糖尿病が会での出会い・・・松本病院の青木雄次先生から嬉しいプレゼント 

今年の糖尿病学会は5月19日~21日に札幌で行われました。

私は、昨年、今年とメタボリック症候群の方や、2型糖尿病患者さんに役立つカーボコントロールの研究を、京都医療センターの坂根直樹先生と進めており

今年から3年間は、この研究を深めるために科研費を頂くことにもなりました。

本当は、札幌の糖尿病学会で、この研究の途中経過を発表するつもりが、抄録提出締め切り前に交通事故・・・

その後始末でバタバタしているうちに、機会をなくしてしまい、発表なしの気楽な学会参加だったのです。

そんな、ホンワカムードの学会参加の中で、坂根直樹先生が繋いでくださった感動の「再開」もありましたが、実はもう一つご縁がつながっていました。
http://ykeiko.at.webry.info/201105/article_9.html

それが、まつもと医療センター 松本病院の 青木雄次先生です。

松本先生のところも、糖尿病の患者さんにカーボコントロールを実践されていて、 



青木 雄次 (あおき ゆうじ)先生は長野県松本市の
NHOまつもと医療センター 松本病院の外来診療部長さんです。

気さくで、コメディカル思いのハートフルな先生ですが

肩書は
日本内科学会認定医・指導医
日本糖尿病学会専門医・指導医
日本病態栄養学会評議員
栄養サポートチーム(NST)コーディネーター

と、 ご立派な先生!

画像










「本を書くからね」と、おっしゃっていましたが、まさかお送りいただけるとは思ってもいませんでした。

「使ってみよう!カーボカウントのための食品交換表」 株式会社 プラトル 500円+税

炭水化物の秘密を探る「愉快なコペンハーゲンの旅」 株式会社 プラトル 

医療スタッフさんと探索したコペンハーゲンの旅日記ですが、とてもためになりました。


コメディカルの皆様も、糖尿病の患者様も、とってもいい本ですよ~!!

画像







画像





















青木先生ありがとうございました。

そして
私も出版しますからね・・・といって

ごめんなさい、まだ筆が止まっています。

研究成果は出ましたからね…

準備も万端整い始めましたので

後しばらくお待ちください

スリムアップ教室に参加された住民さんからも

ヘルシー教室参加された糖尿病の患者さんからも

そして、たくさんお声をかけてくださった皆様

もう少しだけお待ちください。

準備が整いましたら、またこのブログで紹介させていただきます。





 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック