山元町の被災の様子・・・1年たった今も荒野のまま

平成23年3月11日14時46分頃、三陸沖を震源とするマグニチュード9.0(暫定値)の巨大地震が発生し、宮城県 山元町でも、震度6強を観測したといわれています。

大津波襲来は15時50分ごろ   
全・半壊した家は3,000戸以上

今回、山元町のボランティアセンターやナガワ仮設住宅、おてら災害ボランティアセンター「テラセン」と回ってきました。

わずかな時間をぬって被災されたところを見てきましたので、ご紹介できるのはほんの一部ですが、記録に残すことも大事なことことかなと思いご紹介します。


こちらは震災直後の写真

山元町の被害状況 作成 2011.03.16 更新 2011.04.04
 
 http://shi.na.coocan.jp/tohokukantodaijisin-3.html



常磐線の線路は、踏切部分の面影を残し、まったくありません。
画像















荒野のように見えるけど、よく見れば家の土台が残っています。
画像
















画像
















画像
















画像
















周りはみんながれきの山
画像
















画像
















残っている家も住むのは困難・・・・でもブルーシートがかかっているのはこの土地を離れられない思いだそうです。
画像
















画像
















画像
















壊れた鉄橋
画像
















傾いた木々
画像
















見るも無残な中浜小学校の様子は、次のページで紹介します。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック