サラリーマンの退職準備不足が露呈、「老後難民予備軍」増加の兆しって!

夫はあと1年、私も5年後には定年を迎える。

心中穏やかでない調査内容が報告されましたね。

 フィデリティ投信が全国1万人超のサラリーマンを対象に実施した「退職後における生活資金の準備状況や、年金制度に対する考え方等を探るアンケート調査」です。

これよると、退職後の生活が現在の生活より「悪くなると思う」人の割合は半数を超えたほか、全体の約7割が「自分の退職後の生活は、今の高齢者の生活よりも悪化する」と認識していることが分かったとのことです。

この不景気で、再雇用もままにならない状況になってきているでしょうからね。
納得です。

 公的年金の給付額を知っている人のうち「公的年金だけでは不足する」と回答した人は9割に届く勢いで・・・

これは、まったくその通りです。

「退職後の生活資金(公的年金以外)の必要額」は全体平均で約3000万円となったが、「そのために準備している金額」は同約500万円にとどまった。また退職後の生活資金(公的年金以外)の準備額が「ゼロ円」と回答した人の割合が全体の4割を超えた。

平均で約3000万円・・・そんなにもいるんかい・・・どうしましょう

そのために準備しているお金・・・

子どもたちとの同居のために家を新築・・・あるのは借金や・・・

定年を迎えても、仕事はやめられへんわ・・・


フィデリティ退職・投資教育研究所の野尻哲史所長は「今回の調査で、退職後の生活に不安を持ちながら、将来に向けた準備ができない『老後難民予備軍』の存在が浮かび上がった」と指摘。「全体の4割超が公的年金以外で退職後の生活資金準備額がゼロ円という結果は、まさに危機的な状況だ」としている。


「まさに危機的な状況!!」



 調査では、退職後の生活資金として準備できているのは必要額のわずか2割弱と低く、かつ退職後の生活資金の準備状況が「ゼロ」と回答した人の割合が全体の4割超だと・・・


皆さん、退職後も「元気で働ける」と思ってきたんやろな

そういえばうちの旦那様も「働く」ゆうていたわ・・・

でも、このご時勢や

本人の望むところと 社会状況にギャップがありすぎる



 日本は総人口に占める65歳以上の割合が22%強という「超高齢社会」突入!!

 国立社会保障・人口問題研究所のデータによると、2010年を基点に、65歳以上の人口は今後5年間で約15%増、今後10年間で約22%増となるとの見通しだそうです。

そうだよね

ベビーブームの私たちが、どんどん退職期を迎えているんだから・・・

もっと真剣に 老後のマネープランも

健康プランも 取り組んでいかないと いけない としみじみ思うニュースでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック