感動!母は強し!!おなかに赤ちゃん 凍る海「絶対に生きる]

 ≪おなかに赤ちゃん 凍る海「絶対に生きる」≫  
配信元:SANKEI EX 2011/03/24 08:05更新

 凍るような水の中を懸命に泳いだ。「絶対に生きる」。宮城県名取市の主婦、佐藤弘子さん(31)は、小さな命が息づくおなかを丁寧にさすりながら語り始めた。孫の誕生を楽しみにしていた父の行方は分からない。「助けられた命。大切にしたい」。涙をこらえ、前を向く。

 ■避難の車に津波が

 3月11日午後3時すぎ。余震を恐れ、自宅を車で出発した。目的地は阿武隈川を越えた亘理(わたり)町の実家。弟夫婦の片岡拓郎さん(28)、千春さん(27)、その長男の謙介君(4)、長女の彩乃ちゃん(2)も一緒だった。

 普段通る道は大きくゆがみ、通れない。仕方なく海岸沿いの道を進んだ。防災無線は聞こえなかった。「津波」は頭の隅にもなかった。

 橋に差しかかったときだった。「津波だ」。遅かった。5人を乗せた車は、浮かんだまま流された。

 足元に冷たい水がゆっくりと入り込む。「怖いよ」「嫌だよ」。幼い2人が泣き叫ぶ。「このままでは死ぬ」。サンルーフからはい上がった。車は見る見る沈む。2人を抱えて目の前に浮く廃材の固まりに乗り移った。

 ■1枚の畳に

 いてつく海水の中。なすすべもない。どれくらいたっただろうか、1枚の畳が流れ着いた。100メートルほど先に建物が見える。「あそこに逃げよう」。畳に千春さんと子供たちを乗せ、拓郎さんと2人、泳ぎながら畳を押し進めた。

 だが、引き波に阻まれ、思うように動けない。子供たちの意識が遠のき始めた。「謙介、彩乃、寝たら死ぬぞ。起きろ」。冷たく固まった体を揺さぶった。たたいた。暗闇に雪が舞う。もがき続けた。

 建物にたどり着き、救助のボートがやって来たのは何時間も後。水浸しの廃虚の中で、意識を失った。

 搬送された病院の判断は「母子ともに危険」。緊急帝王切開の準備が進められたが、奇跡的に回復。おなかの赤ちゃんも元気に動いている。弟一家と、仕事に出ていた夫も一命は取り留めた。

 出産予定日は6月18日。「よく頑張ったね」とおなかに語り掛ける。どんな逆境にも負けないよう、この日のことを大きくなったら教えたい。

 孫の誕生を誰よりも心待ちにしていた弘子さんの父、片岡哲さん(59)の行方は分からない。「父はこの子に絶対に会える。そう信じて、元気な赤ちゃんを産んで帰りを待ち続けます」



暗いニュースばかりが続く中で

「たんすに乗って漂流し助かる 大船渡の男性 」の話同様

ちょっとほっとするニュースです。

家族そろって車から脱出できたこともよかったし、廃材から畳へ、そして100mほどの近いところに身を守る建物があったことも

みんな、みんな奇跡の積み重ねかもしれないけれど

神様は、おなかの赤ちゃんも見捨てなかった

6月18日の出産予定日まで

お母さんのおなかの中で踏ん張って、元気で生まれてきてね!!

そして、それまでにおじいちゃんが見つかるといいですね。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック