いわき市久之浜に心の支援・・・そして出会った岬花江さんと、かもめパン工房の皆さんの写真に感動!! 

9月17日に、福島県いわき市久之浜公民館で、被災地支援の活動を済ませ、会場から外に出たところで、「自分もサポーターの勉強がしたい」と、ある女性に呼び止められました。

いろいろ話を聞いていると、若い頃から私財を投げ打って重度身体障害者さんの支援を続けてきたという熱血感あふれる女性

岬花江さんでした。

見せていた素晴らしい花の写真に感動!

聞けば、障害者施設美咲学園の園長さん  活動していた施設「かもめパン工房」が被災し、作業ができないでいるとのこと

翌日の予定はなかったので、彼女の施設を見学させていただくこととなりました。


ここからは、その時の様子をご紹介します。

久之浜町末続 岬学園 かもめパン工房

久之浜町末続(ひさのままちすえつぎ)は、いわき市の最北端に位置している町です。

映画「釣りバカ日誌8」では当駅がロケ地として使用されたことでも知られている町で、常磐線から海が見える風光明媚な場所。

そんな町に「美咲学園 かもめパン工場」はありました。

地震発生時は、被災地から離れれたところで活動中だったため、障害者の方々はショッキングな体験は避けられたそうです。(神様がちゃんと守ってくれたのでしょう)



被害の概要
 ・海が見える高台にあったため、津波による倒壊被害はなく、浸水はあったが、パン工房内の機械類は被害を受けずに済んだ。
 ・計画的避難区域となった 50Km 区域に入ってしまったことから、パン工房の再開の見通しはつかない。
 ・しかし、パン工房の機械のリース料を毎月数十万かけて支払わなければならない状況にある。
 ・法人化していなかったことから、補助金や寄付金の対象から外れ、苦しい経営の中頑張っている。

岬パン工房
久の浜町末続にある障害者福祉施設 「岬学園かもめパン工房」
この施設は障害者の人たちがパンを製造・販売している福祉施設だったが、今回の震災で被災。規制区域内でもあることから、パン工房は休業中。

岬花江氏
施設長・岬花江氏はキングレコードからデビューした演歌歌手で、歌手活動とパン作りと販売などをして施設と活動を維持し、障害を持つ子供達12名と一緒にともに生きる街づくりの実現を目指し、啓蒙活動を展開中。



パン作りが全くできなくなってしまった現在、公民館を借りてビーズの腕輪作りや、小物作りをしていました。
 
まずは、かもめパン工房の視察・・・パン工房は現在閉鎖中

画像












画像


















私財をつぎ込んで障害者支援を続ける岬花江園長と被災前のパン工房の作業風景

画像








画像










岬学園の活動風景

岬園長と一緒に皆で舞を披露

画像















名カメラマン 真剣な平葉くん

彼らがとった花の作品が絵葉書になっています。
ご希望の方はご購入ください。(後日この場所にご案内を書きますね)


画像














岬学園の現在の様子

公民館を借りてビーズ細工制作中
画像















ビーズ細工制作中・・・可愛いのができたね
               ・・・孫のお土産にゲット!
画像














画像















お別れに「命の花」という歌を手話を交えながら歌ってくれました。
皆さんありがとう

画像






画像














岬学園の敷地からの風景はこんなに素敵!
画像















こんなに景色のいい場所にある岬学園かもめパン工房なのに・・・

家屋倒壊は免れ、浸水した家屋や、岬学園および敷地内の除染・除染作業も、ボランティアさんの協力で済ませたけれど・・・

放射能被害から逃れられない!

園の仲間も、それぞれが自宅や避難生活で一緒に作業ができないまま

「法人化はしなかったから・・・見舞金も、支援金もほとんど受けられなかったわ・・・」

「パン焼く機械は残っても、放射能の規制があるから作業ができない・・・なのに機械のリースは毎月数十万・・・」

なぜ、法人化しなかったのと尋ねたら

「法人化してしまうと、身体障害者手帳を持たない方の面倒が見られなくなるから」という返事が返ってきた。

「私が頑張らなきゃ」「舞台に立って、歌って・・・何とかやっていかなくちゃね」と元気に笑ってたけど


本当に、なんとかならないんだろうか


もともと親御さんからの広い敷地もあるけれど、汚染地域では土地の値段も急降下

場所を変えるにも、何をするにも八方塞がりの中で

頑張っているよな~

障害を持つこどもたちがなんでも普通にできるようにと、おどりや、茶道も教えている。

「まずは親の考えを変えること

愛情一杯の中で育てば、みんないい笑顔で生活ができるから・・・・」と


高校生の時に施設見学に行った時、「私のやるべきことはこれだ」とスイッチが入ったとのこと

その後、保育士の資格を取るために状況した時、歌の才能が認められてビクターから歌手デビュー

でも、本当に望む仕事ではないからと、いわきに戻って福祉の道へ!


お別れに歌ってくださった歌声は、さすがプロ

なかなかの美声でした。


彼女の歌が聞きたい方は、こちらをクリック!!

http://www.iwaki-web.tv/hospital/misaki.html

皆様の温かいご支援を!

絵葉書の申し込みはこちらに

1枚100円 5枚セットで500円です。




岬花江さんのプロフィール

またあとで


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック