昨日は、仙台の山元町の地域で活動されている「生活活動員」の皆様にボランティア講座でした

昨日から仙台に来ています。

震災から丸1年がたち、計り知れない困難な状況の中で、復旧復興のために奮闘されてきた活動員の皆様に、「心地よい人間関係をつくるコミュニケーション」というテーマでボランティア出前講座

筑波大学・明海大学ヘルスカウンセリングが学研究室の橋本先生と樋口先生、そして橋本先生のところの研究員の真崎さん

そして名古屋学芸大学の山内こと私の4人での活動開始です。

相手に寄り添い、次のステップにつなぐためのリスニングのコツ

悩みごとを解決する4つのポイントや

相手の力になるための効果的なコミュニケーション

悩みごとの利き方の4つのコツなどなど

ロールプレイや事例を交えながら、楽しく学ぶ時間を過ごせていただけたかなと思っています。

最後は、蜷さんに大いに笑っていただく「笑いのワーク」…これは私の出番ですが

皆さんたくさん笑って、素敵な笑顔になっていただきました。


これを機会に年間通しての支援活動ができたらと思っています。


明日は、仮設住宅にお住いの皆様に

自分の思いを伝えるコツをテーマに

「心地よい人間関係をつくるコミュニケーション」のためのボランティア出前講座をしてきますね。


写真は自宅に戻ってから、このスペースにアップしますので、お楽しみに


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

  • あつもり草

    被災地での支援活動お疲れさまです。

    仙台での活動とのこと、私が所属しているノルディックウォーキングの仲間が昨年から宮古市、釜石市の仮設住宅に住む方を対象に外歩きしましょう!とノルディックウォーキングの講習をしています。

    この週末にも仙台に行って講座を開催すると聞いています。

    いろいろな方がいろいろな立場でボランティア活動をしています。
    行動に移して動かれている方、すごいことです。

    2012年03月16日 06:44
  • ykeiko

    ノルディックウォーキングもいいですね。
    体を動かすことが一番かも・・・。

    外に出ない、出られない。
    コミュニケーションの必要性もすごく感じました。
    生活活動員の皆様のメンタルケアや
    リスニング力UPのための支援も重要課題です。

    またきてほしい。もっと学びたい。
    そういっていただけたのでよかったです。

    瓦礫の掃除から始まって、関係作りができるまで1年かかりましたが、繋がりはこれからだと!

    次の計画を練りながら、輪を広げていきたいです。
    2012年03月18日 06:22

この記事へのトラックバック