今週末は 糖尿病患者会とヘルスカウンセリング勉強会yjapan だ 週末も大忙し!!

昭和の終わりから平成12年まで在籍していた岡崎医師会公衆衛生センターで開催していた糖尿病教室

その受講者さんの中から生まれた患者会・・・今年で14年目・・・かな?


栄養士になりたての頃、私は済生会宇都宮病院の栄養士だった。

当時、慶応病院で実施されていた糖尿病教室に刺激を受けて、ドクターやナースを巻き込み、第1回の教室を開催した。

でも、その後結婚退職、夫の仕事の関係で福岡、東京、愛知へと流れつき、子育てに夢中になっていたけど

再就職した健診センターで

やっぱり、夢半ばでやり遂げていなかったことに火がついた。

健診センターだから、本当はドックや健診業務の事後指導だけでもいいんだけど

幸い、勤務したところは医師会だから、開業医のドクターがお相手

病態栄養相談室や糖尿病教室な、運動負荷にあわせた慢性疾患患者指導どなど 会員向けのサービスということでいろんなことが企画が実施できた。


今思えば、やりたがりの私にはピッタリの職場だったなあ~


糖尿病教室は、毎回各病医院から予約制で40人ほど集め 隔週1回×4回+フローアップ で年2クール実施していたけど、その中から患者会を作ろうという声がでてきて

どうせやるなら、患者さんが自分たちの力で歩んでいける自立型の会に育てようと、仲間の栄養士や保健師は脇役に徹して13年間

会の企画から運営まで、患者さん中心でやってこれるようサポートし続けてきた

さすがに13年過ぎ、会の高齢化進み、「企画運営をするのは大変だけど会は続けたいんだ」という会長さんはじめ役員さん、会員さんの声を受けて、今年からは私たちボランティア仲間が全面サポート!!

開催も無理をせず年間3~4回実施していたのを、今年は2回に

今週日曜日(2月28日)は、春の総会と講演会からは久々のお料理教室
「元気にしてますよ。楽しみに参加します」
「足が悪くなって散歩ができなくなった分、少しコントロールが難しくなってます」 などなど

近況報告と一緒に、教室参加のはがきが戻ってきている。


今回のお料理教室のメニューは

1 生姜ごはん
2 魚のホイル焼き
3 とまと寒天のさいころサラダ
4 具~菜みそ汁
5 さつま芋のしなもんせんべい

おやつまで入れても200カロリー
これに各自のご飯を2~3単位分足してもらえばOKということになっている



前日の27日(土)は、恒例のカウンセリング勉強会だ

10:00~4:00   

参加費 2000円(学割500円)

会場は ハッピネス・ヒル・幸田 

http://www.happiness.kota.aichi.jp/library/news/map3.jpg


初めての方でも大歓迎ですので、興味のある方はご一報ください。

hcc.yjapan.yamauchi@gmail.com

JR幸田駅下車(蒲郡と岡崎の中間駅です、このいづれかの駅で快速から各駅停車に乗り換えてください)

電車で来られる方は、お迎えに行きますのでご一報ください。


さあ、週末に向けてエネルギUP!!



糖尿病患者のためのカーボカウント完全ガイド
楽天ブックス
ホープ・S.ワルショウ/カルメン・カルカーニ医歯薬出版この著者の新着メールを登録する発行年月:200

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック