再び山元町に行ってきました。・・・2012年3月からスタートして、5回目の訪問です。

山元町の仮設住宅巡りが始まって、ちょうど1年が過ぎました。 今回は、昨年おじゃました箱根仮設は2回目の訪問となりました。 山元町に入ってびっくりしたのは、予想以上の道路の整備が進んでいたこと 12月におじゃましたときは、がれきはかなりなくなっていましたが、道路は工事中真っ只中でした。 今回は、かつての凸凹道はどこ? という感じと、トラックの通行量がかなり多くなっていました。 昨年は、在町中に5-6台も出会わなかったのですが、今は道路を頻繁に行き交っていました。 でも、山元町の皆団は、海での生業の方は少なく、いちご畑など農業の街だったこともあり、海側には戻りたくない、見に行きたくないという思いが強いのです。 だから、海側は荒野のまま ポツリ、ポツリと家があり、常磐線の開発や、」住宅地の移転問題など複雑な問題で揺れている空気が漂っています。 訪問した仮説では、ちょうど3月11月の記念日を迎えたあとでしたから、集会場の中では開口一番当時の怖かった体験話でいっぱいでした。 語れなかった思いが、十分に語られることは、心が修復していくためには重要なことです。 そのあとに、イメージ療法や、魔法のスキンシップ、笑いのワークなど 私たちの得意とするワークに自然なかたちで突入!! 脳内ホルモン「セロトニン」「ドーパミン」のシャワーをたっぷり浴びて頂いて終了となりました。 まだまだ時間のかかる被災地支援です。 もっともっ…

続きを読む

12月1・2日 再び山元町に行ってきました。・・・がれきの山は片付きつつありますが、新たな問題が!!

被災地は、ねずみの被害に困っています!! 11月30日に仙台入りして、12月1日・2日と宮城県の山元町、4回目の心に支援活動に行ってきました。 8月に訪問した時に、以前からお世話になっていたテラセン(お寺のボランティアセンター)の住職 藤本様のご好意で、お寺の中をお借りしてのワークとお食事提供をさせていただきました。 その時に、土曜日の夜に行われている「テラセン土曜会」への参加にお声をかけていただくことができ、参加させていただくことができました。 会の内容は、この場では控えさせていただきますが、 今回参加して、ちょっと被災地状況を拝見してきた感想は 以前よりも行き交うトラックの数が増えたなということと、山のように積まれていたがれきが、かなり減ってきているということ そして海岸沿いにかなり高い堤防のような土盛りが作られていたことです。 そして、このがれきの山がなくなったことで、大変困った問題が発生しているようです!! それは、ねずみの大量発生!! そして、やっとの思い出作ったビニールハウスのなかの苺のわか芽が、みんなこのねずみさんたちに食べられてしまうという被害です。 テラセンの中も一杯だそうで、仕掛けたねずみホイホイに山のようにねずみがかかっているのを拝見しました。 ネズミの被害ここまで http://blog.canpan.info/dreamgate/archive/889 お世話になった方々にお返ししたい …

続きを読む

再び山元町に行ってきました。・・・2012年3月からスタートして、4回目の訪問です。

2012.3.16 宮城県の山元町の地域で活動されている「生活活動員」の皆様にボランティア講座で、心の支援を行ったのがスタート http://ykeiko.at.webry.info/201203/article_7.html その翌日は、ナガワ仮設住宅の皆様と「心地よい人間関係を作るコミュニケーション講座」でした。 http://ykeiko.at.webry.info/201203/article_8.html 被災地での心の支援は、なかなか大変で 支援活動ができるまでの体制作りも、 「カウンセリング」という言葉や、「心の・・・」と言った言葉を用いることも 思うようにはならない中で 宮城県の山元町の皆様との関わりが持てるようになるまでには、がれきの片付けから始まり、ボランティアセンターの皆様との関係作りから、今日の支援体制づくりまで1年かかりました。 そして、今年の3月16日をスタートに 5月の連休 http://ykeiko.at.webry.info/201205/article_1.html  http://ykeiko.at.webry.info/201205/article_2.html そして、ブログには紹介しませんでしたが、.8月.26 ・27日の2日間も熊野堂仮設住宅と内手仮設住宅、そしてテラセンでの活動も・・・このときは横浜の栄養士さんたちも参加して、美味しいお料理の提供もありました。 この時は、父が亡くなったり、栄養改善学会、…

続きを読む

昨日から再び山元町に来ています。・・・昨日はごめんなさい! 自分たちへのご褒美!!

12月1日は早朝からの活動のため、30日の朝の飛行機で中部国際空港を出発しました。 今回は、ゼミ卒業生の大田萌菜さんも同行したので、30日は彼女のリクエストで「山寺」と「作並温泉」を堪能! 様子は写真でご紹介します。 紅葉の季節は過ぎてしまいましたが、数本残っていた名残の紅葉 2時間の散策コースを元気よく1時間で切り上げ、前回宿泊した駅前の「山寺ペンション」内のお蕎麦屋さんで美味しいおそばときのこご飯のプレートをいただきました。 予定時間ぴったりの活動コース 作並まで電車移動で、駅前には日帰り温泉「一の坊」の送迎バスが待っていましたので 目的の温泉に直行!! 瞬間降ってきた雪の中の露天風呂も堪能して 夜は友人のおすすめ牛タン屋「閣」で・・・ しっかり、自分たちへのご褒美!!  終了しました。

続きを読む

ゴールディンウイーク 再び 山元町に行ってきました。・・・海水に覆われた荒野にも雑草が

5月2日は山元町の箱根仮設住宅訪問 よく語り、よく笑い、コミュニケーションワークを愉しんでいただけたようです。 http://ykeiko.at.webry.info/201205/article_1.html この会は午後からのスタートでしたので、始まる前に少しだけ被災地に足を延ばしてきました。 海水に覆われた荒野にも雑草が茂りはじめていました。 雑草の生命力の強さに感動!! お寺のボランティアセンター「てらせん」の活動はお休み、住職さんもお留守です。 事前予定では、2日目の5月3日はテラセンの境内をお借りして、食事会とワークを行う予定でしたが、次回に延期となりました。 お寺の墓石や、供養塔も前回伺った時にはきれいに整備されていましたが、物資を入れていた中国ボランティアの方が残した点とも片づけられていました。 前回訪れた小学校の庭にはチュウリップやパンジーが満開・・・印象的な赤 学校の中は立ち入り禁止札は外れ、厨房の中や2回の教室なども拝見してくることができた。 …

続きを読む

ゴールディンウイーク 再び 山元町に行ってきました。

ご無沙汰していました。 3月の訪問に続いて、再び山元町に行ってきました。 http://ykeiko.at.webry.info/201203/article_9.html もっと早くご報告したかったのですが…なんと、4月、5月は魔の季節なんですよ~ 新学期も始まり、授業の準備も当然ですが、論文投稿やら学会発表の抄録締切 「連休中に仕上げろ」ということなのでしょうね。5月連休明けの締め切りがやけに多いのです。 他にも、科研費の中間報告だったり…これがまた大変! そして、今年は1年生のクラスアドバイザーということもあって、個人面接もスタート 遅れた言い訳をしているようですが 連休スタート時から、何度もブログを除きに来てくださっている皆様の足跡を見て、本当にありがとうございます。 そしてお待たせしました。 ということで振り出しに戻りますが、5月1日の夜、中部空港を旅立って、2日~5日まで仙台から山形めぐりをしてきました。 2日は、亘理郡山元町の箱根仮設住宅で心の支援ボランティアでした。 宮城も急に暖かくなったとのことで 春爛漫 名残の桜・・・ずいぶん葉桜でしたが 住宅の皆さんも楽とお花見やら、連休前の病院通いだったようで 初めはなかなか人が集まらず、配っておいたチラシの効果がなかったかとハラハラでした。 でも、予定はちゃんと入れておいてくださったようで、徐々にお集まりいただいてホッと…

続きを読む

山元町の被災の様子・・・見るも無残な中浜小学校の様子

前のページに引き続き、見るも無残な中浜小学校の様子を紹介します。 初めての方は下記をご覧ください。 http://ykeiko.at.webry.info/201203/article_7.html http://ykeiko.at.webry.info/201203/article_8.html http://ykeiko.at.webry.info/201203/article_9.html http://ykeiko.at.webry.info/201203/article_10.html   校庭は車の墓場 体育館の中は天井まで津波が襲ったあが 何もない教室、職員室の後(金庫だけが残っている)、建物外壁の青いラインは津波が来た高さを示していました。 …

続きを読む

山元町の被災の様子・・・1年たった今も荒野のまま

平成23年3月11日14時46分頃、三陸沖を震源とするマグニチュード9.0(暫定値)の巨大地震が発生し、宮城県 山元町でも、震度6強を観測したといわれています。 大津波襲来は15時50分ごろ    全・半壊した家は3,000戸以上 今回、山元町のボランティアセンターやナガワ仮設住宅、おてら災害ボランティアセンター「テラセン」と回ってきました。 わずかな時間をぬって被災されたところを見てきましたので、ご紹介できるのはほんの一部ですが、記録に残すことも大事なことことかなと思いご紹介します。 こちらは震災直後の写真 山元町の被害状況 作成 2011.03.16 更新 2011.04.04    http://shi.na.coocan.jp/tohokukantodaijisin-3.html 常磐線の線路は、踏切部分の面影を残し、まったくありません。 荒野のように見えるけど、よく見れば家の土台が残っています。 周りはみんながれきの山 …

続きを読む

仙台山元町での「相手の力になるための効果的なコミュニケーション」ワークの様子

14日に東京に1泊し、15日の早朝4人の仲間で仙台に向かいました。 15日は、仙台の山元町の地域で活動されている「生活活動員」の皆様にボランティア講座でした。 http://ykeiko.at.webry.info/201203/article_7.html 詳細は、上記のブログ日記をご覧ください。 写真で少し雰囲気をご紹介します。 共感してもらう心地よさ 話を受け止めれもらう心地よさ 実施に体験していただきました。 同感や同情では癒されない。 「同じ、同じ」と思ってい同感も、「かわいそう」「何とかしてあげなきゃ」と思う同情心も そう思っているのは自分、相手の気持ちにはより添えていないね。 体験ワークを通しながら、たくさんの笑顔が生まれました。 16日は、ナガワ仮設住宅の仮設住宅の皆様への支援 ナガワ仮設住宅の皆様と「心地よい人間関係を作るコミュニケーション講座」大笑いの幕を閉じました。 http://ykeiko.at.webry.info/201203/article_8.html のブログ日記でご紹介したのでご覧ください。 最初は「何やるんだろう 」と、チラシに誘われるままやってきて 話もしたことないよ~ 今日が初めて と言いながら、私たちのアイ…

続きを読む

ナガワ仮設住宅の皆様と「心地よい人間関係を作るコミュニケーション講座」大笑いの幕を閉じました。

一昨日に続き、昨日は10時から12時までの2時間でしたが、ナガワ仮設住宅の集会所で「心地よい人間関係を作るコミュニケーション講座」というテーマでの出前講座を行ってきました。 寒い集会所で机やいすを並べ、お茶を沸かし会場設営をしていると 「ちょっと早く来すぎたかな~」と一人のおばあちゃんがやってきました。 「いつも家にこもって具合が悪くなっちゃう」 「家が結露で、拭いても拭いてもだめなのよ」 「今日は何があるのかな~」と 「お茶とお菓子を用意してあるから、楽しくおしゃべりしましょう!」いって安心していただきました。 どこからどんな人が来たんやろか? 何をするのかな? 他の人は来るんだろうか?・・・・自分ひとり? 二人目も同じように・・・ 色々な思い出覗きに来てくださったようです。 お二人ともでもすぐにいなくなってしまって 皆さん集まってくれるかしらと、私たち4人の少し不安な気持ちがおころましたが お約束の時間になると、先に来られた方も含め、準備した机と椅子を超える18名の住民さんが集まってくださいました。 小中学校の卒業式だったようで、集まってくださったのは皆さんご高齢の女性の方ばかりでしたが 指や体を少し動かすアイスブレーキングで打ち解けていただき 心地よい人間関係を作るコミュニケーションづくりのコツを 色々な事例や体験ワークを通して感じていただきました。 「自分を守れる、…

続きを読む

昨日は、仙台の山元町の地域で活動されている「生活活動員」の皆様にボランティア講座でした

昨日から仙台に来ています。 震災から丸1年がたち、計り知れない困難な状況の中で、復旧復興のために奮闘されてきた活動員の皆様に、「心地よい人間関係をつくるコミュニケーション」というテーマでボランティア出前講座 筑波大学・明海大学ヘルスカウンセリングが学研究室の橋本先生と樋口先生、そして橋本先生のところの研究員の真崎さん そして名古屋学芸大学の山内こと私の4人での活動開始です。 相手に寄り添い、次のステップにつなぐためのリスニングのコツ 悩みごとを解決する4つのポイントや 相手の力になるための効果的なコミュニケーション 悩みごとの利き方の4つのコツなどなど ロールプレイや事例を交えながら、楽しく学ぶ時間を過ごせていただけたかなと思っています。 最後は、蜷さんに大いに笑っていただく「笑いのワーク」…これは私の出番ですが 皆さんたくさん笑って、素敵な笑顔になっていただきました。 これを機会に年間通しての支援活動ができたらと思っています。 明日は、仮設住宅にお住いの皆様に 自分の思いを伝えるコツをテーマに 「心地よい人間関係をつくるコミュニケーション」のためのボランティア出前講座をしてきますね。 写真は自宅に戻ってから、このスペースにアップしますので、お楽しみに

続きを読む