーク 午後からは0.5単位カードを用いた実践指導のワークと カーボカウントについての簡単介入法を理論と実践で学んでいただきました。 0.5単位カードの裏面に糖質量とカーボン単位を追加添付したので、実際に実物大の食品モデルを手に取りながら 「こんなふうに食べるんだ」「こんなに食べていいのね」と確認することができます。 既にカードを購入された皆様には、日総研さんのほうからデータをダウンロードできるようにご案内しますので、しばしお待ちください。 これからご購入される方、糖尿病やメタボ、ダイエットの擬似バイキングパーティ指導や、個別指導のほかに、カーボカウントの実践しどうにも活用で…

続きを読む

可愛い保健師eriさん奮闘記!!⑥ ・・・その後のご報告

お久しぶりです。 大学の成績評価も締め切りの昨日1時に無事完了!・・・・やっと時間が取れるようになりました。 180本近い面談テープを聴き、その4倍、5倍あるレポートに目を通すのだけれど、つい面白くて読み込んでしまうから、この時期は何も手に付かない。 全部終わってホッとしたところに、アメリカの友人からメールが届いた。 http://ykeiko.at.webry.info/200910/article_8.html 可愛い保健師eriさん奮闘記!! シリーズのその後のご報告です。 『産後の検査では血糖値は正常に戻り 好きなものは食べられるようになったということです ただ、将来のことを心配してできるだけ身体に良いものを食べるように心がけているとのことでした もともと痩せているので、産後はすぐに体重が戻ったようですが 家の中にいてあまり動かない生活がしばらく続いて太ったと言っていました。 たぶん、もともとがやせすぎの体型なので、太ったと言ってもまだやせ気味に分類されるくらいだと思います。 週末は時間があるとこの寒い中でも、ジョギングをしているそうです。 今週末は念願の甘エビパーティをすることになりました。 生モノ禁止だった友人へのお祝いパーティも兼ねて ただ、今は糖尿病よりも育児に神経を張り詰めている感じがして やや心配です 今週末も 「泣いたらすぐに帰るから!」という始末 赤ちゃんなんだから、、絶対なくと思うんですが(^-^; …

続きを読む

山内惠子 日総研のセミナー日程と内容決まりましたよ

糖尿病・メタボの栄養指導とカウンセリング超入門 ①「行動変容に効く!糖尿病・メタボの栄養指導のコツ」  気づきを促し,記憶に残す!楽しいプレゼン,指導のコツを習得! 1.グループ支援による保健指導・栄養指導  記憶に残すポイント! ファシリテータのこつ 2.楽しく続ける糖尿病教室のコツ  教室の計画から,教材作成,評価など  緊張をほぐす!アイスブレーキングに使える楽しいネタ  参加者をひきつける,インパクトのある教材作成  笑って健康!記憶に残る楽しい指導ネタ!    グループダイナミックスの活用 気付きから行動目標化へ上手なハシリテーターのコツ 3.タイプ別指導のコツ  栄養士が一生懸命がんばっても響かない  気質タイプ別指導のしかた,気質を知るワーク 4.糖尿病・メタボの簡単栄養指導  便利な「0.5単位お食事カード」の活用方法  模擬バイキングパーティを活用した栄養指導  主食,主菜,副菜の食べられる量をイメージで記憶! 5.難しく考えない、教えない、簡単にできる  カーボカウント指導法  1型・2型糖尿病対象者のレベルに合わせた対応法 ②「糖尿病・メタボのカウンセリング超入門」  指導困難事例の解決の手がかりが見つかる! 1.実用的スキルだけでできるカウンセリングの入門  「わかっているけどできない」のは訳がある  「できない」自分に気付き「やれる」に変えるスキル  「本当はこうだったらいい」とニードを引き出す質…

続きを読む

可愛い保健師eriさん奮闘記!!⑤ 

「可愛い保健師eriさん 奮闘記!! の妊婦さんのご報告 私自身、ここの所忙しく、別ブログの徘徊を怠っていましたが 7日の日に、お友達の妊婦さんからの連絡があったそうです。 ご報告遅くなってしまいましたが 「妊婦の友人が 10月3日 無事女の子を出産しました~ 先ほど退院してきてメールを送ってくれました・・・」 とにかく無事出産で、よかった、よかったです。 ご報告!!

続きを読む

「可愛い保健師eriさん 奮闘記!! 」から繋がった 糖尿病の食事コントロール カーボンカウントの話

「可愛い保健師eriさん 奮闘記!! アメリカ在住の妊婦さん 糖尿病の食事でパニック!! 」シリーズをかくきっかけとなったのは、別の仲間とのブログに彼女の体験ルポがあった時、患者さんが理解できていない状況での栄養指導方法でよく起こる困った事例だなと感じました。 「言葉の通じない国での出来事だから・・・」でしょうか? 言葉の通じる日本においても、医療者の説明不足や技術不足、受け手の患者さん側の理解不足や受け止め方の違い・・・などなどで同様なことは起こっています。 そのまま書き込んでおくことで、きっとアクセスしてくる方がいるだろう そんな期待を持って eriさんの許可をいただいて、シリーズ化していました。 そんな期待に応えてくださったのが、ご苦労の末、信頼できる先生にめぐり合え、カーボカウント法を実践され、薬からも離脱できたとおっしゃる、宮本さんです。  その後、彼の足跡をたどって、宮本さんのブログ「セルフ コントロール ラリー」を訪問しました。 http://rise-up.at.webry.info/ 宮本さんは私の書き込みに対し、「糖尿病の食事療法についての論議…」と言うテーマで同じ関心を持つ皆さんに論議の場を立ち上げてくださいました。 http://rise-up.at.webry.info/200909/article_9.html 何人もの方が、この論議に参加しています。 私自身も大変勉強になりました。   宮本さんご自身が、SMBGでの確認…

続きを読む

可愛い保健師eriさん奮闘記!!④ へのコメントにお答えします。 カーボカウント・GI値にも触れて

「可愛い保健師eriさん 奮闘記!! ④  アメリカ在住の妊婦さん 糖尿病の食事でパニック!! 」 のコメントに書き込みをいただきました。 お返事がかなり長くなるので、1ページ立ち上げましたので、宮本さ~ん!! こちらをお読みください。 sho 2009/09/14 17:39 山内さま。 初めまして。 宮本と申します。 質問があります。 初めてなのに、不躾であることを、まず、お詫びします。 低脂質、高炭水化物の食事療法で、何故、糖尿病が改善されるのか…教えていただけませんでしょうか? また、炭水化物摂取後の血糖値の動きをご存知ですか? 糖尿病患者の食後血糖を、確認したことがあるのでしょうか? 私は、食後2時間の血糖を、高炭水化物の食事ではコントロールできません。 できない患者は、インスリンを使いなさい…ということでしょうか? 私自身、糖尿病ですが、日本の高炭水化物、低脂質、カロリー制限の食事療法を守って、糖尿病を悪化させてきました。 薬だけがいたずらに増えた挙句、「インスリンに切り替えです」といわれたのです。 ここ2年、主治医を変え、糖尿病専門医の指導を得て、糖質に注意を払うような食事に切り替えて、今では薬からも離脱し、コントロールを取り戻しています。 我々は、真剣に糖尿病と闘っています。 カーボカウントを茶化さずに、治療効果の実績とうものを、勘案できないでしょうか。 どのように、お考えでしょう…

続きを読む

可愛い保健師eriさん 奮闘記!!④ アメリカ在住の妊婦さん 糖尿病の食事でパニック!!

eriさんの ジョスリン糖尿病セミナーの食事編 です http://ykeiko.at.webry.info/200909/article_7.html 「先日のジョスリン糖尿病セミナーの食事編 30分くらいで、歯のことと一緒にドババババと もうダッシュで駆け抜けながら 「どう思う?誰かわかる?」とか質問も入れるから 大変ないきおいだった 米国では糖尿病の食事のコントロールは 摂取する 炭水化物の量 を基準にしている かといって、カロリーがフリーってことはないと思うけど。 食品成分表示の見かた(食物繊維を3g以上含んでいるものを推奨) 食事量のコントロールは (23cmのお皿で説明) 半分は野菜(でんぷん質でない野菜) 1/4はたんぱく質 1/4は炭水化物 人によって皿の大きさは変わるんだろうか あと、10cmのお茶碗で説明してるって言ってたけど ちっちゃくない?? やっぱり、炭水化物 日本よりすくないよね・・ 最後に 「どんな軽食がいいか」という内容で ・枝豆1カップ(多いよ・・さやも含んでいるのか?) ・リンゴと木の実のバター(バターいる?) ・低脂肪ヨーグルトとナッツ(ナッツ入れなくても・・) (炭水化物は15g以下) ・ピーマンと低オイルドレッシング ・こんにゃくサラダごま風味 ・海藻と豆腐のサラダ (この3つはどれだけ食べてもいいらしい) やっ…

続きを読む

可愛い保健師eriさん 奮闘記!! ③  アメリカ在住の妊婦さん 糖尿病の食事でパニック!!

救急医療の最前線で働いていた友人「可愛い保健師eriさん」は夫の仕事の関係で、アメリカに住むことになりました。 そこで出会った 同じ日本人妊婦さんからのSOS   参考になることが詰まってる・・・・「この可愛い保健師eriさん 奮闘記!!」 は、ご本人の了解を得て書き込んでいます。 http://ykeiko.at.webry.info/200909/article_2.html http://ykeiko.at.webry.info/200909/article_3.html 今回は、ジョスリンの管理栄養士さんが、食事の話と口腔衛生について 話すと言うことで、現地の「糖尿病セミナー」に参加したレポートです。 妊婦の友人を誘うか最後まで迷ったんだけど、 もっとナーバスになってしまうような気がするし、 それか、混乱してしまうかも・・・ 自分の主治医を信用できなくなったらよくないし・・・ ・・・・と色々考えた末、旦那様と二人で 糖尿病のお勉強に・・・・すごいでしょ!! 「まずは Dr William C Hsu のお話 この先生はジョスリンのAADI(Asian American Diabetes Initiative )の人で、AADIってのは、研究だけじゃなくって糖尿病の教育活動も行っているそうです。 まずは、アメリカにおけるアジア人の糖尿病発症率から 人種別にみるとアジア人はやはり発症率が高いようですね。 …

続きを読む

可愛い保健師eriさん 奮闘記!! ②  アメリカ在住の妊婦さん 糖尿病の食事でパニック!! 

アメリカで妊娠、糖尿病に!!  現地ドクターから「日本の糖尿病食は基準が甘すぎる。日本はこれ以上平均寿命を延ばしたくないから、ちゃんと管理しないんでしょ?」とののしられ 「揚げ物とか肉とが食べなさい」とか「米や糖質を食べるな」という指導報告に 私のスイッチが入った!! http://ykeiko.at.webry.info/200909/article_2.html 可愛い保健師eriさん   頑張ってね!! さっそく 「eriさん頑張りました。 「妊婦の友人に 日本のスペシャリストがたくさんついてるから安心して! と話しましたよ お弁当ワークの図を見ながら 「そうね・・」 主食が主菜くらいで 主菜はほんの少し 野菜はこれ以上かな と言っていました 主食はこのくらい取っても大丈夫だよ~と言ったら なんかちょっと安心したようでした 「炭水化物が足りないと妙にいらいらしませんか?」 と彼女 そうなのよ!!! 力説する私 そう、私は炭水化物が足りなくて 妙にいらいらしたし おなか減っておやつ食べたくてストレスがたまってしまったことを話し このお弁当ワークでご飯をちゃんと食べるようになって おやつ食べなくても平気になったよ! と言ったら やっぱり3食ちゃんと食べるって大切なのね と言っていました 今日ちらっと話してくれたのは 「昨日全粒粉のク…

続きを読む