SATヘルスカウンセリングセミナーを受講したいけど、傾聴支援士の資格が取りたいけど、どうしたらいい?

先日、下記のような内容で、TASアドバンスセミナーの企画をご紹介したところ、いくつかのお問い合わせが届きました。

セミナーや資格取得の流れを、少しご紹介します。


名古屋学芸大学 管理栄養学部では、2年生の後期に 栄養カウンセリング演習の時間に、ヘルスカウンセリングの実技実習をたっぷり行います。

そして、この授業の中ではSATヘルスカウンセリングのベーシックレベルや、自己分析、気質マネージメントなども学べる内容になっていますので、授業終了後には、授業中に制作したカウンセリング面談の実技テープを、ヘルスカウンセリング学会に提出することで、傾聴支援士の資格取得につながるようになっています。

なので、今年も昨年の授業で頑張った学生さんたちの間から、続々と公認「傾聴支援士」が誕生しています。

その中から次のステップを目指したいと

そんな、こんなで、毎年9月ごろには、本学の学生さんと一般の方に呼びかけて、ヘルスカウンセリングのアドバンスセミナーを計画しているわけです。




恒例の名古屋アドバンスの日程決まりましたよ~


ご紹介します!!

2012年 9月8日(土)・9日(日)の2日間です。

学生さんは、学校で申し込み受付ていますが、このブログをご覧になった方や、カウンセリング勉強会の皆さん,
すでにベーシックセミナーを受講されているは、下記のアドレスにメールください。

詳細のご案内をいたします。

http://ykeiko.at.webry.info/201207/article_3.html

hcc.yjapan.yamauchi@gmail.com




ということで、このアドバンスセミナーに進むには、下記のようなステップが必要です。

色々な進み方があるので、自分に合った方法でお進みください。

あきらめるのは、まだまだ早い!!



1) ヘルスカウンセリング学会、株式会社SDS,その他関連の会が開催するベーシックセミナー終了された方
 (すでに学会に入会されていると受講料は500円割引になりますので、申し込み時にご連絡を)

 ① ヘルスカウンセリング学会、株式会社SDS、その他関連NPO主催のベーシックセミナーを受講されて次のステップであるアドバンスに進むことをお勧めします。

 ② ヘルスカウンセリング学会、株式会社SDSの日程や、開催場所が合わないなどお困りの方のために、下記の方法がお勧めです。


2) 栄養士会や保健師会、看護師会などの開催したの研修会、生涯教育などのSAT関連の講演会受講+2日間のリスナー研修で、傾聴支援士資格取得にチャレンジ!

  ①栄養士会や保健師会、看護師会などの開催したの研修会、生涯教育などの講演会(山内惠子のカウンセリングがテーマのもの)で聞いたら、、SATに興味を持たれたという方は、傾聴支援士の資格取得につながる「リスナー研修セミナー」2日間の企画を立ち話を上げてみませんか。
お友達が8人以上集まればご希望の場所で、セミナー開催ができます。
この場合8~10人に1人のスーパーバイザーがついて、丁寧なグループワークと、資格取得のためのカウンセリングテープどりまで、ご指導いたします。
リーダーになられる方は下記のアドレスまでメール下さい。

  hcc.yjapan.yamauchi@gmail.com 

② テープ審査で「傾聴認定 中級」に合格後、名古屋学芸大学 山内惠子の推薦で「公認傾聴支援士」になれます。・・・・この場合はベーシックセミナーは免除されますので、次のステップのアドバンスに進むことができます。

③ 上記の研修後、テープ審査に失敗された方、または結果が初級だった方は、テープ審査に何度でもチャレンジしてください。・・・・中級合格後、①の特典が得られます。

④ 上記の研修後、結果が初級だった方や、もっとSATを基礎から学びたくなった方は、ベーシックセミナーからアドバンスまで進むことで、初級合格であっても、カウンセリング記録と一緒に申請することで「公認傾聴支援士」
の資格が自動的に得られます。


3) 名古屋学芸大学でカウンセリング関連の授業を受け、テープ審査を受けた結果が「中級合格」だった場合、1年以内に大学(山内)に、書類を添えて申請すれば、その時点で「公認傾聴支援士」です。
必要書類は山内惠子公式HPの資格取得からダウンロードしてください。


4) 愛知学泉大学でカウンセリング関連の授業を受け、補講で1日の研修(テープ取り)を学び、テープ審査を受けた結果が「中級合格」だった場合、1年以内に大学(山内)に、書類をそろえて申請すれば、その時点で「公認傾聴支援士」です。
必要書類は山内惠子公式HPの資格取得からダウンロードしてください。





傾聴支援士のテープをまだ学会に送っていない学生さん、今からでも間に合います。

初めての方も、9月までにどこかでベーシックセミナーを受講しておく事をお勧めします。
(詳しくは、ヘルスカウンセリング学会のHPで!)


生涯教育や栄養士会などで、講演会に参加し、興味を待たれている方も、ご一報ください。

事前に傾聴セミナーで「傾聴支援士」の資格を取ってしまうという方法もあります。

皆さん、ふるってご参加くださいね!!



それからもうひとつ!

SATヘルスカウンセリングのさまざまな資格は3年間に1回、免許の更新が必要です(3年間で3ポイントゲット)。





今回も、更新に直結のセミナーになっています。

卒業生で、傾聴支援士の資格を取った人は3年で免許更新ですよ~。このセミナー1回受講で更新可能です。1年間猶予ありなので、あきらめているあなた!まだ、間に合うぞ~。


免許更新についてご紹介!!



★有資格者のためのリフレッシュ研修

①傾聴支援士及び行動変容支援士、健康行動変容支援士の資格者は、最新の知識や技法を身につけるために、ベーシックとアドバンスを、それぞれに関して21,000円(税込)で受講できます。

②心理カウンセラー以上の上級資格者は、最新の知識や技法を身につけるためにベーシックとアドバンスのほか、SOMマスターやPOMマスターを、それぞれに関して筑波大学発(株)SDS開催のセミナーに限って21,000円(税込)で受講できます。

※お申し込みや受付段階で、「リフレッシュ研修」と申し込まれることや資格書のコピーの添付、明示をお願いします。 但し、既に正規の受講料金を振り込まれている場合、あとでは清算しかねますので、予めご注意ください。またリフレッシュ研修なので修了証は発行されませんが、領収書などで受講証明をされていただきたいと思います。

資格更新のための1ポイントゲットできます。

★山内惠子が開催するSATヘルスカウンセリング関係の講演会や、セミナーに参加。この受講証明の発行を申し出てください。

資格更新のための1ポイントゲットできます。

ただし、2ポイントまでは利用できますが、1ポイントは、ベーシックまたはアドバンスなどのセミナーのリフレッシュ研修でポイントゲットしてください。


★時間がなかった、何度も受けるのは面倒というあなた!

学会、SDS企画、japann こころとからだのハッピィサポート協会などが開催するベーシックまたはアドバンスなどのセミナーを正規の値段で受けてください。
修了書、または領収書の控えで資格更新が認められます。

10人程度集まれば、全国どこでも企画します。
ご相談ください。

japann こころとからだのハッピィサポート協会 

  hcc.yjapan.yamauchi@gmail.com 



資格更新の仕方



1. 更新2ヶ月程前になると学会事務局から「更新のお知らせ」が届きます。
2. 同封された「資格更新申請書」を記載の上、事務局にご返送ください。
3. また傾聴支援士の技能を持続して所有していることを示していただくため、SAT行動目標化支援カウンセリング法を実施し、その記
© Tsunetsugu Munakata
録紙(カウンセリングシート)の提出が必要となります。
4. 資格更新には、資格取得後または前回更新後から3年間に3単位以上の研修(講師会研修を含め研修参加は1回につき1単位、本学会大会参加は1回につき1単位に相応)、資格能力相当の実践事例の発表が必要です。また有資格者として常にレベルアップを考え、リフレッシュ研修の研修参加を要します。それが満たされない場合は、リフレッシュ研修ではない通常のセミナーを受講することによって資格更新が認められます。
5. 申請書が認められましたら、事務局より登録のご案内が届きます。更新料金2,000円を振り込まれますと証明書が届きます。




Japnan こころとからだのハッピーサポート協会(NPO法人申請中…9月には法人になる予定です)は、今後、皆様のSAT傾聴支援士の資格取得を目指したセミナーや、ヘルスカウンセリング学会の認定資格の資格所得のためにスキルアップ、免許更新のためのセミナーなどをたくさん企画していく予定でします。

近日中にHPも立ち上げ、新しい情報を発信していきますので、どうぞお楽しみにしていてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック