YOSHIKIが甲状腺疾患を公表 一時は甲状腺がんの疑いも・・・ストレスフルな状態が心配!

北米ツアー中のロックバンド、X JAPANのリーダー・YOSHIKIが甲状腺機能亢進(こうしん)症を患っていることが7日、わかった。昨年7月の頚椎椎間板孔切除手術前の診断で判明したが、「心配をかけたくない」との意向によりスタッフにもこれまで公表を控えていた。甲状腺ホルモンの分泌量が過剰になり「一般の人に比べ非常に疲れやすい体質」(主治医)で、このほど滞在先のホテルで気を失って倒れていたところを発見され病気が判明。「一時は甲状腺がんの可能性も示唆された」(同)といい、今のところはその心配はないものの引き続き精査と治療を要する。活動は休止せず、現地時間10日に予定どおりツアー最終公演をニューヨークで行う。

持病の椎間板ヘルニアが悪化し、骨の変形により神経を圧迫する頸椎椎間孔狭窄(きょうさく)症と診断され、昨年7月27日に米カリフォルニアで外科手術を受けたYOSHIKIだが、その術前診察で甲状腺肥大と甲状腺機能亢進症も見つかっていた。重篤になると頻脈などの心循環器の症状や代謝亢進、不眠、麻痺などの神経症状、意識障害を伴う可能性があり、YOSHIKIはレコーディングやコンサートの合間をぬって治療や検査を続けてきた。甲状腺の病気の一つであるバセドウ病と診断された歌手の絢香も昨年末をもって活動を休止し、現在は治療に専念している。

 なお、北米ツアーでは当初、「メンバー全員で話し合った結果、少しでもHIDEの映像を使用し、HIDEと一緒に初の北米ツアーを回ります」(メンバー一同)と、ギタリストの故・HIDEさんの映像を使用すると発表していたが、遺族の意向により映像使用は見送られている。1996年に終えた『DAHLIA TOUR』以来、14年ぶりのコンサートツアー中のX JAPANだが、ニューヨーク公演終了後、来年春までには再び日本公演が開催される予定。

オリコン 10月8日(金)5時0分配信

この疾患は、もともとそういう体質を持ってる人が環境的要因(ストレス)を受け自己免疫機能に異常を来した結果、自己免疫システムが自分の甲状腺を異物と見なし攻撃してしまうことで甲状腺が肥大してしまいます。

そうなると、甲状腺ホルモンが脳下垂体の制御を離れて大量に甲状腺ホルモンを体内に垂れ流し続ける事になり、新陳代謝が異常に加速して様々な症状を引き起こす病気なのです。

YOSHIKIさんのメンタルは、デビューとうじからずっと心配していました。

ここのところストレスが身体かしていて・・・、だから大きな病気につながらなければいいがと・・・。

これってファンの方は皆さんそう思ってきたことでしょう。


自己免疫にカウンセリングが効果を出すことが多々あります。

宗像恒次のSATカウンセリングでは、カウンセリングの前後の生化学データや、遺伝子発現状況、脳波などの変化をみながら進めてきたのをずっと見てきました。

願わくば

前向きに治療に取り組んでほしいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック