糖尿病学会学術大会、そしてリスカン(listening conversation)体験してきました2

昨日の続きです。
http://ykeiko.at.webry.info/201006/article_1.html

昨年、インフルエンザの影響で、学会参加ができなかったこともあってか、今年の学会会場は異常な熱気に包まれていて、どの会場に行っても人でいっぱい!


早めに外に出てランチを済ませ、午後からはかつての共同研究者である藤井徹先生のポスター発表を拝聴し、先生の同行者の方と展示会場を回っていた時のことです・・・

「もし、時間があったら来てください」

何気に受け取ったチラシ

いつもなら読まずにゴミ箱にポイ!


見ると・・・

リスカンin 岡山(第53回日本糖尿病学会年次学術集会)

実践!療養指導のためのロールプレイ

~患者さんの気持ちになってみませんか?~

日時: 2010年5月28日(金)15:30~17:30 会場: 岡山コンベンションセンター405会議室


という文字が目に入ったのです。

あとは、もう、引き寄せられるように会場入り

ワークのお仲間入りをすることになりました。

すでに、満席状態でしたが、席を増やしグループワークに無理無理いれていただけた事が幸いでした。


『「リスカン」という言葉は、communicationの大事な構成要素であるlisteningとconversationからの私たちの造語で、「患者さんの言葉や視線・態度などあらゆるサインに耳を傾け心を配り、患者さんとの会話の中で信頼関係をつくり、医療者の一方的な押しつけにならずに患者さんとともに歩む」気持ちを込めたものです。』

と、配布されたチラシには紹介されていました。


「リスカン」は、患者役、指導者役、観察者役を決め

患者に手渡されたプロフィールの手掛かりに

指導者役が、日頃の面談スキルを発揮して、7~10分くらいのロールプレイを実施していきます。

観察者役は、面談を観察し、フィードバックをしていくのですが

それぞれが、現場で培ってきたスキルを持っているため

患者役、指導者役、観察者役を互いに行う実践的なトレーニングをとおして

今の自分が持つ医学・医療の知識とコミュニケーションスキルを確認でき

ロールプレイを通して「自分で気づく」、「他者からのコメントで気づく」といった新たな「気づき」を得られ

繰り返し行うロールプレイの中で新たな自分に挑戦しスキルアップを目指せる


素晴らしい実践ワークでした。



会が終わったと、企画進行の国立医療研究センターの岸本 美也子先生、梶川智恵子先生とお話しすることができました。

来年は,北海道の学会でさらにこのワークを広めていきたいとのことでした。

良いものは必ず受け入れられる。

リスカンの輪

日本中に広がっていきますよ~

中部でも、広めていきたいと思います。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 糖尿病が気になるhime

    「リスカン」=listeningとconversationの造語。
    なるほどです
    大変すばらしいロールプレイですね^^
    http://tounyoubyo.seesaa.net/
    2010年06月02日 15:07
  • yumi

    八千代の鈴木です。学会ではホントにお世話になりました(>_<)ステキなブログとツイッターはすぐに拝見させていただきましたが…コメントを送ろうと思いきや勤務続きで気付けば日にちが過ぎてしまい…。リスカンの方は病棟の課長も興味を持ってくれて早急に資料をいただかないと!と思ってます(^O^)
    やっぱり山内先生のアクティブさにはびっくりです\^o^/学会後に私は熱を出して丸1日寝込んでしまいました( ̄▽ ̄;)

    話がかわりますが…ブログにあるヘルスカウンセリングに大変興味があるんですが知識ゼロでも大丈夫ですか?

    ながながとすみませーん(>_<)
    2010年06月02日 21:28
  • ykeiko

    yumiさん、こちらこそお世話様になりました。
    資料いただきました。からメールください。
    知識ゼロでも大丈夫ですよ。
    勉強かにぜひ、参加してください。
    栄養士さんも、保健師さんも、一般の方もいますよ。http://ykeiko.at.webry.info/theme/f7341c72a1.html
    2010年06月03日 05:32
  • ykeiko

    糖尿病が気になるhime、さん
    書き込みありがとうございました。
    私たち医療従事者は、患者様とのやり取りの中から、たくさんのことを学ぶので、リスカンのワークを通して学ぶことがたくさんありますね。
    2010年06月03日 06:10

この記事へのトラックバック