NHKスペシャル 低糖質ダイエットに警笛 ! 糖質50~55%になるヘルシープレート知ってる?

先週日曜日のNHKスペシャルをご覧になった方いらっしゃいますか? 食の起源ということで、私たちのエネルギーの源であるごはんについて紹介されていました。 現在大ブームの低糖質ダイエットに警笛を鳴らしていました. 詳しい話はカットしますが 私は、今から20年ほど前にアメリカで低糖質ダイエットでお亡くなりになった方やうつになる女優さんがたくさん出た論文を読んでいましたので、糖質ダイエットが日本に入ってきそうになった2010年に、バランスよく食べることができるプレートの研究をはじめ、ヘルシープレートを完成させたんですね。 最近の研究で一人1日1㎏のご飯を食べている民族のお腹の中にご飯が大好きなスパー腸内細菌がいることが発見され、肥満や生活習慣病が予防されているということでした。ご飯を食べている日本人にもこの菌がいたそうです。 またもう一つ食べたデンプンを早く消化するアミラーゼ遺伝子の量を調べると、コメをたくさん食べてきた農耕民族の日本人のほうが欧米人の2倍のアミラーゼ遺伝子があるということも明らかになりました。そしてこのアミラーゼ遺伝子が多い人のほうが肥満になりにくく長生きできるということが分かってきたんですね。 実は日本人が一番長寿だといわれていたころの食事は今から40年くらい前のスーパー和食の食べ方で、このころの炭水化物の摂取割合は60%でした。でもこれは今の生活習慣病にはちょっと多いなと感じたので、糖質50~55%になるようなプレートを作り、研究し、製品化し、特許を取得することになりまし…

続きを読む