糖尿病患者手帳が 新しく変わりますよ 糖尿病連携手帳になります

今週金曜日の夜は、坂根先生を中心に定例で行われている「さんまの会」に初めて参加させていただきました。

先生からのホットニュースは「糖尿病連携手帳」のことでしたのでご紹介します。

後は、内輪の会のようなので・・・。ごめんなさい。


画像




















糖尿病連携手帳は、関西電力病院で、日本糖尿病協会理事長の院長 清野 裕 先生を中心に

新しい内容で、サイズも少し大きくなって 患者様と病院、診療所が連携をとって、糖尿病療養をサポートできるように改善されました。

患者さんや医療スタッフさんは無料で活用できますよ。


大きな特徴は「糖尿病連携パス」という考え方が取り入れられました。


日本の糖尿病患者は約900万人と言われています。

この中で、糖尿病治療で病院を受診している人が約300万人、治療を継続している人が200万人程度です。

糖尿病の患者さんのできるだけ多くが、専門医による適切な治療を受けられるようにするためには、「質の均一化」と「患者さんの教育」だと、清野先生と同じ関西電力病院の 糖尿病・栄養・内分泌内科 副部長の矢部 大介 先生はおっしゃっています。


現在の糖尿病専門医数では、80万人から100万人程度の患者さんしか診ることができませんが

専門医とかかりつけ医が役割分担すること、それが糖尿病治療における地域医療連携の大きな意義だそうです。


かかりつけの先生方の負担をできるだけ減らすには、内容の「簡素化」がキーワード

それが特徴的に表われたのは記載項目だということです。

地域連携パスに記載する必須項目は、

「体重」「血圧」「HbA1c」「血糖値」「LDLコレステロール」「HDLコレステロール」「中性脂肪」のみ

当初は「血小板」や「腹囲」なども入っていたようですが、負担軽減を重視して省略されました。

また、尿検査や眼底検査などが必要な患者さんの場合

「どのくらいの期間で検査を行うべきなのかわからない」という意見から

パスのツールである糖尿病健康手帳の裏側に検査頻度を書き込めるようになっています。

療養指導報告書という項目では

療養指導士さんが指導された結果、患者さんがどの程度把握されているのかをチェックできるようにもなっています。


処方内容を選択形式で載せてほしい

フットケアの項目を加えてほしい

栄養指導の項目を加えてほしい

などの要望があったとのことで、これらの項目ができたようですよ。

他にも糖尿病教育入院の記録や、合併症の様子なども・・・



今までのの糖尿病手帳とは、ずいぶん様変わりしています。



連携パスの注意点
以下の場合には、1年の予定を待たずに病院専門医にコンサルタントする
①指導、治療の変更にもかかわらず、HbA1cが8%以上が3カ月以上持続
②合併症の増悪(尿蛋白、足病変、視力障害ほか)
③妊娠
④高血糖をともなう意識障害
⑤コントロール困難なシックデイ
⑥その他かかりつけ医が必要と判断した場合


ということで、診療所に通っていても

専門の病院との病身連携システムが発揮できるというものです。


患者さまも、医療スタッフも

この連携パスをうまく活用してことで、糖尿病の病態悪化にブレーキがかかるようになることを期待してやみません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック