激熱!! 名古屋でのアドバンスセミナー 終了しました

10月8日、9日とポートメッセ名古屋で、ヘルスカウンセリング・アドバンスセミナーが開かれました。
http://ameblo.jp/room-vivid-life/entry-11043211116.html
http://www.healthcounseling.org/seminar.html

講師はカウンセリングルーム ビビッド・ライフの小林啓一郎先生でした。

画像















私はスーパーバイザーとしての参加でしたが、今回は名古屋学芸大学の学生さんや、もう一度再学習したいと戻ってきた卒業生、yJapanカウンセリング勉強会のメンバーさんなども参加してくださり、次の資格取得、ステップUP目指しての意気込みが感じられ、熱いエネルギーであふれていました。

もちろん1日目のセミナー終了後は、小林先生を囲んでの飲み会、受講生の半分は参加されて賑やかに行われました。

画像











画像

















今回のセミナーはアドバンスセミナーでした。

12月には大阪で、その上のステップ マスターセミナーがありますよ。
H23年12月17・18日 大阪
http://www.kksds.com/

ヘルスカウンセリング研修ご紹介

ヘルスカウンセリングは、訴えや精神症状や心理検査が示す顕在意識のみならず、行動症状や身体症状や検査データなどの身体性が示す潜在意識にもかかわり、本当の自分らしい生き方への気づきや変容を促すカウンセリング分野です。本研修では、SAT法を用いて生育記憶、胎内記憶、進化(DNA)記憶における嫌悪系記憶を報酬系記憶に変容し、ひとの生命エネルギーを高める癒しや人格成長を支援するカウンセリング法を学びます。


ベーシック
(B: Basic) 科学的カウンセリングの基本姿勢を身につけるとともに、気になる問題解決する行動の目標化を支援するSAT法を学びます。また、相手の性格気質に応じたリスニングスキルを身につけて、聴き手上手になりましょう。


アドバンス
(A: Advance) 理屈ではわかっているが変わらない行動変容を効果的に支援するために、過去の未解決の問題を再解決し、確実に行動変容するための技法を習得します。


自己成長型マスター
(SOM:
Self-Growth-Oriented Master) さまざまな自己イメージ法を用いて、セラピストとしての自己成長を促すことを目的とします。自分自身の矛盾する感情をより少なくするために潜在意識がもつ問題を克服するイメージ療法を学びます。


手順重視型マスター
(POM:
Procedure-Oriented Master) 学会公認資格を得てさまざまな仕事に就いてもらうために、学会認定資格取得審査テープの作成を主たる目標にしています。そのための理論的学習やモデリング学習や審査テープ作成が研修内容になっています。



アドバンスまでで 公認傾聴支援士と健康行動変容支援士の資格取得にチャレンジできます。


POM/SOM を勉強して、学科試験、テープ審査で合格すると
心理カウンセラー・ヘルスカウンセラー・イメージ療法士の資格取得にチャレンジできます。

皆さん SAT は 奥深いですよ。

是非、お試しあれ!!

まずは、ヘルスカウンセリング学会へ!! 

047-332-0727

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック