カウンセリングを 楽しく学ぼう 気質について学ぼう  No 10

カウンセリングを 楽しく学ぼうシリーズ ずいぶんご無沙汰でしたね 今回のテーマは「気質」についてです 「私たちの性格・考え方・行動パターンなどは、実は先祖代々伝えられてきたDNA気質によって定められていて ‘本来の自分’とは、DNA気質に従って100%の脳力や才能を発揮している状態です。 逆に言うならばDNA気質に逆らって自分の脳力や才能を発揮できていない状態、それは‘偽りの自分’ということになります。では、あなたは今‘本来の自分’で生きているのかそれとも‘偽りの自分’で生きているのか おわかりでしょうか。 実は、DNA気質を調べあなたが本来生まれながらに持っている性格特性を知ることで、今の状態が‘本来の自分’なのか、それとも‘偽りの自分’なのかがわかるのです。つまり、DNA気質を調べることで、自分自身でも気づいていない、長所や短所を知ることができるのです。これによってあなた自身が、遺伝的に自分に向いていること、向いていないことがわかります」とは、私の恩師 宗像恒次教授の論です。 気質(temperament)は、刺激などに反応する行動特性で、人間や哺乳類などの動物の集団が先天的にもっているものだそうです。 性格と同一視されやすいのですが、性格は気質から作られる各個体の行動や意欲の傾向であるといわれています。 気質を構成しているのが行動遺伝子といわれるもので、この遺伝子には「種」が進化してきた歴史が刻まれているためにヒトの遺伝子には「個性」があるようですよ。 古代…

続きを読む