先週末は日総研さん主催の「糖尿病・メタボの栄養指導とカウンセリング〈超入門〉 」でした。

昨年、一昨年は、特定保健指導のためのセミナーを全国展開させていただきましたが、ボストン在住の友人「可愛い保健師eriさん」の影響を受け、栄養士の皆様に「カーボカウントに対する正しい知識や指導法に興味や関心を持ってほしい」という思いから、新しいセミナーを企画していました。

先週末の土・日(6・7日)は名古屋で第1回目の「糖尿病・メタボの栄養指導とカウンセリング〈超入門〉 」を開催しました。
http://www.nissoken.com/s/11940/index.html

昨年の特定保健セミナーは8割9割が保健師さんでしたが、今回は逆転

8割が管理栄養士さん、病院勤務の管理栄養士さんが皆さん真剣に参加してくださいました。

1日目は集団指導対応の行動科学に基づいた実践ワーク

午後からは0.5単位カードを用いた実践指導のワークと

カーボカウントについての簡単介入法を理論と実践で学んでいただきました。

0.5単位カードの裏面に糖質量とカーボン単位を追加添付したので、実際に実物大の食品モデルを手に取りながら

「こんなふうに食べるんだ」「こんなに食べていいのね」と確認することができます。

既にカードを購入された皆様には、日総研さんのほうからデータをダウンロードできるようにご案内しますので、しばしお待ちください。

これからご購入される方、糖尿病やメタボ、ダイエットの擬似バイキングパーティ指導や、個別指導のほかに、カーボカウントの実践しどうにも活用できるようになります。


使い方や、指導法について詳しく学びたい方

今週末(13・14日)東京セミナーにまだ申し込み可能だそうです。

13日が集団指導のコツやカーボカウントについて

14日は公認傾聴技能士の資格取得に必須の「傾聴技能認定試験」のための実技テープが完成できるまでの面談
スキルを、スーパーバイザーつきで学べる個別面談法の内容になっています。


1日だけの参加も可能ですよ。
http://www.nissoken.com/s/11940/index.html

受講者さんの声は、その内日総研船のセミナー案内のほうに紹介されると思います。

手前味噌になりますが、お陰さまで大変好評でした。

特に、2日目の面談スキルは、日頃の栄養相談に行き詰まりを感じていらっしゃっただけに、実際に自分がクライアント役を体験し、聴いてもらえる喜び、自分から解決法に気づき、行動目標化がスムーズにできていく体験をされて、ビックリされたり、「これだ」と確信していただいたりで

教室終了後の振り返りの言葉を、お一人お一人伺いながら

やっぱり、皆さんに参加していただいてよかったと

私も幸せな気分になりました。  感謝!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック