ご注意!! 冬季うつ 3月ごろ自然に治るが春以降うつ病へ移行することも


冬季うつ病は、季節の変化に起因する「季節性感情障害」(季節性うつ病)の一つです。

1984年に米国の研究者が新たな病気として発表しました。

主に、10月から12月頃にかけてうつ症状が現れ、春先の3月頃になると回復する 「冬季うつ病」が有名となっていますが、希に、夏に発症する「夏季うつ病」という病気もあります。

季節性のもので、精神的に問題を抱えている訳でもないので、「うつ病」という名前はついていても、一般のうつ病とはかなり状況が異なります。実際に症状の面においても、特徴ある症状を持っています。

 * * *
 炭水化物や甘いものが無性に食べたくなり、いくら寝ても眠った感じがせず、倦怠感と憂うつ感でなかなか寝床を出られなくなる。集中力ややる気が失せていつも眠い…。

また、その季節が終わると症状は良くなるということと、うつ気分と共に過食、 眠気といった症状が現れやすいのが特徴です。

毎年、秋から冬にかけて、夕暮れが早くなるにつれ心に変化が現れ、気分が落ち込んで何もやる気が しなくなり、ひどい場合は日常生活にも支障をきたします。


 通常のうつ病とは違う病気で、昼間時間が短くなり、目に感じる光の刺激が減ることで、精神を安定させる脳内物質、セロトニンが減り、うつ状態を起こすのです。




季うつ病の代表的な症状
 ・ぜか、ただただむなしく、自己否定的になる
 ・無気力感に襲われる
 ・睡眠時間が長くなっているにもかかわらず日中も眠気がある
 ・人付き合いがおっくうになり、外出がつらい
 ・集中力がなくなり、普段やり慣れた家事や仕事ができない
 ・食事が炭水化物や甘いものに偏り、体重が何kgか増える



一般的なうつ病の場合は、過食というより摂食障害を伴う場合があったり、過眠よりは不眠で苦しまれる方がほとんどで、そのため睡眠剤を服用される方が多いの情ですが、過食、過眠、炭水化物の渇望は、典型的なうつ病では出現しくい症状です。 幸い、冬季うつ病では自殺のリスクはひじょうに小さいと言われています。

原因は、日照不足!!

朝と日中、できるだけ太陽光を浴びるようにして、家事や仕事もあまりきっちりやらず、のんびり過ごすように心がけてみましょう。

また、冬季うつを理解し、自分の状態を把握するだけで症状が緩和されることもあります。

 病院の治療でも、人工的な光を浴びる療法がとても有効的。光療法というのもあります。

 昼寝をしてもよいので、朝、思い切って外へ出てみましょう。

 ひとり悩まず、カウンセリングを受けるのもいいですよ。
  NPO法人「Japanこころとからだのハッピーサポート協会」でも、カウンセラーご紹介しています。
   http://www.kokokarahappy.com/ 

 3月ごろに自然に治るのが通常ですが、不安感にとらわれすぎると春以降にうつ病へ移行する場合も。2週間以上不調が続き、生活に支障が出るなら受診するのが良いと言われています。

"ご注意!! 冬季うつ 3月ごろ自然に治るが春以降うつ病へ移行することも" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: