自粛止めよう!!東日本大震災 自粛は2次災害 日光などの観光業者悲鳴!・・・正義の罠にはまらないで!

4月1日のツイッターで
「[拡散希望]お祭り止めないで!メンタルも経済も落ち込んでいる時だからこそ、やる人も、見る人も心の底から笑ったり、愉しんだりできるお祭りは止めちゃだめ!特に春の神事は豊作祈願、復興祈願。私たちは平常を保つことが今一番大事なこと、私たちにできることや!!お祭りは止めないで欲しい!!」とつぶやいた。

正義を理由に禁止令を出すことは、人の心を抑圧する。

自粛することが美徳のように伝わるから、あたかもそれがいいかのように、そうしなければいけないかのように広まっていく。

非常時に楽しいことをすることがいけないと言っている方が善人のような印象を受けるから


昨日の毎日新聞 (2011年4月8日 14時04分)で

東日本大震災 自粛は2次災害 日光などの観光業者悲鳴!

世界遺産「日光の社寺」や温泉など、国内屈指の観光地として知られる栃木県日光市。東日本大震災では大きな被害はなかったものの、直後からホテル・旅館のキャンセルが相次ぎ、街は“自粛ムード”に沈んでいる。隣接する福島県で起きた原発事故も追い打ちとなり、関係者の間からは「2次災害だ」との悲鳴が上がっている。【浅見茂晴】

 「全く人が動かない。こんなピンチは初めて。昭和天皇の大喪の礼(89年)の時にもなかった」。日光観光協会の新井俊一会長(62)は危機感をあらわにした。

 日光東照宮によると、震災翌日の3月12日から同31日までの東照宮の入場者数は、前年同期比で実に95%減の計約5000人。過去に例がない落ち込みとなっており、13日から始まる予定だった日光二荒山(ふたらさん)神社の「弥生祭」に加え、徳川家康ゆかりの「百物揃(ひゃくものぞろえ)千人行列」(5月)の中止も決まった。


 特に外国人観光客が深刻だ。中禅寺湖畔にある「日光レークサイドホテル」によると、フランスやイタリアなど欧州からのツアー客が、各国政府の渡航自粛要請を受け予約を相次いでキャンセル。5月以降は「ぽつぽつ予約が入り始めている」(同ホテル)が、予断を許さない。

と言った内容の発表があった。

日光だけじゃないよ、色々なところで 自粛の罠にはまってる。

祭や、花見 人が大勢集まり 笑いがあることが人の心を元気にする

経済を活発にする

どう考えたって、このほうが大事なのに

正義を理由に禁止令を出されると、それを破りことが難しくなるという心理があるから


後を追うように

「過度な自粛はマイナス」の指摘、政府として対応検討=官房長官  [東京 8日 ロイター]

といった見出しの記事が発表された。

 枝野幸男官房長官は8日午前の会見で、東日本大震災を受けて全国的に自粛ムードが広がっていることに対し、同日の閣僚懇談会において一部の閣僚から「過度な自粛が、結果的に復旧・復興のマイナスになってしまう側面がある」との指摘があったことを明らかにした。

 こうした指摘を受け、政府として国民への呼びかけが必要かどうかも含めて検討するが、枝野官房長官は「(自粛は)国民それぞれの被災者への自主的な思いの中で出てきている状況だと思う。それについて政府として何か申し上げることが適切か、しっかり考えなければいけない問題だ」と語った。

「国民それぞれの被災者への自主的な思いの中で出てきている状況だと・・・」


枝野官房長官は防衛心が強すぎる?

いつもダブルバインドで混乱させる発言なんだよな。

もう、すでに正義を理由にした禁止令の罠にはまっている

今こそ、人々のメンタル面や、経済の復興を考えたら

国が堂々と 「自粛は止めるべき」と言いきって欲しい!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック