糖質制限ダイエットは危険!と言い続けて8年たちました!!

食事は「炭水化物抜き」が一番危ない! 糖質制限ダイエットは危険! と言い続けて8年経過 https://www.healthy-plate.com/ こちらもご覧ください。  こちらも 和食には60%の炭水化物が含まれています。炭水化物は体温を維持し、筋肉を動かすエネルギー源、次の食事が入ってくるまでは筋肉グリコーゲンや脂肪に置き換えて温存し、車のガソリンのようにいつでも燃やしてエネルギー補充をしてくれています。体の小さい日本人がかつての東京オリンピックで大活躍したのは、この炭水化物60%の食べ方が筋肉のグリコーゲンを増やし、パワーアップしていたことから、世界中の運動選手が炭水化物を上手にとることになったのです。 でも、糖尿病やメタボになってしまった人たちには、食後の高血糖になるような食べ方が、動脈硬化を促進し、危険だということから、食事の中の炭水化物を減らす(カウントしながら食べる)という研究が進められてきました。 ヨーロッパから始まった研究で、当時イギリスのサッチャーさんが出馬するときに、この方法でダイエットし、「鉄の女」と言われたことから、世界的なブームが来ました。 残念なことに、当時の日本には「糖質制限ブーム」の形ではなく、サッチャーさんが食べたメニューの一部である「卵ダイエット」「グレープフルーツダイエット」だけが伝わり、困った現象に私たち栄養士も、医師も悩まされました。 実は、このころアメリカではこの糖質制限ダイエットで、死亡例が出たり、女優さんたちがゾンビになっ…

続きを読む