ノルディックウォーキングについての研究会(情報交換会)・・・富岡先生に感謝

名古屋学芸大学恒例の卒業研究発表会は、毎年12月24日    クリスマスの日に行われます。

今年度の学生さんたちの発表も無事終了!

卒論の提出締め切りも本日でしたから、今まで就活に、卒論、管理栄養士の国家試験準備と

ハードに追い込まれていたうちの1つが片付いて、学生さんたちの表情もホッとした笑みが見られました。

そして、成し遂げた!  という達成感。

この達成感の積み重ねが、すごく大切だと思っています。

やればできる! やり遂げたんだ~! 

この勢いで国試に向かって走っていって欲しい!!

我が山内ゼミは、今年のゼミ生15人と 本学始まって以来の大所帯です。

テーマは、時間の関係で、各ゼミ3つ

その中の一つが、ノルディックウォーキングに関する研究でした。

本学では、3年生の栄養教育の授業の中で、ノルディックウォーキングの体験と、希望者にはオフィシャルインストラクターの資格が取れるサポートを行っていることもあって、興味を持った学生3人が、私のゼミにやってきました。

http://ykeiko.at.webry.info/201005/article_3.html

なんとしてでも、この興味一杯のノルディックウォーキングの効果について研究したい・・・と

3人娘のエネルギーが実って、名城大学の富岡先生のご協力を頂き、ポールも先生のところからお借りできることになり、地元日進市の市民だよりのて被験者さんを募集

なんやかんやとバタバタしながら 見事に成し遂げたのです。


そんな彼女たちに、嬉しい初舞台がまいこみました。

富岡先生が、名城大学名駅サテライト(MSAT) で行われるノルディックウォーキングについての研究会(情報交換会) で、彼女たちの研究の発表の場を作っていただくことができたのです。

ありがたいことです。

一生懸命頑張った分、きっと大きな満足や、達成感を感じることができることでしょう。

そして、何よりも学生時代の思い出になるだろうと思います。

そして、先ほどブログチェックをしていたところ

偶然にも、この企画をご紹介してくださっているブログを発見しました!

http://blogs.yahoo.co.jp/kuro_kantarou/39368034.html




日時: 2月3日金曜日 18:30〜19:30
場所: 名城大学名駅サテライト(MSAT) 名古屋市中村区名駅3-26-8 名古屋
駅前桜通ビル13階
テーマ: 
  ①ノルディックウォーキング による介入研究のこころみ
(名古屋学芸大学 浮海、菊池、鈴木)
 
  ②世界におけるノルディックウォーキング (名城大学 冨岡徹)

参加費:無料

研究会終了後場所を変えて懇親会を持ちたいと思いますので会場予約の都合上、
1月25日(水)までに、 研究会、懇親会(飲食費をご負担ください)の参加希望の有無を当方までお寄せ
頂けますでしょうか。



※名城大学 経営学部 教授 冨岡徹 博士(医学 ). (世界ノルディックウォーキング協会公認マスターインストラクター/日本ストック ウォーキング協会理事)

そして、そこにはこんな嬉しい、ご紹介もしていただいていました。

ありがとうございます!!

> 卒業研究としてノルディックウォーキングを取り上げた名古屋学芸大学の学生さ
> んたちの研究発表会を企画が発端です。
> 彼女たちは3か月間?中高年者にノルディックウォーキングを行って頂いた成果
> について多方面から検討したようです。
> 当方よりポールを貸しました。
> 春より私たちの歩く会にも時々参加してくれていましたので、その成果を参加者
> 一同聞いてみたい(学んでみたい)
> という声が上がりました。
> 以前ノルディックウォーキングを大学の授業で取り上げていると中日新聞に紹介
> された山内恵子先生が指導教授です。
> 先生のブログでも紹介されています。http://ykeiko.at.webry.info/201107
> /article_9.html
> 先生もお越しいただけるとのことです。
>
> また、当方も世界的なノルディックウォーキングの潮流についても話をしたいと
> 思います。
> INWA、JNFAの立場を離れて、そもそもの発案者マルコ・カンターネバ氏の活動、
> そのもとでもあるトム・ルテュリンのエキサストラーダ、
> ドイツでの普及、日本の関連数団体の普及と考え方について紹介できればと思い
> ます。
>



> 私の金曜会のメンバーと、卒業研究の対象として協力頂いた日進市の方々、日頃
> ご懇意頂いている鯱歩行倶楽部の会員の皆さんにお声をかけさせて頂い ていま
> すが、
> メンバー以外のご参加もOKです。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • あつもり草

    栄養学科の学生さんがノルディックウォーキングをテーマに研究発表をするということ… なんて素晴らしいことでしょう!

    私もNWを知り4年がたちました。

    ナショナルコーチの冨田先生のお名前は存じてます。面識はありませんが…

    昨年は大阪大学の准教授でこの方もナショナルコーチでノルディックウォーキングのお仲間を引率されて最北の町でノルディックウォーキングをされていきました。


    山内先生のぶろぐから冨田先生の名前を見たりするとノルディックウォーキングの繋がりが凄いなぁと改めて感じています。

    昨年、ベーシックインストラクターのスキルアップ講座を受けました。ノルディックウォーキングの魅力を感じつつ、奥の深さも知る今日この頃です。
    ヘルスレベルからフィットネスレベルに必要な技術がなかなか上達しません。
    講習の時に言われてました。ポールは飾りでない!と少々落ち込んで帰ってきましたが、練習、精進に努めます。

    今年から小さな愛好会を立ち上げで楽しみなが運動して行く計画をしています。
    勿論、仕事としての健康づくりの企画は継続して一人でも多くの住民に普及していきます。

    今年も山内先生のぶろぐを拝見して私なりのスキルアップに努めて行きたいです。
    どうぞよろしくお願い致します。

    研究発表される学生さんたちのご検討を祈っております。


    2012年01月17日 18:25
  • ykeiko

    あつもり草さん
    いつもメッセージありがとうございます。
    彼女たちは、一昨年の3年生の栄養教育実習の授業体験の後、オフィシャルインストラクターの資格を取ったこともあり、情熱をもって私の研究室にやってきました。
    私たちはこの研究がしたいといってくる学生は少ないので、最初から研究威力はすごかったですよ。
    そして、富岡先生のことも自分たちで調べ、アクセスし、すっかりお世話になりました。
    調査の仕方も、分析法も、論文の書き方も全くの初心者ですから、ゼミの学生たちの研究指導は結構大変なものなのです。
    でも、研究計画を練って、論文をたくさん集めたり、読んだりしながら、自分たちの研究の流れをつかみ、被験者さんを集めたり、調査用紙を選んだり、作ったり、試行錯誤しながら手に入れたデータを、これもまた初めて見るSPSS(分析ソフト)に入力します。
    分析の仕方どころか、入力の仕方もわからない。
    そんなことで、夏休みは我が家で恒例の夏ゼミ…中間発表会なのです。

    このころには、チームの結束も高まり、少しずつ分析のイロハがわかり
    12月24日の恒例卒業研究発表会を迎えるのですよ。

    発表までには、抄録を書き、プレゼン用のパワーポイントを作り、私に何度も何度もだめだし赤ペンをもらって、めげずに立派なものに仕上げていくます。
    大変ですが、その分、終わった後の達成感が大きいみたい。
    論文の赤ペンも7回、8回と・・・。

    書き上げた論文は、きれいな冊子に仕上げます。
    だから、最後は直されたことはみんな忘れて、全部自分たちで仕上げたという満足感で卒業していきます。
     次に続く
    2012年01月18日 08:22
  • ykeiko

    先日、新ゼミ生が決定しました。
    久々に男子学生が2人、合計12名のニューフェイスです。
    彼らに「糖尿病の研究がしたいけど、他の先生と山内先生の違いは何か」と聞かれたそうです。
    「なんて答えたの」とたずねたら
    「ほかの先生のところがどうかはわからないけど、達成感を感じたかったら、絶対よ」と答えたと・・・。

    私が学生さんたちに味わってもらおうと取り組んできた気持ちが、ちゃんと伝わっていたなとうれしくなりました。

    長くなって、しまいましたが、あつもり草も、夢に向かって頑張ってください。応援しています!!
    2012年01月18日 08:23
  • あつもり草

    今日手元に遺伝子を味方にする生き方の本が届きました。わくわくしながら、読んでいます。心的外傷度尺度は0点でした。今日はここまでにします。これから勉強を二時間する予定です。
    先ほどまで土曜日にある調理実習の準備をしていました。学校からの依頼で地元食材を使っての実習です。講師依頼は結構ありますが私は地元出身でないので同居している義理母に事前実習をお願いすることがあります。
    助かってます。
    土曜日の本番の流れ、時間設定のイメージができました。
    実習の他に栄養講話も入れて健康教育の実績にします。

    宗像先生の本、読み終わりましたらまたメールしたいと思います。
    2012年01月18日 22:14
  • ykeiko

    あつもり草さん
    SATにも関心を持っていただき、ありがとうございます。
    実習準備遅くまでお疲れ様でした。心強い味方がそばにいていいですね。お義理母様との関係が良いというのは、あつもり草さんのお人柄でしょう。
    どんな食材を使って、どんなメニューの実習でしょうか?
    私もワクワクしてきました。
    良かったらご紹介ください。
    2012年01月19日 05:36
  • あつもり草

    テスト
    2012年01月20日 15:38

この記事へのトラックバック