これぞスーパー和食!!  スーパー和食がのせて食べるだけでできる!!

昭和50年代の食事が理想的なのは当時のWHOの食事調査でも明らかになっていたことで、日本が世界一の長寿国になった背景には和食があると、世界中に名をとどろかせた調査でした。

当時の欧米食は和食に比べ糖質が少ない分、脂肪(動物性脂肪)が多い食事で、心筋梗塞などの循環器疾患でなくなる方が増えていた時でしたらから、ご飯や野菜をしっかり食べる和食が非常にバランスのとれた食事だったのです。

今はやりの糖質制限食は、上手にやれば短期間で減量効果も抜群!!
糖尿病の血糖値改善、メタボに危険な血液中の脂肪、血圧など、見事に改善できます。

ヘルシープレートはスーパー和食がのせて食べるだけでできるよう工夫されたもの!!

http://www.healthy-plate.com/   こちらにスーパー和食関連PDF紹介!

「糖質制限を行うにも、炭水化物を減らせば、何を食べても大丈夫!」ということはありません。

糖質を減らし、肉や揚げ物などからの油が増えれば、コレステロール(食べ物から入ってこなくても、余ったエネルギーから肝臓で作ってしまいます)が増えて、心筋梗塞、脳梗塞などの動脈硬化の危険度UP

肉や卵、豆腐、魚などのたんぱく質が増えれば、それを処理するために腎臓の負担が増えますから、子どもや、高齢者、糖尿病冷気の長い方(合併症の腎不全→透析)には、大変危険なことなのです。

スーパー和食のポイントは

●色々組み合わせてバランスよく食べること!

●野菜や海草をたっぷり食べること!

●3食しっかり食べるから…間食を減らせること!



なのです。

といっても、何をどれだけ食べてよいかわからない!!

そこで生まれたのがヘルシープレート!

ポーションコントロール法です。

アメリカでは前オバマ大統領夫人が、肥満や糖尿病撲滅運動の一つとして主唱していた方法でもあります。

日本人用に改良して、5年間の研究を重ね、日本人に合うように開発されたものですから、安心して使っていただけます。

ダイエット用Aタイプ・・・・糖質制限を安全に行うことができます。(私も3か月で8kgダイエットに成功!

バランス食Cタイプ・・・・スーパーダイエット食のバランス食の食べ方になります。

イラストのない白磁地タイプBもあります。

現在腎不全の低たんぱく食用プレートの研究中です!

これは食器というよりも、学習教材なのです。
実際に、1日1食でもよいのでイラストどおりに盛り付けて食べているうちに、正しい食べ方が身に付きます。

是非お試しください。

画像

画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック