カウンセリングを 愉しく学ぼう  No 12 気質について学ぶ

名古屋学芸大学管理栄養学部では2年生の後期、愛知学泉大学では4年生の前期に栄養士に必要なカウンセリングスキルの理論と実技実習を教えています。

ちょうど今の時期は、カウンセリングのスキルを学ぶ前に行動特性尺度や、気質分析なのを実施して自分を見つめなおすことや、自分の気質、相手の気質を理解したうえでの対人面談ができるようにと、自己分析を実施しています。

毎年、この授業を通して自己を振り返り、それぞれの気づきの中からレポートをまとめてくれますが、自分を見つめ、気づき、カウンセリングの授業に興味を示していることが伝わってきます。

http://ykeiko.at.webry.info/200812/article_9.html

昨年から宗像常次氏が開発した「気質」についても学び、本来の自分らしく

遺伝子には、種族保存のために先祖代々受け継がれてきた過去の行動パターンの情報が刻まれているといわれています.

本当の自分の性格や行動パターン、自分らしさのもと・・・これがDNA気質

「私たちの性格・考え方・行動パターンなどは、実は先祖代々伝えられてきたDNA気質によって定められていて ‘本来の自分’とは、DNA気質に従って100%の脳力や才能を発揮している状態です。  逆に言うならばDNA気質に逆らって自分の脳力や才能を発揮できていない状態、それは‘偽りの自分’ということになります。では、あなたは今‘本来の自分’で生きているのかそれとも‘偽りの自分’で生きているのかおわかりでしょうか。  実は、DNA気質を調べあなたが本来生まれながらに持っている性格特性を知ることで、今の状態が‘本来の自分’なのか、それとも‘偽りの自分’なのかがわかるのです。つまり、DNA気質を調べることで、自分自身でも気づいていない、長所や短所を知ることができるのです。
 これによってあなた自身が、遺伝的に自分に向いていること、向いていないことがわかります」

と、宗像先生はおっしゃっています。


自分の気質をチェックしてみませんか?

DNA気質チェックリスト
http://www.kksds.com/kishitsu/chk/index.php


気質は6つのタイプに分かれています。
http://www.kksds.com/kishitsu/


詳しくはこちら
http://ykeiko.at.webry.info/200906/article_4.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック