懐かしかった 出浦照国先生の低タンパク質食の話

私は最初に勤務した栃木県済生会病院で、初めて透析センターが立ち上がったとき、透析食にかかわった。
MCT(中鎖脂肪酸)が発売されたばかりの頃だったので、試行錯誤でシャーベットやクッキーを作り、病棟まで届けたことを思い出す。

それから10数年、子育てもめどが付き、嫁いで来た岡崎市の医師会が開設する健診センターに採用されたことを機に、病態栄養相談室を立ち上げた。

病診連携で患者ケアをしていく、当時最先端のシステムだったと思う。

ちょうどその頃、愛知県で何度も実施されていた腎不全・低タンパク食の勉強会で、出浦照国先生と出合った。

20代の頃、結婚と同時に、志半ばで栄養士の仕事からはなれてすぐ、低タンパク食(でんぷん米)が開発されたという朗報を耳にしたのに・・・・。その後、10年以上たっているというのに、それが普及していなかったことにショックを受けた。

確かに当時のでんぷん米や麺類、どれを食べても、けっして美味しいというものではなかったけれど

これらを用いることで、エネルギーは確実に確保できるし、何よりも肉や魚、卵といった良質のたんぱく質をおかずに加えられる。

どうしてこんなにいいものが10年以上も広まらなかったんだろう・・・という気持ちだった。

そして、夢中で、先生の勉強会を追っかけることが数年続いた

その後、たまたま糖尿病から心臓の合併症を起こし、市民病院に入院していた患者さんが、退院後かかりつけの医院から、食事指導に紹介されてきた。

データを見たらクレアチニンが確か3か4くらい、BUNも同様に高かったと思う。疾患名には、糖尿病と、腎不全とあり

低タンパク食のオーダーだったけど、主治医は当時私が0.5ℊ/dlの低タンパク食を指導できるとは思っていなかったようだった。

幸い、患者さんは60歳70歳のご高齢であっても、日記をつけるように自分の食べたもののたんぱく質とエネルギーを日記につけ、成分表で、1日30g以下の低タンパク食の食事に取り組んでくれた。


その結果、BUNだけでなく血糖値もクレアチニンまでも見事に改善した。

その患者さんが、退院後の検査で市民病院に受診したとき、主治医がビックリして電話をかけてきた。

「山内さん、低タンパク食指導しているんですか? これからも市民病院の腎不全の患者さんを送ってもいいですか?」・・・・と

そのときご縁ができたのが、実は、昭和大学医学部卒、昭和大学藤が丘病院で出浦先生のもとでお仕事をされていたという高山公洋先生だった。

現在は、色々な低タンパク食品や、腎不全のエネルギー調整直品が次々と開発されてきているけれど

当時は、ゆめご飯がはじめて市場に出始め、、まだ、主流はでんぷん米や、春雨の親分のようなでんぷんうどんがあったくらいの頃だったから、いまのように恵まれた環境ではなかった。

それでもゆめご飯1/3が販売された時、患者様はその美味しさに
「ゆめのようなご飯だ」といって涙したのを覚えている。

主食を低タンパクにすることで、おかずが食べられる!!

「食べちゃいけない食品はないんだね」

「何でも食べられて嬉しい」

「毎日やっていると、計算することは問題じゃないよ。」

「このメーカーのこの食品のほうがタンパク質少ないんですよ」・・・・などなど


当時係わった多くのの患者様が、どんどん明るくなって、前向きになっていくのを感じていた。



そして、これもまた

6月に、日総研出版の企画で CKDの治療と食事療法のセミナーを。

高山先生とご一緒に名古屋で実施することになっている

http://www.nissoken.com/s/12101/index.html


今日のセミナー会場で、出浦先生に声をかけた

「お久しぶりです。ご無沙汰していました。覚えていらっしゃいますか?」

「覚えているよ」

「高山先生とご一緒に仕事をすることになっているんですよ」

「そうかね。一緒に腎臓病学会にいらっしゃい」・・・ととても喜んでくださいましたよ


なんだかとても懐かしいです。

私は、出浦先生ほどハードにでんぷん食品にこだわるほうではなかったが、それでも1日30g;以下の食事療法は困難ではなかった。

行きむしろ、おかずのバリエーションが増え、患者様のモチベーションは確実に上がるし、死生観が違ってくる。

「お陰さまで、透析に進むのが恐くなくなったよ」

「計算しながら食べることを覚えたから、透析食に変わってもやっていける」

「明日にも透析といわれていたのに、人生を得した気分だ」

前向きに立ち向かう患者様から多くの学びとエネルギーをいただいた。


今臨床から離れてしまった私は、学生たちに低タンパク質食の重要性と、低タンパク食の簡単な取りくみ方のノウハウを実習を通して伝えている。

孫の○喜くんは今年中学3年生の腎不全患者だ。

生後2歳から低タンパク食を続けているので、10年以上コントロールしていることになる。

すし屋でも、中華店でも、パスタやさんでも、どこへでも低タンパクの主食持参で食べに行く。

いま食べているご飯は 生活日記 1/25 かな?

画像





















ありがたいことに、当時に比べたら タンパク調整食品の開発は目覚しく、食事療法は何とやりやすくなったことか!!

パスタも、パンも、チョコレートさえも低タンパクのものがどんどん開発されるようになったのは、多くの企業の支援が得られるようになってきたことと嬉しく思っている。


次回は、腎不全の患者さんのカウンセリング事例でも紹介しましょうか?

孫の低タンパク食の工夫でもいいかな?







【キッセイ薬品工業株式会社低たんぱく質食品 腎不全患者用げんた そば 300g
Dr.ミールヘルスケア食品専門店
  ★「げんたそば」は「低たんぱく質食品 腎不全患者用」として厚生労働省・特別用途

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

【キッセイ薬品工業株式会社低たんぱく質食品 腎不全患者用げんたそうめん  300g
Dr.ミールヘルスケア食品専門店
  ★「げんたそば」は「低たんぱく質食品 腎不全患者用」として厚生労働省・特別用途

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る





"懐かしかった 出浦照国先生の低タンパク質食の話" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: