汚染水、また海に流出…ストロンチウムも―福島第1原発…海の汚染、気にならないと言ったら嘘になるかも

汚染水、また海に流出=80リットル、ストロンチウムも―福島第1原発・東電

時事通信 3月26日(月)21時7分配信


 東京電力は26日、福島第1原発の汚染水処理システムのうち、淡水化装置を通った後の放射性物質を含む塩廃水が配管から漏れ、一部が排水溝を通じ海に流出したと発表した。東電は流出量は約80リットルと推定している。
 塩廃水は放射性セシウムなどは除去されているが、ストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質が1立方センチあたり14万ベクレル含まれている。東電が排水溝出口付近で調べたところ、これまで検出限界値未満だった海水から同0.25ベクレルのベータ線を出す放射性物質が検出された。
 東電によると、26日午前8時半ごろ、淡水化装置から塩廃水をタンクに送る配管が破損し、水が漏れているのをパトロール中の作業員が発見。約20分後にポンプを停止して水漏れは止まったが、近くにある排水溝に流れ込み、約300メートル離れた排水溝出口から海に流出した。 


大丈夫と言われても新開されている方は多いと思います。

先月横浜ではビルの屋上から検出されたようで、凝縮され濃度が高くなっていることは考えられますが、検出されたことは事実。

その場所に近づいたり、その場所に長い時間留まったりしなければ、外部被ばく(体の外から放射線を受けること)線量は大変低いとのこと。

でも、食べてしまった場合の内部被ばくも気になりますよね。

口に入れて体内に取り込まれてしまった場合の内部被ばくは、ストロンチウム90は半減期が長く、人体への影響が大きいといわれています。

横浜市で測定された堆積物の放射能濃度は129Bq/kgですので、これを1kg経口摂取したとすると

  129Bq/kg×1kg×2.8×10-2μSv /Bq=3.6μSv

ということで、「ストロンチウム90を1Bq経口摂取した場合、内部被ばく線量は2.8×10-2μSvとなります。 誤ってこの堆積物を口に入れてしまったとしても、1kgも摂取することはないでしょう。したがって、実際の被ばく線量はこれよりもずっと低いと考えられます。」と専門家の先生はおっしゃっています。

でも、福島より下の地域の海の汚染は報告されていませんが、結構高濃度の部分もあるでしょうね。


ストロンチウムは、カルシウムと同族で骨によく集まるために骨のがんや白血病の原因とされることから危険度は高いとされています


気になる方は、小魚や骨ごと食べる近海物のお魚を毎日大量に食べることを避けたり、お魚の骨は食べないように気を付けたりされるとよいのかな?

でも、私のような高齢者は、もう、何を食べても骨のがんや白血病になるまでの蓄積はないでしょう。

もしなったとしても犯人はストロンチウムではないかも

小さな子どもさんは、食べすぎないよう気を付けてもいいのかなとは思います。







放射能のウソ・ホント—食の安全は?身体への影響は?
東京書店

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 放射能のウソ・ホント—食の安全は?身体への影響は? の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

放射能生活の注意事項—一億人のために
三五館
船瀬 俊介

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 放射能生活の注意事項—一億人のために の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック