遅ればせながら・・・17日~19日に横浜で開催された 第55回日本糖尿病学会年次集会のご報告

5月17日~19日までは 5月17日から3日間、パシフィコ横浜、パンパシフィック横浜ベイホテル東急で開催された第55回日本糖尿病学会年次集会に行ってきました。


マンモス学会になってしまって、なかなか希望のランチョンセミナーチケットが手に入らなかったり、お目当ての発表会場に入りきれなかったり

毎年の学会でめぐり合う友人に会えなかったりと・・・昔が懐かしいところもありますが


それでもやはりこの学会は実り多いものでした。

メインテーマは、糖尿病学会“アクションプラン2010”からの引用した「DREAMS come true」。災害時医療、再生医療、インスリン分泌と抵抗性、新しい糖尿病治療薬、腎症と神経障害、大規模臨床試験など19のテーマ(セッション)で構成されるシンポジウムや、未決着テーマの論点を整理し、解決への道筋を導くための新企画「From Debate to Consensus(ディベートからコンセンサスへ)」など、DREAMSの実現に向けたさまざまな企画が用意され、日本糖尿病学会理事長の門脇孝氏によると、今大会は2284演題と過去最高となって おり、参加者も1万2000人に迫っており、史上最大規模の学会だったようです。

今学術集会に特徴的なこととしては,インクレチン関連演題が急増し,全演題の4分の1を占めたことも紹介されました。

また、2010年に日本糖尿病学会がアクションプランであるDREAMSを発表してから、今回の第55回学術集会は、ちょうど5カ年計画の中間点を迎える節目での開催となりました。

日本糖尿病学会理事長の門脇孝氏は、5月17日午前に行われたセッション「理事長声明」の中で、DREAMSのこれまでを振り返り、個々の項目ごとに取り組みの現状と成果を総括。

DREAMSの先にある最終目標は、「Breaking up with Diabetes(糖尿病よ、さようなら)」であると言及しました。


日本糖尿病学会アクションプラン2010(通称、DREAMS)は、学会が2009年に定めた第2次対糖尿病戦略5カ年計画に基づいて、具体的な活動目標を掲げたもです。
(1)糖尿病の早期診断・早期治療体制の構築(Diagnosis and Care)
(2)研究の推進と人材の育成(Research to Cure)
(3)エビデンスの構築と普及(Evidence for Optimum Care)
(4)国際連携(Alliance for Diabetes)
(5)糖尿病予防(Mentoring Program for Prevention)
(6)糖尿病の抑制(Stop the DM)
の6項目からなり、それぞれの英語の頭文字をとってDREAMSと称されています。


詳細はこちら
(日経メディカル別冊編集)
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/gakkai/jds2012/201205/524980.html


栄養士の興味の的は、やはり食事中の糖質量、食品交換表を用いるカーボカウント、腎症予防の蛋白制限食などです。

 米国では食事療法の主流になっておりわが国においても関心の多いカーボカウントについては、「From Debate to Consensus 6:『食品交換表』を用いるカーボカウントの意義と活用」において、糖尿病専門医のほか、人間・環境学や管理栄養士などの専門家らが一堂に会し、わが国におけるカーボカウントの在り方について議論が交わされました。

来年には、糖尿病交換表も改定され、患者向け、医療者向けのカーボカウント法に関する内容が記載されることなどの発表がありました。



カーボカウント 糖尿病の食事療法に採用される日は近い

2012年05月23日

食品交換表で栄養素の質と量をよく理解しておくことが重要
 カーボカウントは、食後の血糖上昇にもっとも影響を与える炭水化物に重点をおいた食事療法のひとつ。1990年代前半に行われた1型糖尿病を対象とした大規模研究DCCTで、カーボカウントは食事指導のひとつに採用された。その後、米国糖尿病学会(ADA)は、血糖コントロールのための食事療法では、炭水化物は量が重要であるとの見解を打ち出した。
 食事療法の目的は、血糖・血圧・脂質を管理して、さまざまな合併症の発症予防・進展防止をはかること。血糖コントロールは特に重要で、食後の血糖上昇にもっとも影響を与えるのが炭水化物だ。

 京都大学大学院人間・環境学研究科の津田謹輔教授は、「カーボカウントは、炭水化物量にもとづく血糖管理に重点をおいた指導方法。米国の食品交換表は、日本の食品交換表と異なり、エネルギー量は計算しにくいが、炭水化物量は算出しやすい」と指摘した。

 カーボカウントの指導は炭水化物を含む食品の見分け方から始まるので、受け入れやすく実践的な食事療法となる。「しかし、カーボカウントも決して炭水化物の指導だけではない。タンパク質、脂肪、アルコールもカウントする」と津田氏は注意を促している。

 カーボカウントは「基礎カーボカウント」と「応用カーボカウント」の2つの方法がある。基礎カーボカウントでは、食品に含まれる栄養素と食後の血糖値の変動の関係を学び、そして許容範囲内で炭水化物量を正しく調整して食後の高血糖の度合を推定する。血糖値の変動に食事や薬剤、身体活動度が及ぼす影響についても学ぶことが重要となる。

 また、応用カーボカウントは強化インスリン療法中の糖尿病症例が適応となり、食品中の炭水化物量とインスリン投与量を適合させることが中心となる。インスリン療法を行っている患者にとっては、炭水化物の量に応じてインスリン量を決定できるので利便性は高いが、基礎カーボカウンの学習を経ることが必須となる。

 「食品交換表」にもとづく食事療法は、主食と副食の栄養素バランスを、それらの摂取量も含めて調整するうえで優れている。杏林大学医学部第三内科(糖尿病・内分泌・代謝内科)の石田均教授は、「日本人が自ら育んできた主食と副食から成る日本食(和食)は、植物性や動物性などあらゆる種類の食材が豊富で、調理法も多彩だ。まず食品交換表により栄養素の質と量の良好なバランスをあらがじめ理解しておくことが重要な前提となる」と強調する。

 食事に含まれる炭水化物の配分に加え、「食品交換表」に基づく蛋白質や脂質の質の考慮も同時に行うことを重視し、「日本人にとって一番ふさわしいカーボカウントヘの道を切り開くことが重要」と付け加えている。

 京都大学医学部附属病院疾患栄養治療部の幣憲一郎氏は、「2型糖尿病患者には食品交換表を中心とした栄養指導が実践され、基礎カーボカウントという考え方に類する部分での指導が実践され、情報も提供している。近年の動向として、早期にインスリンを使用する2型糖尿病患者も増え、1型糖尿患者者の療養指導に携わる機会も多くなっている。高血糖や低血糖を繰り返しているような1型糖尿病患者には、応用カーボカウントといった考え方を、食品交換表を併用しながら教育することが必要となる」と指摘している。

糖尿病ネットワーク 配信



夜は、横浜の中華料理を堪能…といいたいところでしたが、いつもの仲間と再会できず、一人中華は種類が食べられないので、ちょっぴり残念でした。

初日は、ホテル近くのフカヒレ専門店 「廣翔記 関内館 」で
http://r.gnavi.co.jp/b903905/menu1.html

コースは2名様からなので、私は好物の酸辣湯麺と羽根つき特性のふかひれ餃子を

美味しかったです。

画像

















画像




















二日目は、マリノスに努めた筑波大学院時代の友人が、FBに書き込みした情報がきっかけで、会場まで訪ねてきてくれました。

8年ぶりの再会になるのかな?

ホテルから練習場まではすぐそばだからと、練習所を経由しながらホテルまでの短い間の再開でしたが、試合前の貴重な時間に、手土産持参で会いに来ていただいて、ただただ感動!

記念の写真を撮りました。

画像















画像


























それからひとり中華街に進出

唐辛子のお守りや石のお守りを売ってる楽しいお兄さんに巡り合い!

学生たちの合格祈願やら、娘、嫁、息子
みんなの生年月日から、希望まで含めて
まるで易占い受けているみたいに
色、石などの意味を教えてもらいながら

全部に買っても2000円ちょと

なのに、すごく幸せな買い物でした

画像




















土曜日は、夜に名古屋で磯村毅先生の「動機づけ面接」の勉強会があるので、はやめに名古屋に戻ってきました。

大忙しの、でも充実した週末になりました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック