インターネット中毒者が79万人…韓国にネット中毒専門外来

キレる・引きこもる…韓国にネット中毒専門外来
読売新聞 5月27日(金)20時18分配信

韓国中部・公州(コンジュ)市の病院に、過度のインターネット利用により、突然逆上したり、引きこもりになったりした「インターネット中毒」の人を治療する専門の診療科が設置された。

 韓国では若年層の1割強がネット中毒と推定され、「ネット中毒診療科」は今後、増える可能性がある。

 韓国でネット中毒は正式な疾病として認定されてはいないが、国家情報化基本法は「ネット依存により身体、精神、社会的な機能障害を負った状態」と定義する。

 公州の病院ではまず、来院者にアンケートを行う。「インターネットをしていない時にも、ネットのことを考えている」といった全20問の設問に該当する割合が高いと、ネット中毒になっている危険性が高い。

 病院では治療として、集団で楽器をひいたり、せっけんを作ったりする作業を通して、対人関係改善の契機を作ると同時に、磁気をあてて脳を局所的に刺激して脳波の安定を図る。本来はうつ病に使われる治療法で、欧米ではすでに広く用いられているが、韓国では珍しく、効果が期待される。

 診療科の李在元(イチェウォン)部長によると、ネット上で文章を送り合って会話する「チャット」を頻繁に行う女性にネット中毒者が多い欧米と異なり、高速大容量回線が整備された「IT先進国」韓国では、ネットゲームに熱中する男性に中毒者は多い。

 韓国では、キャラクターを育成するゲームを好む余り、引きこもるになるタイプと、敵を倒すゲームにはまって周囲に攻撃的になるタイプに二分される傾向があるという。 .最終更新:5月27日(金)20時18分


【社会ニュース】 2011/03/04(金)

韓国の行政安全部は3日、政府が情報化振興院に依頼し、昨年10月から12月まで満9歳から39歳までの合計7600人(成人5143人、青少都市2457人)を対象にインターネット中毒の実態を調査した結果を明らかにした。

インターネット中毒とは、過度のインターネットの使用で日常生活に支障を受け、禁断症状や耐性まで持つようになる状態だいう。

韓国の青少年のインターネット中毒者の割合は12.4%で、大人の中毒者(5.8%)より2倍以上高く、約79万人が中毒状態にあるとみられている。青少年と成人全体では8.0%。韓国の満9歳から30歳までの全人口(2191万8000人)から試算すると、約174万3000人がインターネット中毒である可能性が高い。

  また、小学生のインターネット中毒者の割合は13.7%、高校生は10%、30代は4%で、特に小学生の割合が大幅に増えるなど、インターネット中毒の年齢層が急速に低くなっている。

  このインターネット中毒は、家庭環境によっても大きな差を見せ、世帯所得が月100万~200万ウォン(約7万~15万円)の家族では11.9%で、所得が500万ウォン(約37万円)以上の世帯の6.6%の2倍近い数値となっている。ひとり親家庭と多文化家庭の子どもたちも、一般家庭より2~3倍高くなっており、こちらも深刻な状態だと伝えられている。

  韓国政府はこの結果を受けて、相談機関を大幅に増やし予防や治療の事業を強化する計画だという。(編集担当:李信恵・山口幸治)


お隣の国、韓国のニュース・・・ではなく

わが国でも、ネット依存症、携帯依存症にもっと焦点を当てていくべき時が来ていると考えます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック